走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Bests of My Blog ~ Part1

現在FC2のサーバーで書いているこのブログは私にとっては3代目となります。
私が初めてブログなるものを書き始めたのはAOLブログでした。暫く書いていたのですが、主治医からVivid Carというサイトに書いて欲しいと頼まれ、AOLから引越しをして続けて書き始めました。
そしてさらにそのVivid Carの閉鎖に伴い、現在のFC2に引越しして現在に至るワケですが、そういった経緯で現在のこのブログには初期のAOLブログで書いていた記事も、若干のリライトはしましたがちゃんと引き継がれています。

SC1.jpg

その初期のブログの中で私が気に入っている記事は、初めてのアルファ164Q4によるサーキット走行について書いたブログで、「いざサーキットへ(前編)」「いざサーキットへ(後編)」に掲載したものです。
このブログはどうやってサーキット走行の緊張や不安を伝えようかと何度も書き直しながら書いたのですが、実際のサーキット走行直後に書いたものですので、その臨場感が多少なりとも伝えられたかな・・・と思っています。

DSC00283-1.jpg

そして「読んでいただける」ことに重点を置いた記事の第一作が、「地獄クルマを訪ねて」というシリーズの第一回目で取り上げたランチア テーマ8-32についての記事だったのですが、自分の体験を書いた記事だけでなく、評論まがいの(笑)記事は実際に書き始めてみると本当に難しく、自動車評論家の皆さんの苦労を垣間見ることができました。しかし、そのクルマを何故オーナーは苦労して持っているのか・・・を想像して書くことが結構楽しく、今でもその取材対象を探し続けています。

DSC00274.jpg

エンリコ・フミアさんとの親交は私にとっては生涯の財産だと思っています。彼との出会いによってクルマのデザインに対する興味が深まりましたし、実際に彼のデザインプロジェクトのお手伝いをすることができたことを光栄に思っています。そのLANCIA Jというデザインプロジェクトの記事でも書いたのですが、彼ほどユーザーに近いデザイナーはいないと思います。

164Spider.jpg

初めて購入したSpiderはSr.3のオンボロだったのですが、キャブレター仕様だったこともあり、その乗り味は今でも懐かしく思い出します。オープンエアの爽快感と地獄?を初めて味わったのもこのクルマでした。この記事は初期のAOLブログ時代に書いたものですが「電子制御と機械制御~Spiderのある生活~」と題した記事は、その時の私がSpiderとの生活をどう思っていたかを少々エキセントリックに描写しています。当時はSpiderに乗ることが「非日常」だったのですが、現在はそれに慣れてしまい、逆に屋根のあるクルマに乗ることが「非日常」になってしまっています(苦笑)
この記事を読み返してみると、私自身は改めてSpiderの魅力を再確認することができるのです。

DSC00080-1.jpg

「Virus Spider」と題した彼女のSpiderとの出会いについて書いた記事を読むと、今でもその当時の驚きと戸惑いを思い出します。購入当初の彼女は運転免許こそ持っていたものの、実際の運転に関しては全く忘れてしまっていました。しかしその後、彼女のドライビング・スキルは見違えるほど上達し、もうちゃんとSpider乗りとしてのスムーズな荷重移動と少々のトラブルには動じない神経を身につけてしまいました(笑)
今ではどこにでもSpiderで出かけるようになった彼女ですが、最近のクルマに全く興味を示さないという副作用も出てしまいました。

20070204144209.jpg

ひょんなことから買い続けるハメになってしまったALFA ROMEO Sport Collectionでしたが、それを実車の解説とともにご紹介しようと思ったのは、単に持ってるだけになりつつあった膨大なアルファ・ロメオに関する資料を整理したかったからかも知れません。
当初は30台程度のシリーズで立ち消えになるだろうと思われたこのコレクションも、終わってみれば80台という壮大なものとなってしまいました。毎回紹介するアルファ・ロメオに関して、時代背景やデザイントレンドに加えて、当時のレースシーンなどを織り交ぜながら記事を構成するのは、実は大変な作業なのですが、一方で自分自身の勉強にもなり、思い返してみると楽しい作業となっていました。ご紹介するモデルもあと1台となってしまいましたが、ホッとしている反面寂しくもあります。
このミニチュアモデルの紹介記事に関しては、賛否両論で「面白くない」という友人がいる反面、「役に立つ」と誉めていただける方もおり、このコレクションの紹介の後も新しく続けるかどうかは微妙ですが、少なくとも自分としては書いていて楽しい記事でした。

次回は、このALFA ROMEO Sport Collectionの紹介記事を中心にさらに振り返って見たいと思います。

クリック↓お願いします!
b_01.gif
スポンサーサイト

テーマ:その他 - ジャンル:車・バイク

コメント

自分はFC2に引っ越されて相当経ってから読み始めた新参者ですが、サーキットでのシフトミスから始まる苦行(?)の日々と、立ち往生したご友人のジュリアを助けに行く話が好きでした。そして、164Q4と別れる記事に涙しました。あれが引き金だったのかな・・・(苦笑)そして例のコレクション!

  • 2008/11/12(水) 06:38:02 |
  • URL |
  • きゃつお #-
  • [ 編集]

こうやって

改めて読み返すと、なかなか面白いですねぇ。
スパイダーを買ってみたらどうかとか勧めてますし(核爆)
個人的にはサーキット後編の締めのフレーズが相当気に入ってます(笑)

>きゃつおさん
読者の目線ではその辺りが面白い記事なのは良く分かりますが、当事者としては辛い過去は思い出したくないものです(苦笑)

>こ~んずさん
ありがとうございます。なかなか作者のツボを理解していただいているようです(笑)
でも、スパイダーを薦めたことはないんですよ。試乗させたのもあまりのボロさに諦めるかと思ったんですから・・・。

おやおや?

>中古車で86年式から89年式くらいのSr.3のアルファSpiderが見つかるなら、一度買ってみてはいかがでしょうか?

勧めてますね(核爆)

>こ~んずさん
あっ!そっちか(汗)
まぁ、あの記述は一般論ということで・・・(笑)
でも、現在でも状況は変わっていませんからお買い得だと思いますよ。

>あの記述は一般論

うひひひっ!
一般論でSpiderは勧めませんよね?
よっ!闇のアルファブローカー!(逃)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/520-81238d20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。