走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車趣味のオフセット

DSC02581-1.jpg

最近流行している言葉に「カーボン・オフセット」というものがあります。ご存知のとおり、地球温暖化の原因と言われているCO2をいかに減らすか・・・という運動の中で、CO2を排出した者が植林をしたりして排出した量に見合ったCO2削減活動をすることを「カーボン・オフセット」と言うのですが、自動車もこのCO2排出の元凶の一つであることは言うまでもありません。

私たちは自動車を社会活動に不可欠な輸送の道具として「やむを得ず」使用しているワケではなく、道楽で乗り回しているのですから、どこかで多少なりとも罪滅ぼしをしておかなければ・・・と考えるのは私だけではないようで、今回、大磯ロングビーチで開催されたチャリティイベントは自動車に関係するメーカーや出版社が協賛する盛大なものでした。

DSC02606-1.jpg

このイベントは以前はFISCOで開催されていたMake a Wish of JAPAN という団体のチャリティライドだったのですが、この団体は難病と戦う子供たちに夢と希望を与えようという主旨で設立された世界的団体の日本支部です。そしてその主旨に賛同した各企業や地元が協賛し開催されたのですが、その実行委員長があの外館さんだったので、一も二もなく参加することにしました。

DSC02607-1.jpg

実は私がこのイベントに参加するのは2回目で、前回はCAR GRAPHIC編集部の故牧野さんからお誘いいただいてのことでした。不慮の病で亡くなられた牧野さんもこのイベントには熱心で、その成功に向けて本当に一生懸命取り組んでおられましたので、どうやらこのイベントには何か心を熱くさせるものがあるのかも知れません。

会場の大磯ロングビーチに到着すると、その駐車場から既にイベントとなっていました(苦笑)。特にアルファ・ロメオの密度は高く、会場に入場する前に既に充分楽しませてもらいました。

DSC02608-1.jpg

FISCOで開催されていたときにはサーキットでの走行会やフェラーリF-1のデモ走行など、どちらかと言うと走行中心のイベントだったのですが、大磯の会場ではクルマを走らせるワケにもいかず、車両展示が中心となったものでした。
会場に入るなり目に飛び込んで来たのは、MG-TCやAustin Sevenという戦前のモデル達で気分は否が応でも高まります。

DSC02582.jpg

そんな中で、気になったクルマをご紹介したいと思います。まず最初はクラッシック・フェラーリの中でも毛色の変わった330GTCです。有名な250シリーズの発展形である330シリーズは特に北米のマーケットを意識して企画されたラグジュアリーなGTでした。

DSC02584-1.jpg

リアセクションの造形は当時のアメリカのデザイントレンドの影響を受けており、僅かなテールフィンとメッキされたテールランプベースなどからも、いかに当時のフェラーリが北米を向いていたかが分かります。

DSC02603-1.jpg
DSC02583-1.jpg

室内もゴージャスでトリムにまで皮が張られていました。それにしてもこのクルマは見事なコンディションでした。

DSC02586-1.jpg

それにしても、こんなクルマがさらりと展示というか駐車されているのには恐れ入りました。これは協賛したメーカー(代理店)が持ち込んだのではなく、ヒストリックカークラブに所属する個人のクルマなのです。
いきなりこれですから、先が思いやられます(苦笑)

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

コメント

TOP写真に、最近デビューのGTVが写ってますが、最近のジュリアは皆キッチリ整備されてるので、164OCのクルマの方がよほどCO2出してますよね?ぼくのQVもそぉっと踏んでます。

  • 2008/11/06(木) 18:17:17 |
  • URL |
  • BUSSO #-
  • [ 編集]

こんなフェラーリがあったのですね!
まさに北米向けのデザイン処理はなかなか美しいものですね。
それにしても本題前からこのラインナップということは、、本題は
相当な覚悟を持って拝見すべきですね 笑

  • 2008/11/06(木) 21:47:39 |
  • URL |
  • chifurinn #LxiH5TNE
  • [ 編集]

330GTC

なんとまぁマニアックな(笑)
北米向け、特にスパイダーはお金持ちのステータスだったんでしょうね~

>BUSSOさん
この2000GTVは見ず知らずの方のです(苦笑)

>chifurinnさん
確かに、フェラーリにとって北米のマーケットは文字通り最大のドル箱でしたからね。アメリカ人にとってフロントエンジンこそ正統で、ミッドシップは"Wrong Position"(間違った場所)なんだそうです。最近のフェラーリがフロントエンジンに回帰しているのもそのせいかも知れませんね。
次回を楽しみにしててください(笑)

>こ~んずさん
確かに最初に見てビックリしました。
それにしても、性能の割りに造りがチャチなフェラーリの中にあって、この330GTCはゴージャスでしたよ。

>510190さん
 この330GTCも以前神戸のポンテペルレで見ました、確かあの時も自走してましたし音も静かでした。でも僕はその隣のA110に興味心身でした(笑)

  • 2008/11/06(木) 23:36:40 |
  • URL |
  • kobu #-
  • [ 編集]

>kobuさん
そうなんですか。じゃあ私が知らないだけで結構有名な個体なのかも知れませんね。
A110・・・次回でご紹介する予定です(苦笑)

ちょうどそのころ僕は仙石原に行ってたのですがカフェジュリアはこのイベントで臨時休業でした・・・

その紺色のGTVは湯元ですれ違いましたよ!

さて、大磯ロングビーチというと僕は今だに「芸能人水泳大会」を思い出してしまいます。
松本ちえ子や浅野ゆう子に色気を感じ、騎馬戦の三原順子に迫力を感じ、河合奈保子や榊原郁恵や柏原芳惠に現代のアイドルでは考えられないプロポーションに時代を感じるこのごろです。
あ~・・・大場久美子は輝いていたなぁ

あ、
話題が反れましたね?すいません

  • 2008/11/07(金) 10:31:39 |
  • URL |
  • 笹本隆太郎 #-
  • [ 編集]

>笹本さん
そうでしたか・・・。大磯に誘えば良かったですね(笑)
それにしても懐かしいアイドルが・・・。
ちなみに私はやっぱり西田ひかるです(爆)

自分も居たんですが会いませんでしたね~。
緑のスパイダーがあったので多分そうかな??と思いましたが。

大磯といえば定番ですがポロリでしょ。かなり興奮しました。
今思うとポロリ担当AV系女優だったんでしょうね

  • 2008/11/07(金) 13:37:33 |
  • URL |
  • Nanao #/Cc3pzXQ
  • [ 編集]

>Nanaoさん
いらしてるという噂?は聞いてましたよ。
それにしても、「芸能人水泳大会」に食いつきますねぇ。

水色の段付とグレーの箱が行違いで駐車されてる様はなんとも画になりますね。しかもアルファは156以外全て非赤色。
次回A110の写真に期待です。

  • 2008/11/07(金) 18:45:31 |
  • URL |
  • pekepeke #-
  • [ 編集]

>pekepekeさん
赤以外のアルファ・・・
言われるまで気がつきませんでした(笑)
最近は周囲のアルファ・ロメオも圧倒的に赤以外が増えてきました。イタリア本国では販売台数のうち、赤が占める割合は僅かで、日本だけが特殊なようですよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/517-5f10b86a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。