走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みちのくのサプライズ

DSC02500-1.jpg

世の中には法律で定められていることに加えて、マナーという暗黙のルールがあります。それは社会の中で共生していく際に必要な、お互いが気持ちよく暮らすためのルールだと思いますが、交通マナーもその中の一つではないでしょうか。
今回の「みちのく寄り合い」で私たちが遭遇したのは、この交通マナーを知らない(守らない)クルマでした。

山道で追越ができない道路を走る際に、明らかに自分より速いクルマが後ろに付いたなら、適当な退避場所で後続のクルマを先行させるのは交通マナーです。それをせずに、後続のクルマが焦って無理な追い越しをされたりするとかえって危険ですし、いくら道路交通法上は悪くなくても、その事故に巻き込まれると結局自分も痛い目に逢ってしまうのです。
私は山道で後ろにバイクが来たりすると、オープンコーナーや直線で、確実に後続のバイクに分かるように道路左に寄り、安全に追い越させるようにしています。そうすればバイクもちゃんと追い抜く際には挨拶をして行きますし、お互いに自分のペースで安全に走行できるのです。

私たちは決して暴走族ではないつもりです。ですので、無理な追い越しや威圧するような運転はしないよう心がけてはいるつもりですが、今回はその遅いクルマは全く後ろを見ておらず、後続車に気づいているようには思えなかったため、余計に追い越しは危険でした。結果として隊列を整えるために数箇所で臨時停車をせざるを得なかったのですが、まぁそれも適度な休憩になったので結果オーライでしょう(苦笑)

DSC02497-1.jpg

ハナシをツーリングに戻しましょう。一緒にツーリングをする楽しみの一つが仲間のクルマを運転席から眺められることだと思います。今回は例のFIAT131 ABARTH RALLYの走行シーンを前後から堪能させていただきました。私にとってサイドミラーにこのクルマが映っているのは、本当に夢のような光景だったのです。恐らく、1980年のモンテカルロラリーのSS(スペシャルステージ)では、ライバルであったランチア・ストラトスやオペル・アスコナ400のドライバーも同じ光景を見たに違いありません。

DSC02503-1.jpg

そうして前に立ちはだかる遅いクルマに邪魔をされながらも、そこそこのペースで気持ちの良いワインディングを走破し、先導する幹事さんに連れて行かれた昼食会場は桧原湖畔のキャンプ場でした。おそらくこんな場所は地元のヒトでない限りはまずたどり着けないであろうと思います。砂利道をしばし徐行で走った先は、季節はずれのキャンプサイトで、全くひと気がなく、目前には絶景の湖が広がる素晴らしい場所でした。幹事さんが天気を人一倍気に掛けていた理由がこの昼食場所だったのですが、確かに、ここで雨に降られながら食事を・・・というワケには行かなかったでしょう。

DSC02505-1.jpg

各々が前もって連絡があった通り、トランクからテーブルやイスを出して昼食となったのですが、見ていると流石にアルファ・ロメオ乗り?らしく、テーブルを整然と並べようという気は全くなく、好き勝手に様々な方向に並べているのが笑えます。

DSC02507-1.jpg

そしてお弁当として用意されていたのは、保温材で暖められた「新きねや」の牛肉弁当でした。このお弁当も幹事さんのホスピタリティの結果で、本来ならば朝の時間は作っていないという弁当屋にムリを言って作ってもらったものだそうです。併せて前回の蓼科でもご馳走になった芋煮まで用意していただきました。少し肌寒い野外ではこの暖かい食事は本当に美味しく、ありがたい配慮でした。

DSC02508-1.jpg
DSC02510-1.jpg
DSC02509-1.jpg

それにしても、この場所は本当に心地よく、紅葉の本番には少し早かったのですが、それでも色づき始めた湖畔の風景を眺めながらのんびりと過ごすことができました。

DSC02515-1.jpg

さらにその後は例の京商のミニチュア争奪戦もあり、大盛り上がりで各々戦利品を手に解散となったのですが、私にとって更にサプライズであったことは、オーナーの好意により例のFIAT 131のステアリングを握れたことです。

室内はロールケージが張り巡らされてはいますが、乗降には何とか支障のないレベルです。4点式のシートベルトを締め、いざ出発!と言いたいところだったのですが、低速でグズるエンジンとクラッチミートの難しさから、最初は不本意ながらエンストの連続でした。
しかし、慣れてくるとようやくスムーズに走れるようになって来ました。それにしても室内は凄まじい騒音です。聞こえてくるのはギアからのメカニカルノイズと野太いエクゾーストノートのみで、折角のアバルトチューンドエンジンの快音は全くと言って良いほど聞こえません。聞けば同乗の奥様は耳栓をして乗っているとのことで、会話もままならない室内で隣と話をするためにはインカムが必要でしょう。さすがラリーウェポンです(笑)

ステアリングは当然ながらノンアシストですが、その応答はクイックで、走り出してしまえば楽にノーズの向きを変えることができます。アクセルレスポンスもなかなかのもので、発進時には一拍遅れて応答するキャブレターも2速から3速で加速する際には豪快に吹け上がってくれます。試乗は短距離だったため、回転は4000rpmに留めましたが、後からオーナーに「もっと回していいのに」と言われてしまいました(苦笑)
しかし、この回転数まででも充分で、大口径キャブレター車特有のエンジンフィールを堪能することができたのですが、正直に言えばその先も見てみたいと思わせるエンジンでした。
それにしても、ここまでのコンディションにするのに10年かかったとのことですので、オーナーの熱意には本当に頭が下がりますが・・・私もいつか手に入れたいとの思いが強くなるばかりの試乗でした。

帰りの東北道は雨が降り始めたことに加えて多重衝突事故などがあり、渋滞で時間がかかってしまいましたが、それでも7時には東京に無事に帰ってきましたので、1日で強行したロングツーリングとしては疲労も少なく充実した1日でした。

繰り返しになりますが、今回の「みちのく寄り合い」には幹事さんを始めとする山形メンバーの思い入れとホスピタリティを随所に感じることができました。こんな経験もオーナーズクラブならではでしょう。
気持ちの良い一日に感謝です。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

コメント

後ろから早いペースのクルマが近づいてきたら「安全」な場所で抜かせてやるのは「マナー」だと思いますね。
後方確認もしないで運転できる神経が理解できません。
ストラトスのドライバーはミラーに映る131を見て「オイルショックのバガヤロー!」と叫んでいたかは不明(笑)
いいなぁ、乗ったんですね・・・
さすがこ~んずさんらしい気遣いですね。何しろ弁当屋さんを脅して朝に作らせたんでしょう。
弁当屋さんといい、旅館といい「災難」でしたね(核爆)

  • 2008/10/09(木) 19:34:21 |
  • URL |
  • IKEA #-
  • [ 編集]

「みちのく」はどうもお疲れ様でした。あのままABARTHで関東までお帰りになるのかと思っていたら近場の試乗だったんですね。kenichiさんが湖畔近くのコンビニで見かけたと言ってましたが僕は見過ごして挨拶もままならず通り過ぎてしまいました。ごめんなさい。しかし、510さんをもってしてもスタートすらままならないABARTHは手を焼く反面、乗りこなせてしまうとQVを凌ぐ楽しみがあるのかも知れませんね。運転マナーの話においては、法規を遵守するという事では余り人の事を言える立場でもありませんが、少なくとも周りの状況に応じた車の流れを乱さない運転には常日頃心掛けているつもりです。自分勝手なスローペース車にも閉口しますが、レークライン途中の進入路がカーブで見切りの悪い橋の上で、しかも車線のど真ん中に車を止めて写真を取っている家族には怒りすら覚えました。とにかく参加メンバー誰一人事故無く無事帰宅した事が何よりです。

それにしても、みちのくからは地理上、一番近い筈の僕が19時に帰宅したのに、510さんといいkenichiさんといい、空でも飛んで帰ったんですか?(笑)

  • 2008/10/09(木) 21:05:20 |
  • URL |
  • yossuie #qbIq4rIg
  • [ 編集]

>IKEAさん
私にとってはフェラーリやランボよりも乗って興奮するクルマでした(苦笑)
ちなみに無理と無茶を言う幹事さんは相当あちこちで暴れたようですが、本人はちゃんと頼んだ・・・と言ってます。まぁホンモノのヤ○ザは礼儀正しいと言いますからね(爆)

>yossuieさん
こちらこそお疲れ様でした。確かにマナー知らずの一般車には本当に閉口しましたね。自分の行動を一歩引いて見るとそれが自分だけでなく他者や同乗者にもどれ程危険か分かると思うんですが・・・(怒)
道路交通法がどーこうでなく、こういった無知なドライバーこそ取り締まるべきだと思いますね。
帰りは事故の直後に抜けたので大した渋滞ではなかったのが幸いでした。ただそれだけのことで、115Spiderの高速巡航はたかが知れてます(苦笑)

こらこらぁ!

>IKEAさん
>何しろ弁当屋さんを脅して朝に作らせたんでしょう。
弁当屋さんといい、旅館といい「災難」でしたね

>510さん
>無理と無茶を言う幹事さんは相当あちこちで暴れたようですが

二人ともなんて事を・・・
私は紳士にお願いしたんですっ(苦笑)

まぁホンモノのヤ○ザは礼儀正しいと言いますからね(爆)

>私は紳士にお願いしたんですっ(苦笑)

やっぱりねぇ・・・。

>こ~んずさん
弁当屋さん脅してでもいいんです。ホントにおいしかったんですから。
でもあの弁当の断熱材が131のバッテリー保護材として取り付いたということ知ってます?
>510さん
しかし、あのミニバンには参りました。510さんが怒りの鉄拳でパスしたのを目の前で見ました。
我々のような車観ではなく、最近はトヨタの戦略で車が家電化してるんですね。それを便利な家電として買って使っている人たちですから、昔からの交通マナーなんて世界が違うんでしょう。高速でもワゴンRとかキューブに乗っている若いカップルなど、追い越し車線を後続車の焦りをわかりながらチンタラと譲らないケースが多いように思います。文化の違いでしょうか。
>yossuieさん
私は以前ゴールドカードの模範ドライバーですっ。

>510さん
今回も幹事さんの計らいで楽しいツーリングでしたね。またご一緒しましょう。
一部一般道走行におけるマナーのない危ないと車両に出会いと閉口しましたが、その回避もジェントルマンドライバーの心得、先導の幹事さんの誘導はさすがと思いました。
休日の一般道よりJAF戦のサーキットの方が安全と思ってしまうのは私だけでしょうか。
さて、131rallyはいつもドライバーズシートなので、あのようにバックミラーに映る写真は新鮮です。画像をお分けくださいね。
今回の試乗は短い距離でしたが、次は1st~3thを5000~6500rpmで走らせてみてください。ラリーカーの入り口が堪能できると思います。クロスミッションの音はあれでもセミヘリカルギアなのでストレートカットより静かなのですが・・・。

  • 2008/10/10(金) 01:58:11 |
  • URL |
  • keno #sq1wLxC6
  • [ 編集]

>kouichiさん
見られちゃってましたか。流石にアタマに来たので、追い越しの際に中指を出したのですが、全く通じてませんでしたね(苦笑)
確かに最近の交通マナーの悪さは二極化しており、若いドライバーと老年ドライバーに酷いのが多いですね。

>kenoさん
私たちはイライラしただけですが、大口径のキャブ車だと燃料がカブって気が気じゃなかったでしょうね。
私もkenoさんと同感で、常日頃からサーキット走行のほうが安全だと思います。一部アブないサーキットイベントはありますが・・・(苦笑)
それにしても憧れのクルマを運転させていただき幸せでした。是非、次回はもう少し上まで廻させてください。それにしてもWRCのオンボード映像と同じ音だったので感激でしたよ。

>kouichiさん

見ました見ました、あれ燃えないんですかねぇ?(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/504-25f23cee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。