走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100ミクロンの積み重ね

DSC02518-2.jpg

最近またDTMがブームだそうです。DTMとはドイツ・ツーリングカー選手権のことで、過激なレギュレーションやレース運営で人気を博し、後に格式が上がりインターナショナル・ツーリングカー選手権に昇格したレースなのですが、その人気の中心であったのがアルファ・ロメオの活躍でした。
1993年のDTMにアルファ・コルセから初参戦したアルファ155V6TIは外観こそアルファ155の姿であったものの、その中味は全く別物で、縦置きのV6エンジンにフルタイム4WD機構を備え、ライバルであったメルセデスやBMWを文字通り蹴散らして年間チャンピオンになったのですが、その効果で低迷していたアルファ155の販売はやっと上向き、特に日本においては新しいユーザーにアルファ・ロメオのスポーツイメージを定着させることができました。

現在でもこのDTMのイメージからアルファ155のファンは多く、特に最近のミニチュアモデルの人気は凄まじいものがあります。ご存知のとおり、サークルK/サンクスで販売している京商のアルファ・ロメオコレクションも第一作、第二作ともにアルファ155V6TIがモデル化されていますし、当時発売されていたMinichampsのモデル(現在は絶版)は高額なプレミアがついて取引されているのが現状です。

DSC02520-2.jpg

そんな中にあって、新しく決定版とも呼べるミニチュアモデルが発売されました。それはHPIというメーカーが発売したものなのですが、その出来栄えは本当に素晴らしいものです。
そもそもHPIというメーカーはラジコンが専門のアメリカの会社で、その世界では有名な会社ですが、ミニチュアモデルでは新興メーカーで、PRECISION CAST MODELと題されたそのラインアップは、後発メーカーであることから、既に発売されているモデルを研究し、それを超えるクオリティで発売するという意気込みが感じられるメーカーです。
従って、このアルファ155V6TIも先行のMinichamps製やBBR製のミニチュアモデルを研究し、その不満点を解決したモデルであると言えます。

DSC02519-2.jpg
DSC02521-2.jpg

HPIのスタッフはミニチュア化に当たっては必ず実車の取材を行い、図面や写真だけを基にしてモデル化はしないそうです。そして今回の取材対象となったのが主治医のクイック・トレーディングに展示されている実車だったのです。
実際の展示車については、過去のブログで2回に亘り、(2007/1/13)(2007/1/14)でご紹介していますので、そちらをご覧いただければと思いますが、その取材とは大型3次元スキャナを持ち込んで実車を採寸することから始まりました。
そしてその三次元データを基にマスターモデルを作るのですが、以前のブログにも書いたように、単にその寸法のまま縮小しても、人間の目には同じようには見えません。ですので、その造型にモディファイを加えることとなるのですが、Minichampsのミニチュアモデルの問題であったボッテリ感はこのHPIのものでは解消され、実車同様のシャープなイメージでまとめられていると思います。

実際にMinichamps製のものと比較して見ましょう。左がHPI製で右がMinichamps製です。1/43スケールですので、その差はおそらく100ミクロン(0.1mm)以下のものですが、ディテールの再現は別としても、明らかにHPI製のもののほうが車高も低くされ、各エッジがシャープになっているのが分かるでしょうか。
ひとつひとつの差は僅かであっても、その積み重ねがこれ程までの違いを生むのです。その造型力もさることながら、その違いをちゃんと印象の差として見分けることのできる人間の目は本当に凄いと思います。

DSC02522-2.jpg
DSC02523-2.jpg
DSC02524-2.jpg
DSC02525-2.jpg
DSC02526-2.jpg

これはクイック・トレーディングが実車の取材に当たって特に要望したもので、実車が目の前にあるからこそのコダワリであり、アドバイスであったと言えます。そしてその要望に答えるべくHPIのスタッフは何度もマスターモデルを修正し、彼らも目の当たりにした実車のイメージを再現すべく努力を重ねた結果、ようやくミニチュアモデル化されたこのアルファ155V6TIは発売前から評判となり、初回ロットは即完売となったようです。今後は車番7のナニーニ車やセミワークスのイェーガーマイスターカラーのものも発売されるようですから、暫くはこのDTMブームは続くのではないでしょうか。

155V6TI-7.jpg
155V6TI-27.jpg

幸いなことに、私は50台限定で製作されたクイック・トレーディング向けの特製モデルを入手しましたので、品薄なミニチュアモデルを探し回ることはせずに済みましたが、今後も恐らくこのHPI製のものが、アルファ155V6TIの決定版として君臨し続けることだろうと思います。願わくばMinichampsのように各セミワークスのカラーリングや、94年モデル、そしてITCの出場車(これは既に企画されているようです)などのバリエーションを増やして行って欲しいと願っています。

HPIではイタリア車のミニチュアモデルも増えつつあり、特にランチアはストラトスからデルタまでが揃っています。もう1台所有しているHPI製のランチア・デルタS4もご紹介しておきましょう。

DSC02527-2.jpg
DSC02528-2.jpg
DSC02529-2.jpg

こちらもデルタS4の決定版と言える出来栄えです。HPIのモデルを見ると、もはやハンドメイドの存在価値がないのでは・・・とまで思ってしまいますが、もっとマニアックな車種を・・・と思ってしまうのは欲張りでしょう(苦笑)

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

コメント

単純にタミヤのキットを思い出しました。あのシャープさを1/43にスケールダウンした繊細さ。勿論、誉め言葉ですよ(笑)
Minichampsのはフロントタイヤも然ることながら、ピラーとウインドウの歪みが興醒めです。156もこの理由で購入しませんでした。逆にTipo33や8C Competizioneは秀逸な出来です。

  • 2008/10/11(土) 19:49:08 |
  • URL |
  • IKEA #-
  • [ 編集]

>IKEAさん
こうして並べて見るとその差は歴然ですね。確かにMinichampsの155はそれ以外には見えないんですが・・・(爆)
折角ですから、もっと拘って作って欲しいですね。

こんにちは!&お礼が大変遅くなりましたが、リンクの件恐縮です。ありがとうございます。

このモデル、イタ車ミニカーコレクターの私としては本来は外せないモデルだったんですが、同じ個体(もしくは同じ仕様)のミニカーはダブって所有しないマイルールがありまして、それに縛られて、これを買うと既に持っているミニチャンプスを手放さなければならなくなる、がしかし、ミニチャンプスの製品にも十分満足している、、、云々。

そんなこんなで結局hpiのは買うのをやめました。でもこのメーカーの線のシャープさは本当に素晴らしくて、何か理由を付けて一台でも手に入れたいと思っていたら、先日とあるイベント会場でhpiがブースを出していまして、そこで96年ITCのサンプルが展示されていました。しかも、白マルティニはホビーショーとかなんとかいうやつで写真見て既知だったのですが、他にイエガーやら白BOSHやらなんやらと数台、そしてなんと赤マルティニJASまでが!!!赤マルティニJAS、絶対に買います!

ちなみに12月発売予定だそうです。正式な発売発表が待ち遠しい!

それにしてもこのメーカーは他社の既出製品と被る事が多くて、ある意味、他社の製品を持っていてhpiに同じ車種出されると、出来が良過ぎて、それまで持っている他社製品がしょぼく見えて悲しくなります(笑
だから、他社が出していない(もしくはまともな製品が存在しない)155GTAとかランチアLC1とか出して欲しいとつくづく思います。んでも、実車リサーチ出来ないと駄目だっちゅうんなら、これらを作るのは難しいんでしょうかねぇ。。。

  • 2008/10/12(日) 10:17:21 |
  • URL |
  • Ogapie #8RUkA7HA
  • [ 編集]

このS4

いいですね!
ちょーだい(笑)

>Ogapieさん
ご趣旨は良く分かります。同じカラーリングだと確かに面白くないですもんね。Minichampsも決して悪くないと思いますよ。特に様々なカラーリングで並べるのであれば手ごろですしね(笑)
ひと昔前のことを思えば、現在のモデルカー事情は隔世の感があります。昔はSolidoレベルで感激してたんですから・・・(苦笑)

>こ~んずさん
売ってますから(苦笑)、買ってくださいっ!

HPI製品はMazda787Bを買いました。それはリアカウルが脱着のモデルなのですが、デカールを含めてなかなか細かくて良い感じです。ただカウル脱着だと、どうしてもリアセクションの板厚が気になるので、それだけは改善して欲しいですね。
それとMinichampsのDTM製品はオークション出すと確かに結構な値段で売れます。私は155V6 TIはそれほど持っていないのですが、かなり前にOPEL OMEGAとCALIBRAであわせて20台くらいあったのを大放出しちゃいました。今まで持っていればよかったかな?

  • 2008/10/13(月) 23:28:40 |
  • URL |
  • もりおか #-
  • [ 編集]

遂に155の新作が出てしまったというのが個人的な感想です。
ミニチャンの155ってもう10年以上前のモデルなんですよね。
実はこの7号車が私のコレクションの始まりなんです。

最新のモデルと10年前のモデルが比較されるって、
ある意味ミニチャンモデルって凄いと思っています。
でもhpiのモデルってミニチャンで目をつぶっていたところも
ちゃんと再現されているんですよね。
この先揃えていくかとても悩ましいシリーズです。

  • 2008/10/14(火) 01:17:23 |
  • URL |
  • ito #cks3dOnk
  • [ 編集]

>もりおかさん
ミニチュアモデルの肉厚は難しいですよね。私も自分で作る場合はエッジの裏側を削ったりしますが、強度の問題もありますから、可動パネルはそんなに薄くできないですからね。
1/43の場合はヘタに開けたりせずに全体の造形を楽しむほうが良いと思ってます。

>itoさん
Minichampsでコレクションを始めたという方は多いですね。過去にも書きましたがそれまでのオモチャ然とした完成品ダイキャストモデルに革命を起こしたブランドだと思います。
確かに造形に?というものもありますが、全体のクオリティはいまだに絶品だと思いますよ。
何せ、164を出してくれたんですからね。HPIでは絶対にありえません(爆)

Minichampsも造形的にまともになったのはここ3年くらいじゃないですか? 他のダイキャスト製品と比較すればそれ以前も質はよかったとは思いますが、近年のモデルはレジン製のハンドメイドモデルと比較しても遜色ないですよね。私が放出したOPELなんかは結構悲惨なものもありましたっけ・・。
肉厚と言えばF1モデルだとウィング等で違いがはっきりするので、ダイキャスト製品は結構辛いですね。最近のF1はウィングが完全に3D形状なのでミニカーだとプラスチックみたいですけど・・。

>もりおかさん
Minichampsは確かにここ近年はディテールも素晴らしいですね。
メッキの表現やドアモールなどは本当にびっくりするくらいの出来栄えだと思います。こういったディテールで随分とアラも隠せるものです(笑)

僕も、HPIのアルファ155、オークションでやっと手に入れました!!ちょっと高くついてしまったのですが、出来がいいので、満足してます。ホント、今度リリース予定のITC仕様も楽しみですね!!今度は予約して、絶対手に入れたいです!!!!

  • 2008/10/27(月) 09:51:52 |
  • URL |
  • シオン #IFdljVkg
  • [ 編集]

>シオンさん
巷では入手難でタイヘンなことになっているようですね。オーナーならずともDTM時代の155人気は凄いのは、やはり常勝メルセデスを叩きのめしたというロマンからなのでしょうか。この2社は遠く戦前まで遡る因縁がありますからね。

>510190様

確かに、メルセデスに比べれば、遥かに弱小メーカーであるアルファがメルセデスを打ち破ったと言うのは痛快ですよね!!でも、イタリアメーカーだけあって、ルックスは抜群ですよね!!155も最高に格好いい!!でも、そんなに昔から、メルセデスとアルファがライバル関係にあったなんて知りませんでした!!

  • 2008/10/27(月) 22:33:35 |
  • URL |
  • シオン #IFdljVkg
  • [ 編集]

僕もS4買いました!!ホント、決定版って言う感じですよね!!でも、他の方も言ってる事ですが、昨今のミニカー事情には嬉しいモノがあります。S4やら、クアトロS1やら、ホント、ちょっとマニアックだけど、人気車種が色んなメーカーからリリースされる様になりましたよね!!ホント、嬉しい限りです。俺としては、今度、HPIから、ジャガーKJR14を発売して欲しいですね!!XJR9がリリースされてるから、きっと夢ではないと思ってます!!

  • 2008/10/30(木) 23:22:08 |
  • URL |
  • シオン #IFdljVkg
  • [ 編集]

>シオンさん
メジャーな車種は出尽くしたのでしょうね(苦笑)
確かにアルファ・ロメオでも33Fleronとか、一昔前ならレジンキットでもどーか?と思うような車種がダイキャストで発売されています。これからどーするのか心配になる程です(笑)

アルファ155、ITC、フィジケラ車を予約してしまいました!!発売されたら絶対買ってしまうだろうな、とは思っていたのですが、やっぱり、買う事に決めてしまいました。俺の、”ミニカー買い”はいつまで続くのだろうか?!と多少不安になる毎日です(苦笑)。”買い物依存症”と言う”心の病”が有るそうなのですが、俺がそうなのではないかと不安に駆られます(苦笑)。でも、取り敢えず、アルファ155、ITC仕様が出尽くした時点で、一段落するのではないかとも思っています。でも、”ミニカー.マニア”って、”買い物依存症”的な所って有りますよね?!皆さん、どう思われます?!

  • 2008/11/05(水) 01:49:01 |
  • URL |
  • シオン #IFdljVkg
  • [ 編集]

”果て~無く~~続くストーリー~~~描いた夢は、誰にも計れや~~しない~~~!!BY MISIA”。俺の”ミニカー買い”の歌です(苦笑)。古くて、ちょっと分からない人には分かりませんよね(苦笑)。

  • 2008/11/05(水) 02:18:47 |
  • URL |
  • シオン #IFdljVkg
  • [ 編集]

>シオンさま
私見ですが、「買い物依存症」と「コレクター」は違うと思いますよ。コレクションには動機があり、今買わないと二度と買えない・・・という脅迫観念はあるのかも知れませんが、欲しくもないミニカーは買わないと思います。一方で買い物依存症は買うことそのもので満足することですから、少なくともコレクターではないと思います。
まぁどちらもビヨーキですが・・・(苦笑)

<510190様

”買い物依存”ではないと言われてホッとしました。でも、確かに、”ミニカー.コレクター”も病気ですよね(苦笑)。”買わないと二度と買えない!!”と言う”脅迫観念”が、かなりクセモノです(苦笑)。

  • 2008/11/06(木) 23:40:25 |
  • URL |
  • シオン #IFdljVkg
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/499-0a421f44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。