走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作デカール

DSC00876.jpg

かなり前のブログで自作デカールに関する記事を書いたことがありますが、その記事をご覧いただいた方から連絡をいただきました。
それは、A-oneという会社の方で、このデカールの材料として使用したタトゥシールという商品のメーカーの広報の方だったのです。
内容はこのブログ記事を自社のHPで紹介したい・・・というもので、快く承諾したのですが、出来上がったその紹介ページを実際に見ると、少し照れくさいものがありました。

DSC00862-1.jpg

この商品は、本来はどうやらサッカーの応援の際に顔に貼ったりすることを想定して企画されたもののようですが、考えてみればこういった素材を本来企画された用途以外に使用していることは、メーカーとしても興味深いのではないかと思います。

私たちの年代の子供の頃は、今のように様々なおもちゃがあったワケでなく、各人が工夫して楽しんでいました。特に私が夢中になった模型に関して言えば、ディテールアップの材料などは全くと言って良いほどなかったのです。
それでも、様々な工夫でこれらの材料を調達していたのですが、思い出してみると以下のような工夫をしていました。

1.複葉機のワイヤーなど・・・ランナーというパーツの外枠のプラスチック材を蝋燭の火で焙って溶かしながら引っ張ると細いプラスチックの線になるので、それを利用。このプラスチック線は艦船模型の手すりなど利用範囲大。でも部屋中が臭くなり、家を燃やす気か!と怒られた。

2.飛行機の翼端灯・・・不二家のパラソルチョコレートの赤と青の柄を利用して削り出す。不二家に行って店先でパラソルチョコレートの柄の色を選んでいたら不気味がられた(笑)

3.戦車などのエンジンルームの網・・・料理道具の濾し網を利用して適当な大きさに切る。調理器具専門店に行って濾し網を物色していたら、料亭の見習いと間違われた(笑)

4.戦車や艦船の鎖・・・安物のアクセサリーのチェーンを利用。母親のを盗んで怒られた(泣)

5.クルマの窓を途中まで開いた状態にする・・・新しいワイシャツの襟の芯になっている塩化ビニール板から切り出す。父親が新しいワイシャツをおろすときは必ずゴミ箱を漁る(笑)

6.ウォーターラインシリーズ(艦船模型)の飾り台・・・青い画用紙の上にセロハン紙を一度クシャクシャにして延ばして重ねると海のように見える。このクシャクシャ具合が難しく、慣れると荒れた海から凪の海までその再現は自由自在・・・。

今では当たり前のように売っているこれらのディテールアップ材料を様々な素材から見つけてくるのはタイヘンでしたが、その工夫が作品の個性になっていたような気がします。
従って、どこかに買い物に行っても「これは・・・に使えそうだな」とか考えながら物色する癖がついてしまいました(苦笑)
確かに見込み違いや失敗も多かったと思いますが、今から思えばそれはそれで楽しい思い出となっています。

ところが現在はフォトエッチングという技術を利用したアルミ製の専用ディテールアップパーツやホワイトメタルやレジン製の改造パーツなど、至れりつくせりと言える環境が整っているのはありがたいことではあります。
今回のタトゥシールはその結果を早く見たいがためにイッキに作業し、結果としてあっと言う間に完成したのですが、通常はモデルキットと同時にこういった周辺パーツを買い漁ってしまい、結果として作った気になり、その後放置・・・という所謂、「未完性病」に陥っているのは皮肉なものです。

随分と宿題が溜まってしまっていますので、この辺りで気を引き締めて完成を目指したいと思っています(苦笑)

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

コメント

おお!

さすがワールドワイドな510さんのブログですね!
ハッスルだけじゃない事が証明されてよかったです(笑)

>こ~んずさん
ハッスルだけ・・・?それでも良いなぁ(苦笑)

子供の頃プラモ作ってたら親から「あんた!シンナーなんてやって!!(怒)」と怒られたのを思い出しました。。。

  • 2008/10/01(水) 11:15:01 |
  • URL |
  • sylphe #7Vwe54W6
  • [ 編集]

>sylpheさん
昔のシンナーは臭かったですね(苦笑)
最近のは随分臭いがなくなりましたよ。それでもアクリル塗料は苦手なので、相変わらずラッカー/エナメル党です。

伸ばしランナーですね。僕もかなりやった口です。何しろWLドップリの生活がありましたから(笑)
熱転写プリンタは言わずもがな、アルプス電気のプリンタですよね。今日ね、シールメーカーの社長さんと奇しくもその話題になったんですよ。白や金などの特色印刷ができる点は、他のプリンタじゃマネできませんからねぇ。簡易なサンプルを作るには強力な助っ人なんです。
しかしA-oneの社員はマメだなぁ~w

  • 2008/10/01(水) 19:27:03 |
  • URL |
  • IKEA #-
  • [ 編集]

>IKEAさん
ご推察のとおり、アルプス電気のヤツです。以前ほとんど買いかけました(笑)
でも、デカールを作るなんて1年に何回あるんだ?と冷静に考えてヤメました。一番良いのは友人が持ってることですね(苦笑)

アルプス電気の熱転写プリンタ、一時持っていました。型名はMD-5000だったかな? 私もきっかけはデカール作りだったんですが、その用途では結局1~2度しか使いませんでした。でもむちゃくちゃ綺麗でしたよ。ランニングコストがもうちょっと安ければ良かったんですが・・・。
ところでタトゥー・シールですが、模型用としての耐久性はどうでしょうか? 上からクリア吹いたらやっぱりダメですよね?

  • 2008/10/02(木) 01:55:27 |
  • URL |
  • もりおか #-
  • [ 編集]

>もりおかさん
やっぱり近くにいましたね(笑)
アルプスのプリンターはインクの値段でぶっ飛びました(泣)
タトゥシールの耐久性ですが、その性格上あまり耐久性はないと思います。むしろクリヤーをかけて保護する必要があるんじゃないでしょうか?
薄吹きなら行けそうな気がしますが、今回は試してません。

で、その自作デカールが現在作成中の僕のカムシン用の「SSAS」ステッカーなんですね?
あれから随分経ったけどどうなってるんでしょう?(独り言ですよ)

あ、そういえば3月に預けたドゥカティも・・・(独り言ですよ)

宮古島マンゴー先に食ったよな?(独り言ですよ)

  • 2008/10/02(木) 19:13:33 |
  • URL |
  • 笹本隆太郎 #-
  • [ 編集]

>笹本さん
はいっ。仰るとおりですっ!
一言もございません(泣)
鋭意努力する所存です・・・。

あのぉ・・・

私のは・・・

笹本さんの次ですっ(苦笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/498-23e3356b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MD-5000を修理致します。(ALPSプリンター)

アルプス電気製プリンタMD-5000の修理を致します。分解メンテナンスおよび6ヶ月間の動作保証付きです。

  • 2009/11/07(土) 19:27:36 |
  • 名機ALPS(アルプス)MDプリンタ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。