走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セレブな?ナイトクルージング

東京は意外に水に恵まれた都市だと思います。私の勤務先が門前仲町だから余計にそう思うのかも知れませんが、隅田川や江戸川は大小の水路を持ち、入り組んだ東京湾は埋め立てにより地形を変えてはいますが、レインボーブリッジを始めとするこれまた大小様々な橋により繋がっています。
ですので、意外に水上交通が発達しており、調べてみると水上バスやら屋形船やら水上レジャーが楽しめる世界でも有数の都市ではないかと思います。

私自身は学生時代にディンキーと呼ばれるヨットに乗ったり、クルーザーのクルーをしていたこともあり、船舶免許こそ持っていないものの、ボートも大好きです。
ですので、かねてより東京湾で何か遊べないかな・・・と考えて、暇なときにネットで調べていました。某氏がブログで書いているように、決して最近調べたことではありませんので、この場を借りて言っておきましょう(苦笑)

ハナシを本題に戻すと、調べる中でレストランクルーズなどの豪華船?は多く就航していることが分かったのですが、意外にクルーザーを気軽にチャーターできるところはありませんでした。確かに結婚式やパーティーなどを目的としたチャータークルーズはあるのですが、そのクルーザーはデカい上に、相当な金額ですし、豪華なフランス料理をわざわざ船の上で食べてもなぁ・・・とアキラメかけたときに見つけたのが、マリーナリトルオーシャンという船舶免許の教習所でした。
ここは、新中川という江戸川と荒川のちょうど中間を流れる旧江戸川の支流に面した学校で、本業は船舶免許の教習なのですが、開いている時間にチャーター・クルーズをやっているところです。
従って、チャーター・クルーズが本業ではありませんので、比較的自由にコースや時間を選べるのが特徴で、一度は試してみようと思っていたのですが、なかなか機会がありませんでした。

今回、オーナーズクラブの仲間に声をかけてようやく実現したのですが、そこにやってきた仲間のクルマは奇しくも全員がオープンでした。アルファ164のオーナーズクラブにも係らずアルファ164が一台もいない…というのはご愛嬌ですが、3台もオープンが並ぶと壮観です。

DSC02223.jpg

それにしても、私の仲間は地図を見るのが本当にヘタで、集合場所を案内してもまず絶対と言っても良いほど見てはくれません。適当に近くまで来ると携帯電話に電話がかかってきて道案内をさせられるのが常なので、今回も覚悟をしていたのですが、やはり案の定、二人からちゃんと電話がかかって来ました。こちらも走っているのですから、道案内はムリです・・・(泣)

それでも、何とか集合し桟橋に降りていくと、そこに用意されていたボートはポーナム26という26フィートのクルーザー(モーターボート?)でした。

DSC02225.jpg

このポーナムというボートはナンと、トヨタ製でアルミ製のハルを持つこのクラスのボートの中ではトップクラスの性能を持ったものです。エンジンは185hpを発生し、二重反転スクリューで前進、後進を切り替えています。最大速度は60km/hということですので、水上だと結構な速度感があるハズです。

DSC02226.jpg

コクピットはキャビン内にあるタイプで、普通クルーザーと言えばキャビンの上にフライブリッジと呼ばれるコクピットがあるものを思い浮かべるのですが、それに比べると質素な印象です。それでもキャビン内はエアコンやトイレも完備されており、ある程度の遠距離クルージングにも充分対応できる装備を持っています。

DSC02228.jpg

いよいよ乗船し出航となりました。マリーナから新中川を下り東京湾を目指したのですが、水面から橋までの高さが低く、橋をくぐるのも結構スリルがあります。高さのあるクルーザーだと満潮時には通過できないこともあるそうで、どうりで川岸の係留所にはヨットの姿はありませんでした。

DSC02229.jpg

何箇所かの水門を通過すると、いよいよ東京湾の入り口です。さすがキャプテンは船舶教習の教官だけあって操船マナーが素晴らしく、川岸に船が係留されている場所を通る際には、ウェーキ(曳き波)で、係留されている船を揺らして傷つけないように徐行していましたが、それ以外の場所では185hpにモノを言わせて(笑)、結構なスピードを出してくれました。

DSC02230.jpg

河口まで下ると、左手は千葉県で浦安のディズニーランドです。新しくオープンしたホテルも間近に見ることができます。

DSC02232.jpg

そして葛西臨海公園を右手に見ながら、東京湾に入って行きます。目指すは月並みですがお台場の海浜公園沖です。
ところが週末と言うこともあり、周囲は屋形船が多く、すでに船内はカラオケで盛り上がっています。

DSC02233.jpg

そんな屋形船をスキあらば追い抜き、航行しているとレインボーブリッジが見えて来ました。夕日はちょうど沈みかけるころで、時間的にも最高のシチュエーションです。

DSC02234.jpg

ところが、目指すお台場はトンデモないことになっていました。海浜公園のある場所に入るには中央に水路が仕切られており、そこから左右に分かれて停泊するのですが、そこはカラオケで盛り上がる屋形船の集団に占拠されており、その騒音と船から臭ってくる天ぷら油の臭いで、景色どころではない状態だったのです。

DSC02236.jpg
DSC02237.jpg
DSC02238.jpg

下の写真は陸側から別の日に撮影したものですが、当日の屋形船の数はこんなものではなく、場所によっては船も廻せないほど密集していました。

DSC02191.jpg

仕方なく、それでもあまり船の多くない右側(日航ホテル側)に停泊し、私たちも船上パーティを開くことにしました。今回は3組のカップルでチャーターしたのですが、飲み物係り、食事係り、デザート係りと3組がそれぞれ分担することにしました。私たちは飲み物係りだったので、楽をさせてもらいましたが、食べ物係りはなかなか豪勢な料理を持ってきてくれました。後部デッキのエンジンハッチの上がテーブルとなり、シャンパンを抜いて私たちもパーティを始めたのですが、周囲が暗くなってくると意外に屋形船も気にならず、自分達の世界に浸ることができました(苦笑)

DSC02239.jpg

さらにデザート係りの用意してくれたデザートにはビックリしました。それはその場で作るフルーツポンチで、何かキャビンでゴソゴソやってるなと思ったら、これを作っていたんですね。
キャプテンもフルーツポンチが出てきたのは初めてだ・・・と驚いていましたが、何かサプライズを用意してくれるそのアイディアには脱帽です。
それにしても、そんな配慮も会話も含めて、今回の参加メンバーは本当に気の置けない仲間です。

DSC02241.jpg

さて、お腹もお酒も充分回ったところで、お台場を後にして目指したのはディズニーランド沖でした。
今回のナイトクルージングのきっかけであった、ディズニーランドの花火を海側からタダで(笑)見ようという目論見のためだったのですが、その打ち上げ時間が迫る中、船はその快速ぶりを発揮し、打ち上げ時間前にはちゃんと最高の場所にスタンバイすることができました。

DSC02245.jpg

ところが、何かレーザー光線で盛り上がっている様子は窺えるのですが、待てど暮らせど花火は上がりません。ようやく数発上がったかと思ったのもつかの間で、その数発の花火以降はナニゴトもなく時間だけが過ぎて行くのです。
キャプテンに聞いてみても、「こんなもんじゃない」と言いますし、可能な限りネバったのですが帰りの時間が遅くなってしまうこともあって、今回はアキラメることにしました。最後は華々しく花火で締めくくりたかったのですが、本当に残念でした。

しかし、心配していた船酔いを誰もせず、落水事故もなく楽しく乗ることができたので、この企画はさらにパワーアップして次回を考えることにしましょう。

それにしても、意外にリーズナブルな金額でちょっとリッチな気分?で楽しめるイベントでした。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:ドライブ - ジャンル:車・バイク

コメント

なんか・・・

楽しそうですねぇ・・・
いいなぁ・・・
510さんのブログも随分変化しつつありますねぇ(笑)

>変化しつつありますねぇ
きっと916が壊れないからですよ(ボソっ)

  • 2008/07/22(火) 22:50:50 |
  • URL |
  • IKEA #-
  • [ 編集]

>こ~んずさん
「変わらないために変わる」
イタ車の地獄を味わいつくすためのつかの間の休息だと思ってください(爆)

>IKEAさん
そんなにヒトの不幸を願っちゃいけませんよ~(笑)

クルージングパーティ、いいですねー
自分も記事にある「屋形船」を二回ほど利用したことがあります。
やはり皆お台場沖へ行くのですね。。
でもメンバーの方々が場面ごとの愉しみ方を熟知されていて
すごく安心感がありますね。
船を使ったオフも良さそうに感じました。
参考にしたいと思います。

  • 2008/07/23(水) 00:03:11 |
  • URL |
  • chifurinn #LxiH5TNE
  • [ 編集]

>chifurinnさん
このメンバーのスゴいところはどんなシチュエーションでもちゃんと楽しむところだと思います。そのための準備は怠らないのは感心しますね。

ありがとうございました。

いつもながらお世話になりました。
この企画、当初思っていたよりもずっと良かったし楽しかったのでクセになりそうです。
チャーターであの料金というのも半信半疑でしたが十分に満足でした。
気の合う仲間とこうゆう遊びをすると純粋に楽しめてイイですネ!
毎度ながらとりまとめありがとうございます。
すでに我家では次回も期待しちゃっております。

  • 2008/07/23(水) 11:41:31 |
  • URL |
  • 笹本隆太郎 #-
  • [ 編集]

>笹本さん
楽しんでいただけたようで良かったです。
他のヒトから見ると贅沢に見えるのでしょうが、実際は一度飲みに行く程度の費用なんですよね。
機会があればまたやりましょう。

セレブ?なブログにもだんだん免疫ができてきました(笑)
これもアルファ・ロメオの楽しみ方のひとつなんですね。

  • 2008/07/23(水) 19:28:13 |
  • URL |
  • きゃつお #-
  • [ 編集]

>きゃつおさん
ご自身で書いていらっしゃったでしょう。アルファ・ロメオは人生を楽しむクルマですよ(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/472-81fc3d08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。