走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

115Spiderの部品調達

またヒトのクルマのネタですが、自分のクルマがナニゴトもないので仕方ありません(苦笑)
今年になって彼女のSpiderの足回りをKONIに交換したのですが、そのSpiderに試乗した赤スパのオーナーから「同じ足回りにしたい」とのリクエストがありました。
確かにしなやかになった足回りと、彼のSpiderの草臥れたノーマルの足回りは格段に違うと言えますが、それは比較してのハナシで、単独で見たときには必要にして充分とも思えます。
こういった旧いクルマを持つと、メンテナンスとリフレッシュの方針を立てる際には絶対評価と相対比較を使い分ける必要があると思います。すなわち、新車と比べる方法がないのですから、絶対評価により自分の個体がクルマとしてどうか?という判断と、相対比較により仲間の同型車と乗り比べてどうか?という二種類の判断によりメンテナンスやリフレッシュを行う必要があるのです。

それまでの彼は自分のSpiderの足回りにそれほど不満があったワケではなかったのですが、実際に乗り比べることにより、「これは何とかしたい」と思ったようです。そういった意味では試乗したのは「罪つくり」だったのかも知れません(苦笑)
一概に足回りのリフレッシュと言っても、単にショックアブソーバーやコイルスプリングを交換して終わりということではありません。スタビライザーやスイングアームなどのブッシュを始め、「乗り味」に影響を与える部品は数多くあります。まずは主治医の工場に入庫して、何を交換すべきかをチェックしてもらうことから作業は始まりました。

点検の結果、今回ショックアブソーバーの交換に併せて交換すべき部品は・・・、
●左右のスイングアーム

スイングアーム

●フロントのAアームブッシュとカバー

Aアームブッシュ

●スタビライザーのリンクとブッシュ

スタビリンク

ということになりました。ショックの交換に併せてこれらの部品を交換してやることにより、新品のショックがちゃんとシゴトをしてくれるようになるのです。

部品の抽出が終われば、次に部品の手配となるのですが、今回もアメリカのAlfissimo Internationalにお願いすることにしました。以前は様々な業者に問い合わせをしたり、実際に購入してみたりしたのですが、最近はInternational Auto Partsとの2社が殆どとなってしまいました。
以前にも書きましたが、International Auto Parts(IAP)はシステマチックにHPからオーダーを受け付けてくれ、しかも即日発送してくれますので、ともすれば日本の業者よりも早く到着することがある位なのですが、バックオーダーは受け付けてくれず、欠品の場合はオーダーできなかったり、送料が割高だったりしますので、よほど緊急の場合以外は使わないようにしています。

一方のAlfissimo Internationalはミスもやらかしてくれますが、在庫の無い部品はヨーロッパで探してくれたり、中古部品を当たってくれたりと、より人間的な応対をしてくれます。
私との付き合いは、社長のJason Minosが会社を設立してすぐ始まったのですが、しかし、このような取引ができるようになったのは最近のことで、最初はお互いに試行錯誤の連続でした。
それは英語でのやり取り・・・という問題ではなく、商習慣の違いであったり、個人オーダーではなくグループオーダーであることによる問題などで、問題が起こるたびに気長にお互いが話し合って解決し、現在に至っています。実を言うと、一度大喧嘩になりもう二度とオーダーはしない!というところまで発展したこともありましたが、それも今となってはお互いの笑い話になっています。

私たちが工夫の末に合意したやり方は、まずオーダーする場合は以下のようなフォームを私が作成してAlfissimoにメールし、在庫照会をしてもらいます。このフォームには部品番号や部品名称に加えて、装着するクルマの型式や年式も記入してありますので、仮に部品番号が間違っていたりした場合は、Alfissimo側でもチェックしてくれています。また、欠品の場合でも車両情報をもとに他のクルマ用の適合部品を探してもらうにも役立っています。

Preorder.jpg

そして、価格や納期などの情報が入力された後にこのフォームは私のもとに帰ってきます。私は、オーダーしたメンバーにこの情報を伝えてオーダーの了承を得た後に、正式なオーダーフォームとして再び、Alfissimo宛にこのフォームを送信することによりオーダー完了となります。

出荷された際には、運送業者のHPからその荷物が現在どこにあるかが追えるように、トラッキングナンバーがAlfissimoから通知されます。併せてInvoiceと呼ばれる正式な出荷内容通知書が送られてきて取引は終了です。私は荷物が到着する前に、このInvoiceとオーダーフォームを比較して、出荷モレがないかどうか確認し、荷物が到着した際には現物を確認し、メンバーが指定した場所に其々荷物を発送して終わりというワケです。
Alfissimoが全ての顧客に対してこのやり方でオーダー受付から発送をしているかどうかは分かりませんが、過去に問題が発生する毎に、時には喧嘩をしながら改良して現在に至っているのがこのやり方ですので、現在のところ少なくとも私たちの間ではこのオーダーシステム的な問題に起因するミスは発生しなくなりました。

代金はこのオーダーフォームを元に為替レートを掛けて日本円で計算します。送料と関税は購入した部品の金額に応じて按分して計算していますので、重くて大きくて安いものを頼んだメンバーは少し得?をすることになりますが、殆どの部品がリーズナブルな送料だと思います。
私は「海外輸入地下組織」と呼んで、オーナーズクラブ内でこのシステムを運用しているのですが、何故、自分の部品でもないものをこうした手間をかけてオーダーしているのかと言うと、やはり「好きだから」としか言いようがありません(笑)。それでも日本で欠品と言われ、イタリア本国でもバックオーダーと言われた部品が格安で見つかったりすると、自分の事のように嬉しいものです。

さて、今回も複数のメンバーの相乗りオーダーとなりましたが、無事に全ての部品が手に入ることを祈るばかりです。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:アルファロメオ - ジャンル:車・バイク

コメント

素晴らしい!!

さすがは510さん、だてに長年密輸してませんね(爆)
相手組織をも手の内に入れてしまうその極悪ぶりには本当に頭が下がります(核爆)

冗談?はともかく、こういう事を平然とやってしまうのって実は凄い事なんですよね。

>こ~んずさん
ネットで処理されて在庫を見て出荷される部品ばかりならば、ト○タ共販のような部品問屋と取引していれば問題ないのですが、164を始めとするちょっと旧いアルファ・ロメオとなると、アノ手コノ手で世界中で部品を探さなければならないんです。
個人の客なら「ない!」で終わりでも、こうやってグループで大きなオーダーをしているから、一生懸命探してくれるんですね。相手も商売ですから損してまではやってくれませんが、ちゃんと動機を与えてやれば一生懸命やるのは万国共通じゃないでしょうか。

510さん、こんばんは。
パーツ調達では何時も大変お世話になっております。
御苦労をお掛けしているのは承知しているつもりだったのですが、想像以上なんですね。
510さん多分“好きでやってる・・・”って言うと思いますけど本当、頭下がります。ここのところウチの164は整備サボっちゃってるので今回お願いする物ありませんが、また近々世話になると思いますので宜しくお願いします。

  • 2008/07/11(金) 23:51:42 |
  • URL |
  • JOE #-
  • [ 編集]

どうもです。

先ほどは四谷界隈でシルバーのナニゴトもないクルマに出会ってしまい、こっちがびっくりしました。
確かに今までは自分のSpiderの足回りにそれほど不満があったワケではなかったかも知れませんが、試乗してしまうと違いに歴然としますよね~。まったく「罪つくり」してくれたものです(笑)
また、リフレッシュしたら試乗記でも書いてください。

  • 2008/07/12(土) 04:10:18 |
  • URL |
  • ryuta #/Cc3pzXQ
  • [ 編集]

510さんのブログを見てると164も夢じゃないような気がしてきます。
でも、先ずは156でいろいろ勉強します。大嫌いな英語も少しは勉強しないといけないのでしょうか・・・。

  • 2008/07/12(土) 04:27:49 |
  • URL |
  • きゃつお #-
  • [ 編集]

いつも大変お世話になっております。
頼むばかりで、申し訳ないなーって思っていましたが、やはり裏にはこんあ御苦労があったんですね。
510さんが164OCに居る限り、がんばって維持していきます!!
今後とも宜しくお願いしマース(^^)/

  • 2008/07/12(土) 07:17:15 |
  • URL |
  • おてつ #-
  • [ 編集]

すみません

重くて大きくて安いものを頼んでしまいました m(_ _)m

  • 2008/07/12(土) 09:27:24 |
  • URL |
  • シケイン #YjiHo8TE
  • [ 編集]

よくこの車の分解図面が掲載されていますがねこれって売っているのですか?
906の奴の日本語版が欲しいなぁと思って。

  • 2008/07/12(土) 17:27:52 |
  • URL |
  • ESタケ #DdMDrPns
  • [ 編集]

>ryutaさん
カラカラとマフラーから音を出しながら走っているSpiderは目立ちますね(笑)
足回りのリフレッシュの模様は当然詳細にレポートしますのでお楽しみに・・・。

>きゃつおさん
164の前期までは北米でも販売してましたから部品は豊富にあるんですよ。156はまだFAJからちゃんと入手できるからご心配なく!

>おてつさん
お役に立てて嬉しいです。私は降りてしまいましたが、頑張って維持してくださいね。微力ながらお手伝いしますよ。

>しけいんさん
HNに笑ってしまいました。
大丈夫ですよ。逆に小さくて軽いくせに高いものを頼んだヒトもいますから・・・(笑)

>ESタケさん
これはePERという部品検索ソフトからの画像です。ヤフオクなどでコピー版を売ってますので入手できますよ。これがないと地下組織は崩壊です(苦笑)

>JOEさん
安心してください。
「好きでやってる」んでイヤになったことはないですよ。
JOEさんを始め、皆さんがちゃんとわかってくれているから出来るんで、「やってもらって当たり前」というヒトにはやりません(笑)
だからクラブメンバー全員に対してではなく、地下組織の構成員という名目で、そういう良識あるヒトのみを対象としているんです。

115も国内欠品が結構あるそうですが、このようなツテがないと維持できなくなってきてるんでしょうね。
さらりと「好きでやってる」とはいっても、平然とできる人は少ないですよ。

  • 2008/07/13(日) 20:31:42 |
  • URL |
  • IKEA #-
  • [ 編集]

>IKEAさん
確かに修理工場はどんなに手間がかかっても部品代にその手間賃を上乗せすることはできませんから、結局FAJ経由で調達できなければ「部品がない」という返事になってしまいますね。部品持込を断られ、部品もないと言われると、そのクルマを手放さざるを得なくなるのも仕方ないと思います。
同じ趣味の仲間として少しでも役に立てればと思って始めたことですが、どんどんその必要性は高まっているように思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/468-a1dacc35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。