走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Discover Alfa155 ~番外編~

先日アルファ155について書いたところ多くの方から反響を頂きました。やはりまだ中古車でも現役のアルファ・ロメオに関しては関心が高いようで、私のように新車で買った方は「懐かしい」と思い、これからアルファ・ロメオを買おうか・・・と考えている方にとっては選択肢の一つとして興味があるのでしょう。
本日は、そんな皆さんに発売当初のアルファ155Twin Sparkのカタログをご紹介したいと思います。
考えてみればカタログというものは、新車で売っていた時期しか手に入れることはできず、販売終了と共にディーラーではゴミとして処分され、オーナーも買う前には穴が開くほど読むにもかかわらず、いざ納車になってしまえば見向きもされない・・・という運命で、中古車で購入した方にはカタログなど見たこともないのが現状でしょう。
しかも、アルファ・ロメオに限って言えば、モデル発表時のカタログは力が入っているのですが、発売後のマイナーチェンジ時や限定車などのカタログは一気に手を抜かれてしまうようです。
ご紹介するカタログは新しいアルファ155の第1版で、内容もゴージャスな作りとなっています。特に見開き部をさらに1枚折り込み、開けば3面使いで表現されていたりと、従来のカタログにない手の込んだ編集がされているのが特徴です。

ALFA155TS表1表2

ALFA155-P1.jpg

カタログの楽しみ方の一つは、そのクルマが新車のときにどんな売り方をしたかったのか?が分かることです。アルファ155の場合は、それまでの独自設計のアルファ・ロメオからフィアットのTipoシャーシーを共用するモデルとして生まれ変わったために、一生懸命アルファ・ロメオのスピリットをコピーで表現しようとしています。

ALFA155TSP1.jpg

ALFA155TSP2.jpg

エンジンに関しては、この当時はまだ先代のアルファ75と同じ、8VのTwin Sparkエンジンでした。表現を変えれば、エンジンだけはアルファ・ロメオ純血のものだと言えますが、一方でいくら近代化したとは言え、ジュリアから連綿と作り続けられた旧いエンジンとも言えます。ですので、当然のことながらフォーカスはTwin Sparkシステムに当てられ、その独創性をアピールしています。

ALFA155TSP3.jpg

ALFA155TSP4.jpg

足回りはマクファーソンストラットにトレーリンクアームという特段に珍しいシステムではありません。むしろ先代のアルファ75がド・ディオンアクスルにトランスアクスルという凝ったレイアウトだったことに比べると、凡庸な・・・と言っても良いでしょう。それでも一生懸命優れた走行性能をアピールしようとしているのですが、むしろアルファ・ロメオ伝統のサスペンスション・チューニングが残されていることをアピールしたほうが良かったと思います。

ALFA155-P5.jpg

わざわざ1ページを割いて5速ミッションと4輪ディスクブレーキについて説明していますが、1960年代のクルマならいざ知らず、どーなのよ?と思ってしまいますが、これほどマジメに語られるともはや素直に聞くしかありません。

ALFA155TSP6.jpg

デザインに関しては、Cd値0.30を誇らしげに謳っています。確かに現在の目で見ても優れたデザインだとは思いますが、当時は不評であったのはその個性の薄いデザインによるものであったことを思えば、もう少し突っ込んだデザイン論を展開していても良かったのではと思います。

ALFA155TSP7.jpg

突っ込みどころ満載のカタログですが、当時のアルファ・ロメオの必死さが伝わって来ます。次回もこのカタログの続きをご紹介したいと思いますのでお楽しみに。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:アルファロメオ - ジャンル:車・バイク

コメント

ちょっと、ほっとしました。
あまりにスタイリッシュになってしまうと自分には敷居が高いもので(汗)
155にはお金じゃ味わえない泥臭さみたいな魅力を感じます。地獄の臭いなのかもしれませんが・・・。

  • 2008/07/02(水) 06:57:08 |
  • URL |
  • きゃつお #-
  • [ 編集]

>きゃつおさん
今になって見るとアルファ・ロメオの歴史の中で、156に至るまでの通過点が155なのではと思います。エンジニアリング的には関係はないのですが、155がなければ156は有り得なかったのではないでしょうか。

このカタログのドイツ語版持っていますよ。確か2.0TSと2.5V6の両方乗っていたヤツだったと思います。
この頃のアルファって資料が多いですよね? DTMのニュースとか毎月出ていたような記憶があります。

>もりおかさん
日本でも大沢、コーンズと販売店も熱心でしたね。というよりアルファ・ロメオを売れる喜びに溢れていたような気がします。

カタログって

時間が経つと貴重になりますよね。
私はプジョーばかり持っています(笑)

で、155のカタログ。
ちょーだい(爆)

>こ~んずさん
資料的価値はあると思うのですが、それでも結構邪険に扱われてますよね。
私も結構アルファ・ロメオ関係のものは持っていますが、シャレでもらった国産車のものは捨ててしまってます(苦笑)
で、本題ですが・・・
「ア・ゲ・ナ・イッ!」

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/463-f569f321
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。