走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Discover Alfa155 ~その参~

現在、アルファ155を中古で購入する場合は、何に気をつけてどのように初期化すれば良いのでしょうか。
まずはアルファ155のベスト・バイですが、バリモノの初期型のナローボディの8Vモデルがあれば絶対に「買い」なのですが、それは現実的には「ないものねだり」でしょう(苦笑)。
それでは現実的なベスト・バイは・・・と言うと、V6モデルだと思います。理由は、このアルファ・ロメオの名機V6エンジンをこのお値段で味わえるのはアルファ155しかないからです。

アルファ6(セイ)に初めて搭載されたこのV6エンジンは「世界一官能的なV6エンジン」と言われ、日産のVQエンジンのお手本になったりと、今尚、絶大なファンの多いエンジンです。
現在市販されているアルファ・ロメオではアルファGTに搭載されているのみですが、これも製造終了となりアルファ・ロメオのオリジナルエンジンは一旦はこの世から消えることになります。
しかもヘッドが24V化された現行のV6エンジンは、回転フィールがマイルドになったものの、その本来の官能性は薄れたと言われ、やはり本来のSOHCヘッドのV6エンジンが一番だと言われています。

155-4.jpg

そのSOHCのV6エンジンが搭載されたモデルを現実的に中古車で買うとなると、アルファ164、アルファGTV、そしてアルファ155となるのですが、その中にあってタマ数や価格を考えると、アルファ155がその選択肢の最右翼に来るのではないでしょうか。
従って、V6搭載のアルファ155を購入したならば、真っ先にこのV6エンジンの初期化を行う必要があります。何せエンジンを買ったのですから、それがマトモでなければ買う意味がありません(笑)
オーバーホールとまでは言いませんが、少なくとも誰がなんと言おうが、タイベルを始めとするベルト類は全て交換し、テンショナーやプーリーも交換しておくべきです。また、出来ればエンジンマウントも交換しておけば、随分と見違えるようになるでしょう。そして交換は経験のある工場で、SSTを用いてサービスマニュアルに記載された規定値で張り替えてもらってください。適当な作業や経験値での作業をする工場は決して信用してはいけません。

このV6エンジンそのものは基本的には丈夫なエンジンですが、前オーナーがちゃんと高回転まで回していなければ、タペット音が酷い場合があります。シム調整でこれを修正することは可能ですが、そうすると回転フィールが悪くなってしまいます。あまり酷い音がする個体は避けたほうが良いでしょう。
そして購入したならば、少なくとも週に1回程度は高回転まで回して走ってください。そうすればタペット音の発生を予防することができます。オイルは走行5000km毎に交換し、交換2回毎にフィルターも交換してください。これだけで世界一の官能を味わうことができるはずです。

DSC00681.jpg

バッテリーはエンジンルーム内に置かれているのですが、このV6エンジンは熱の発生が大きいので、すぐにダウンしてしまいます。もし可能であればトランクルームに移設した方が良いでしょう。

次にシャーシー周りのリフレッシュですが、その基本方針は2方向あります。
まずは、本来のアルファ・ロメオの味付けに戻すやり方です。タイヤは純正オプションであった16inchから15inchに戻し、タイヤもショルダーの柔らかいものに交換します。ボディは相当苛められてユルくなっているはずですから、ヘタったダンパーは敢えてそのままにするか、社外品でも柔らかいダンパーに交換してください。タイヤをインチダウンするだけでボディの補強をしなくても随分と乗り味が変わると思います。

次にスポルティーバパッケージを尊重するリフレッシュですが、これは私自身が悪戦苦闘しました。
まずは緩くなったボディですが、残念ながらこればかりは何とか補強するしかありません。私の場合はストラットタワー・バーを装着しましたが、ロワ・バーと呼ばれるエンジン下のフレームを補強するものも効果絶大と聞いています。さらにトランクルームが使いにくくなってしまいますが、リアの補強も効果があるでしょう。さらに以前はセンター・バーという後部座席の足元に補強材を入れるものも売っていましたが、さすがにこの全部を補強するのはやり過ぎでしょう。ただ所謂、「突っ張り棒」を入れるのですから、クラッシュした際にそれが軽微であったとしても確実にフレームが曲がってしまいますので、その覚悟の上にリフレッシュしてください。
次にダンパーですが、純正品に交換するか、多少でも柔らかいものに交換してください。その際にはマウント類も交換です。思った以上にショックによるダメージが来ていますので、このマウントを交換するだけでも随分と当たりが柔らかくなると思います。
タイヤは純正装着のものはとっくに交換されているとは思いますが、同じく45扁平のものであっても少しでも柔らかいタイヤにしてください。私の場合はPIRELLI P-ZEROに交換しましたが、実際に随分と良くなりました。

155-2.jpg

マフラーはアルファ・ロメオの弱点の一つで、純正装着品は錆に弱く私も交換してしまいました。当時はDTMタイプのカットオフタイプが流行していましたので、私もついつい格好に魅かれて交換しましたが、これは好みの問題ですし、現在は随分と選択肢が減ってしまいましたが、ワンオフでも作ってもらえると思いますので、お好みで交換すれば良いでしょう。

DSC00691.jpg

155-3.jpg

中古のアルファ155は、そのV6エンジンを楽しむ方向でリフレッシュすれば、唯一無二のアルファ・ロメオとして現在でも充分楽しめるクルマだと思います。
従って、予算に限りがあるのであれば、まずはエンジンに全力を注いでください。このエンジンはその価値があります。
そしてこれ以上ボディを苛めないように対策を施しておけば、アルファ155はまだまだ楽しめるアルファ・ロメオだと思います。

今回写真でご紹介したブラックのアルファ155は昨年、ALFA DEPOTに入荷したものですが、それは奇跡と言ってよい個体で、ナンと走行12,000kmと慣らし運転が終わっただけのものでした。

DSC00685.jpg

オーディオも当時の純正装着品のままで、懐かしく思い出してしまいました。

DSC00687.jpg

ALFA DEPOTの坂野社長は一体どこからこんなバリモノを仕入れてくるのでしょうか?
それほどまでに、この個体は素晴らしいコンディションでした。しかし、ここまで行かずとも、まだまだリフレッシュを前提とすれば賞味期限内の個体は出てきますし、車両価格も底値と言って良い状態です。
中古車でのアルファ155は、ツボを押えたリフレッシュをすれば意外に「買い物」ではないでしょうか。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:アルファロメオ - ジャンル:車・バイク

コメント

155V6

確かに安いですよね、私も欲しいくらいです(笑)
あのエンジン、いいんだよなぁ・・・

>こ~んずさん
エンジン単体だと100万はしますから、エンジンを買ったらボディがオマケに付いてきたと思えば爆安でしょうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2008/06/03(火) 20:08:13 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

おぉ

今写真見て気が付きました!
155のスクデットってボディ側に残るんですね!
164も156もボンネット側なのに!!

  • 2008/06/03(火) 23:12:58 |
  • URL |
  • もりおか #-
  • [ 編集]

>もりおかさん
ヲタクですねぇ(爆)
確かに言われるまで気にしてませんでしたが、確かに155だけはボディ側でした。

僕は164QVを探している間、何度も「155もいいかな?」と目移りしそうになりました。
それは8Vのナローではなく、スポルティーバでした。
素性は原点ともいうべき8Vが本来の「らしさ」があるとわかっていても背の高いボディーに小足な感じは僕的にはNGで、やはりDTMのイメージに近いワイドボディーに魅かれます。
75しかり、155しかり、当時のベルリーナは追求して捕らえるとすばらしいのですが、わかる人にしかわからないデザインのクセが強くて当時は僕もこれらのクルマをわざわざ選ぶ人は変わり者に見えました。
その結果が164に逝った次第で、正直いうとわざわざQVを選んだのもその腰下のエアロのカッコよさから入り、乗って初めてこの官能的なV6のすばらしさを知りました。
しかし一度オーナーになるとこのV6しかり、アクの強いデザインしかり、古ければ古いモデルほどアルファロメオは奥が深く魅力に溢れ、理屈などどうでもよくなってあのバッジがついているだけで自己満足できる不思議な魔力のあるクルマですね!
現にそれ以来、僕も何度も乗替えはしてきてますが今のQ4まで、手元に必ず1台はアルファがいました。
また、出た当初は「なんじゃこりゃ?」と首をかしげていたブレラなども最近街でよく見かけるようになるにつれ、すごくカッコよく見えてきました。

ところで↑スクデットって何ですか?

  • 2008/06/04(水) 12:44:51 |
  • URL |
  • 笹本隆太郎 #-
  • [ 編集]

>>5103
ヲタクにヲタクって言われたくありません! (笑)

>>笹本さん
スクデットっていうのはアルファの頭に付いている「盾」です。

>笹本さん
何を隠そう・・・私もそうです。スポルティーバの外観は格好良かったです(笑)。
そして飽きるのも速かったような気がします(苦笑)
アルファ164Q4に8年乗り続けたのも、その外観もさることながら乗り味に参ってしまったからですね。「美人は三日見たら飽きるけど・・・」の喩えはクルマの乗り味や外観にも通じるのかも知れませんね。

>もりおかさん
私なんか足許にも及びませんよ~(笑)

う~ん。
なんだか155欲しくなってきました。(笑)

  • 2008/06/04(水) 21:11:46 |
  • URL |
  • ぱおぱお #ma6QW5LA
  • [ 編集]

>ぱおぱおさん
アルファ155V6と916Spider2.0TSは良い組み合わせだと思いますよ~(笑)

私のような

凡人には入っていけない話になってきましたね!(笑)

>凡人には入っていけない話

意味が分かりません(爆)

155の3部作、楽しく読ませて頂きました。
510さんのベストバイはV6ですか。僕は156を購入する時、ナローの8VモデルとV6モデルも候補だったんですね。1台、8Vの極上が売り物に出てかなり触手が動いたのですが、何故か見送ってしまいました。いつか記事に書いた事もあるのですが最終型のV6も考えたのですが、やはり価格などで最終的に156に決定しました。
きっと155には縁がなかったのだと思います。
電装の弱さなどを考えれば常識的な選択だった気もしますがあのSOHCならではのV6ユニットの官能性を味わっておくのも良かったかなと思います。まぁ、24VのV6ユニットでも相当に官能的なのですが(笑)

  • 2008/06/05(木) 21:06:05 |
  • URL |
  • IKEA #-
  • [ 編集]

師匠、やっとクルマが決まりました。予定外の黒でしたが、コンディションを優先してしまいました。もう土曜日の初対面が待ちきれません。皆さん、このドキドキを経験されたんですね!

  • 2008/06/05(木) 21:11:17 |
  • URL |
  • きゃつお #-
  • [ 編集]

>IKEAさん
156は良い選択だったと思いますよ。156のお値段が手頃になってきた現在は、155の2.0TS16Vモデルを積極的に選ぶ理由はないと思いますね。だとしたら、155を買うのであれば初期の8VかV6モデルというのが順当なところでしょう。確かに電気系が・・・と言われますが、その殆どがテスターとイグザミナーで発見できます(昔のモデルは無理)から、地獄巡りをせずに済みますよ(笑)

>きゃつおさん
おめでとうございます。156の黒もなかなかシブいと思いますよ。軽い不条理の世界を覗き見る程度でしょうが、それでもカルチャーショックはあると思います。どうぞお楽しみに・・・(笑)

>156は良い選択
そう言ってもらえるとホッとしますね(笑)
正直、155の選択として純潔Alfa Romeo製エンジンを積む8VナローかV6しか今となっては選択する意味がないように思えます。
159ではGMのエンジンが悪いとは言いませんが、156のV6には一歩譲ると思いました。
あえてフロントヘビーと覚悟しての購入でしたが、結果的に飽きずに乗れると思っています。

>きゃつおさん
156ご購入おめでとうございます。
黒はカッコイイですね。僕は選択肢がなくベタなロッソになりましたが、希望色はシルバーかネロでした。

  • 2008/06/05(木) 22:58:55 |
  • URL |
  • IKEA #-
  • [ 編集]

>IKEAさん
アルファ・ロメオの良心的なトコロは絶対に「エンジンが勝った」クルマを作らないことだと思います。147GTAですら、ギリギリのところで踏みとどまっていると思いますね(苦笑)
ですので、156のV6もアルファ・ロメオらしさはちゃんと味わえると思いますよ~。

510さん、IKEAさん、ありがとうございます。IKEAさんの156を見てロッソを希望していたのですが、これもご縁かなと思い、黒の固体にしました。
皆さんのようにラテン系車をツガイで維持できるような根性はまだありませんが、これから皆さんのブログで勉強させていただきます。

  • 2008/06/07(土) 00:03:55 |
  • URL |
  • きゃつお #-
  • [ 編集]

>シシマル8さん
いつもご愛読いただきありがとうございます。
155ナロー8Vはいいですね。実用車として真っ当であることに加えて、アルファ・ロメオとしてちゃんと味がある良いクルマだと思いますよ。
「Q4揃い」も面白いと思いますので、是非逝っちゃってください(笑)

8Vですやはり

はじめまして。94yのTS 8Vに乗っています。もうすぐ11万kmです。
もうボディはみしみし言うてますが、乗り心地は未だそんなに酷くはないです。14インチタイヤのおかげ?

  • 2008/06/25(水) 21:34:57 |
  • URL |
  • たぶ #A9T..7Es
  • [ 編集]

>たぶさん
初めまして。ナローのアルファ155は良いですね。ボディはある程度補強できると思いますが、個人的にはユルいボディが好きです(笑)
14inchは堅持して、タイヤはショルダー部分がなるべく柔らかいものをチョイスされることをオススメします。末永く大切にしてくださいね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2013/12/22(日) 13:43:52 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/454-60fe6be1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。