走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALFA ROMEO DAYの天国と地獄

DSC02033.jpg

例年のALFA ROMEO DAYのレポートですと、ここで参加車両の中から気になったものをご紹介するのですが、今年は雨のためと分散駐車のためじっくりと車両を見ることができませんでした。
しかし、個人的な天国は事務局のT君が最近入手したJunior-Zを試乗することができたことです。
このJunior-Zに関しては、ALFA ROMEO Sport Collectionですでにご紹介しましたので、詳しくはそちらをお読みいただければと思いますが、彼のJunior-Zは1600で生産台数の少ない稀少モデルです。しかも彼が入手する前にレストアされており、さらに彼の注文で細部までコダワって仕上げただけあって素晴らしいコンディションの個体でした。

DSC02038.jpg

小雨の中を会場から蓼科グリーンバレーを往復するコースで試乗しただけですが、それでもそのコンディションを実感することができました。
エンジンの始動はイグニッションキーをONにし、しばらく電磁ポンプの「チチチ・・・」という音を聞いてからセルを回すことによって行います。このあたりは旧いキャブレター車に乗ったことがある方はご存知かと思いますが、ツインキャブでありながら全くむずかることなく、始動後もスムーズなアイドリングです。

DSC02039.jpg

ミッションは悪名高い?ジュリア系のものなのですが、ちゃんとオーバーホールしてあるミッションは決して1速に入りにくいということはなく、お約束の2速をなめてから1速に入れるという動作をしなくてもスムーズにシフトすることができます。ミッションそのものは現代のクルマのようにシンクロが強力ではありませんから、シフトはゆっくりと行う必要はありますが、ダブルクラッチを使う必要はありませんでした。これなら街乗りとして充分通用するでしょう。

DSC02035.jpg

エンジンは快調で豪快に噴け上がってくれます。オーバーホール後ということもあり、4000rpm程度までしか廻しませんでしたが、1600ccのエンジンはトルクも充分で、蓼科高原の登りをグイグイと加速して行きます。
ステアリングは中立付近に少しダルな部分があるものの、ノンアシストということもあり、ビビッドに反応してくれますので、ワインディングが楽しいクルマです。
Junior-ZはシャーシーやエンジンをGiulia Sprintと共用していますが、それに比べても全体的に軽い印象でした。それは単に車重が軽いという絶対的な「軽さ」だけでなく、エンジン、操作系の軽さからくる軽快感のある「軽さ」でした。
彼は良い買い物をしたと思います。

試乗から戻って少し業者の出店ブースを見て回っていると、会場アナウンスで1時間早く終了する旨の案内がありました。確かにこの天候では、私達のように雨をしのぐ場所のない参加者は厳しいだろうと思います。
そしてクルマを一旦動かすことになったのですが、そこで事件は起こりました。タープを張った場所から離れて駐めたR君のアルファ156に荷物を積むために、R君に近くまでクルマを持ってきてもらったのですが、そこは土手状になった道で、彼には道の端が良く見えなかったのです。退場するクルマがひとしきり出てしまい、見送りを終えたスタッフの皆さんが本部に戻る目の前で、彼のアルファ156は土手から前輪を踏み外し、大きく右に傾いて行きました。
私達は土手の下からその光景を見ていたのですが、スローモーションで傾いて行く彼のアルファ156を見てはいても、なすすべはありませんでした。

DSC02041.jpg

DSC02042.jpg

ところがサスガにスタッフの皆さんは動きが早く、すぐに総出で押し上げてくれたので、何とか事なきを得たのですが、そのまま転げ落ちていたら大惨事になっていただろうと思います。
幸いダメージも少なく、フロント下部のプラスチック製のルーバーが割れた程度だったのですが、彼にしてみれば災難だったでしょう。

例年は20km近い渋滞で、都内に帰るのは夜になってしまうのですが、帰路の中央道は奇跡的に渋滞もなく、あの悪名高い渋滞の名所である小仏トンネルもスムーズに抜けることができました。
天国と地獄を見た今年のALFA ROMEO DAYは、例年と違った意味で思い出に残るものとなりました。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

コメント

危なかったですねぇ

ひっくり返らなくて良かった!
シャレにならないですからね。
誘導したのは510さんじゃないんですか?『ぐひひひ、ネタネタ♪』とか言ってる姿が目に浮かびます
レ(゜∀゜;)ヘ=З=З=Зダッシュ!!

ところで

100000アクセスが近くなってきましたね!

そろそろ

出番かな?(笑)

  • 2008/05/17(土) 00:42:25 |
  • URL |
  • 潮来のFoxこと関根AG #-
  • [ 編集]

こ~んずさん
そこまで悪魔じゃないですよ。でも写真はちゃんと撮りましたけどね(笑)

  • 2008/05/17(土) 02:44:10 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

iーmaccoさん
確かに出番ですねぇ(笑)

  • 2008/05/17(土) 02:49:05 |
  • URL |
  • 510190 #-
  • [ 編集]

まったく、皆様総出で救出していただきましたが、ひとり510さんだけ何もしてくれないでニヤニヤしながら写真を撮っていました。この恨み一生忘れません(笑)

  • 2008/05/17(土) 07:09:44 |
  • URL |
  • ryuta #/Cc3pzXQ
  • [ 編集]

記録に残すのも重要な役割ですからねぇ(爆)
それにしても改めて写真を見るとアブナかったですね。

アルファデー、お疲れ様でした!
悪天候で災難でしたが、それなりにドラマがあったようですね。
悪天候だからこそ510サンが振舞った温かい食事もさらにありがたみが増したのではと思いました。
自分は今回GWの予定を優先したため参加いたしませんでしたが、
遠方から効率的に参加するための秘策を聞きましたので、来年は復活参加を検討したいところです。

  • 2008/05/18(日) 21:08:53 |
  • URL |
  • chifurinn #LxiH5TNE
  • [ 編集]

>chifurinnさん
毎年のメニューを楽しみにしていただける常連さん(笑)がいらっしゃるので、引っ込みがつかないんですよね。来年はラウンジ510に是非お越しくださいね。

行けなくて残念でしたが色々ありましたね?
ryutaくん、無事でよかった。
本当にコケ落ちたらシャレになりません。
秋の蓼科には絶対にいくぞ!
だから190さん、秋もミネストローネつくってください。
・・・とカミさんが申しております。

  • 2008/05/19(月) 11:12:50 |
  • URL |
  • 笹本隆太郎 #-
  • [ 編集]

>笹本さん
本当に残念でしたね・・・。というかやはりあの天候では不参加は正解だったかも知れません(苦笑)
女神湖は晴れると良いですね~。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/448-8f02ed34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。