走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腐ってもポルシェ

アルファ164OCメンバーが所有するポルシェ911は91年式のType964と呼ばれるカブリオレで、排気量3600ccのNA水平対向6気筒エンジンはリアアクスルの後部に置かれ(RR)、最高出力250hpを発生します。カブリオレであっても車重は1360kgと比較的軽い部類ですので、この馬力は必要以上のパワーだと言えるでしょう。

911kinta.jpg

ポルシェ911ほどクルマ好きにとって愛憎が入り乱れたクルマはないのではと思います。「ポルシェはどうも好きになれない」というヒトは多いのですが、では興味がないのか?というとむしろ興味津々で、そういうヒトほどポルシェについてはびっくりするほど良く知っています。
RR(リアエンジン・リアドライブ)という物理的はどう考えてもムリのあるレイアウトに固執し、熟成を重ねてきた頑固さと、自動車のレベルとしては格段の機械工作精度に支えられたポルシェはクルマ好きにとっては興味の対象として一度は乗ってみたいクルマなのではと思います。
今回の試乗車はメンテナンスが行き届いているとはいえ、製造から17年が経過したクルマですので必ずしもその印象が同年代のポルシェに共通しているワケではないと思いますが、正直乗ってみて意外なほどフツーのクルマでした。

Type964の外観は「ポルシェらしい」もので、おそらく万人が一目見てポルシェと分かるでしょう。ターボルックというリアフェンダーが大きく張り出したモデルもあるのですが、個人的にはナローと呼ばれるノーマルのボディのほうが好感が持てます。そして剛性感のカタマリと言われたそのボディですが、カブリオレということもあり少しユルく感じられました。もっとも奇しくも同じ年式の115Spiderと比べると、とんでもなくしっかりしていることは言うまでもありません(苦笑)。
シートポジションを合わせて走り出すと、意外なほどフラットトルクであることが分かります。6000rpm程度までなら何のストレスもなく吹け上がります。RRエンジンでドッカントルク(急激にトルク変動があること)だとホイルスピンをしたりステアリングが安定しなかったりするのですが、そんな下品な挙動は全くありません。乗り手を選ぶクルマという印象が先行していただけに、少しつまらないと思うほどでした。

最大の問題はブレーキで、踏力で止めるタイプのブレーキは力一杯踏まないと止まってくれません。
日常ブレーキが軽く、ストロークでブレーキの効き具合をコントロールするのに慣れていると、このポルシェのブレーキは最初大慌てするでしょう。しかし慣れてくると、足の裏の力の入れ具合でコントロールできるのは細かいブレーキングには有利なことが分かります。

ちょい乗りでしかありませんでしたので、高速域や限界領域での感想をお伝えすることはできませんが、17年前のポルシェは日常域では本当にフツーのクルマでした(笑)。
そしてそんなことを考えながら走っていると、しっかりミスコースをしてしまいました。というより最初から次の目的地を良く理解せずに走っていたのです。ところが私の後続のクルマは、皆私を信頼して着いてきています。どうもおかしい・・・と気づいて幹事さんに連絡して来た道を戻ることになったのですが、他の皆さんに迷惑をかけてしまいました。

164Katsunuma14.jpg

昼食場所に幹事さんが予約をしておいてくれたのは、マンズワインの勝沼ワイナリーで、ここでは工場見学とワインの試飲が「楽しめる」・・・ようです。と書いたのは、ミスコースのおかげで到着が遅れてしまい、気持ちは昼食に向かっていたからなのですが、それでもちゃんと予定通り工場見学が始まりました。

164Katsunuma13.jpg

ワイナリーに入ると最初は展示室になっており、ワイン醸造の歴史がお勉強できます。そして地下のワイン蔵に案内されるのですがそこは別世界で、オーク樽が並ぶ正統派のワイン蔵でした。そしていよいよ実際の工場へ・・・と思いきや、見学はここで終わり(苦笑)となりワインの試飲コーナーへと案内されました。

164Katsunuma10.jpg

残念ながらドライバーは試飲できないため、もっぱら同乗者が飲みまくり、男性陣はグレープジュースの試飲をするしかなかったのですが、ここで空腹はピークに達したため、試飲もそこそこに昼食のバーベキュー会場へと移動することとなりました。

164Katsunuma11.jpg

実は、アルファ164OCのイベントはこの食事も楽しみの一つです。気の置けない仲間であると同時に年齢も似通った同士であることから、会話が楽しく笑い声の絶えない食事です。
そしてイベントはまだまだ続きます。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

コメント

わぉ。!∑(゜∀゜)

レポート係のk〇buさんが帰国前にしっかりレポート出来てるじゃないですか(笑)
ワイナリー見学は僕も工場内のでかいタンクとかを見れるのかと思ったら調子外れ。失礼致しました。

それにしても164の集合写真・・・・
オイラのQVが写ってないし(悲)

  • 2008/03/13(木) 22:16:43 |
  • URL |
  • yossuie #qbIq4rIg
  • [ 編集]

>yossuieさん
名幹事お疲れ様でした。
公式レポートはkobuさんですからね(笑)

いいなぁ・・・2

楽しそうだなぁ・・・2

ポルシェのブレーキ好きです、もう最高に好きです(笑)

だから来ればよかったのに・・・2

なんかタイトルがすんなり受け入れられない(爆)
量産モデルは510さんの感想のとおり、普通に乗る分には期待ハズレなほど普通です。
ですが、これがRSなどの限定モデルとなると同じベースとは思えないほど激変します。
964の場合、車重で120kg+αとフライホイールの重さが10kg以上の差が一番わかりやすいですが、それ以外も色々違うし..。でも、高くて買えません(^^;

  • 2008/03/14(金) 12:24:44 |
  • URL |
  • kinta #-
  • [ 編集]

>kintaさん
失礼かな・・・と思ったのですが、アルファ・ロメオが腐ったら単なる鉄くずですので、17年経ったポルシェがこれだけポルシェらしいというのはスゴいことだと思うんですよね。

>yossuieさん
申し訳ないm(_ _)m
おもいっきりかぶっちゃってますね(汗)
でもあそこへ停めろって指示したのは510さん何ですよ~

  • 2008/03/14(金) 20:50:14 |
  • URL |
  • siiken #YjiHo8TE
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/423-41660216
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。