走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルファ164OC勝沼ツーリング

164Katsunuma17.jpg

先日のClub the Spiderの木更津ツーリングに続いて、今度はアルファ164OCの勝沼ツーリングに行ってきました。
Club the Spiderの和気藹々とした皆さんに対して、アルファ164OCの面々はその付き合いが長いこともあり、まるで親戚の集まりに来たような感覚です(笑)
お互いに冗談ともホンキともつかないような辛らつなことを言い合いながらも、気の置けない仲間との再会は本当に楽しいものです。

集合は午前9時半の関越道の嵐山PAということで、少しゆっくり目に都内を出発したのですが、天気にも恵まれたこともあり、関越道の下りは渋滞こそないものの交通量は多めでした。
観光バスやファミリーカーに紛れて、ランチア・ストラトスやらフェラーリF-50やらも目撃しましたので、こういったクルマ達もそろそろ冬眠から醒めて活動を始める季節になったのでしょう。

集合場所の嵐山PAに着いたのは私達が最後でした。いつもは集合時間なんかラテン時間で30分遅れは当たり前(失礼)という仲間達も、久しぶりのツーリングで気分が急くのか皆集まっていました。
しかし談笑している先は、アルファ164の前ではなくポルシェ911カブリオレとアウディA8クワトロの前でした。
どちらもメンバーの愛車で、アウディA8は昨日納車されたばかり・・・というクルマでしたが、イタリア車以外はあまり馴染みがないため、皆であれこれと鑑賞することしきりです。普段はアルファ164が最高!と思っていても、そこはクルマ好きで他のクルマに興味がないワケではありませんから、あれこれ見回してみたり、運転席に座ってみたりとひとしきりの品定め?大会となってしまいました。

164Katsunuma2.jpg

164Katsunuma3.jpg

しかし、一方で半ば放置状態で並べて停められたアルファ164は、観光バスから降りてきたご婦人方の注目の的で、見慣れた私達とは違ってよほど新鮮に見えたのでしょう。「格好いいクルマ」という話し声が印象に残る出来事でした。
そしていよいよツーリングに出発です。

花園ICで関越道を離れ、目指すは雁坂トンネルです。今回の幹事さんはこのトンネルをどうしても通りたかったようなのですが、その理由はメンバーの1台がマフラーを新調したからでした。このアルファ164QVのマフラーは進化し続け、とうとう来るところまで来た・・・という感があるのですが、その音を鑑賞しよう・・・という主旨からこのトンネルを選んだそうです。このトンネル内を通り抜けるのには約10分、その延長は6,625mもあり、一般国道の山岳トンネルとしては日本一の長さなのですが、いかんせん交通量が多かったのと一車線で追越ができなかったこともあり、マフラーコンサートは不発に終わってしまいました(苦笑)

トンネルに向かう途中の道の駅で休憩となったのですが、ふと見ると911カブリオレのソフトトップが閉まったままです。こんな素晴らしい天気にせっかく屋根の開くクルマに乗っていながら、トップを開けないとはけしからんとお小言を言って見たところ、オーナーは恐々?その電動トップを開けてくれました。
911カブリオレのソフトトップは115Spiderのそれと比べると雲泥の差で、その対候性は素晴らしいものがあるのですが、そのせいか全体の造りはゴツく、トップを畳んでも結構かさばります。開ける手順は、まず手でリアスクリーン部分のチャックを開けて畳んでから、今度は電動でトップを収納するというセミオートなのですが、どうせクルマから降りなければ畳めないのならいっそ手動のほうが・・・と思ってしまうのは、そういった電気仕掛けが心もとないアルファ・ロメオに慣れてしまったからでしょう。

164Katsunuma4.jpg

164Katsunuma5.jpg

まだ雪が残る峠を越えて、一端仮集合し一行はいよいよ目指す昼食場所の勝沼を目指したのですが、ここで私達の乗ってきた115Spiderを試乗車として貸すことになりました。借り手は同じく私が初期化のお手伝いをした115Spiderのオーナーで、今回一新した足回りを自分のクルマと比較したいとのことでしたので、快くクルマを取り替えることにしたのですが、彼はすでに自分が乗ってきたアルファ156とポルシェ911と取り替えてしまっています。というワケで成り行きからポルシェ911を試乗することとなってしまいました。

164Katsunuma6.jpg

私自身のリアエンジンポルシェ試乗歴は大昔に911SCを預かっていたことがある程度で、殆ど初めてと言ってよいと思います。ある意味ではアルファ・ロメオのライバルでもあり、対極にあるクルマでもあるポルシェは乗ってみてどうだったか・・・というハナシは次回にしたいと思います。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

コメント

いいなぁ・・・

楽しそうだなぁ・・・

だから来ればよかったのに・・・(笑)

先日はお疲れ様でした^^ 一応ポルシェ社の名誉のために言いますと、964カブリオレはフルオートで開閉できます。ただそのまま開けると、リアスクリーンに負荷が掛かり線が入ったり場合によっては510190さんのように割れてしまうので(焦)、用心のためにいちいちファスナーを開閉しています(^^; 964カブリオレの問題点はエンジン停止状態でないと開閉が出来ないので面倒なんです。993からは変更になっているはずですし、最新の997は時速40km以下であれば走行中でも開閉できます。 個人的には壊れる心配が無い手動の方が気兼ねなく出来るので、そのうちロック用のモーターは残して開閉のモーターははずす予定です。

  • 2008/03/13(木) 13:53:39 |
  • URL |
  • kinta #gQ4vMuXA
  • [ 編集]

>kintaさん
そうだったんですか。補足説明ありがとうございます。でも、やっぱりビニールのリアスクリーンは気を遣いますよね。

雁坂トンネルは、観光バスも多く一車線で追越は不可能で、のろのろ走行ってのが普通のようですよー。私も今度平日に挑戦しようと思っています。東松山-勝沼感は2h位ですか?
そういや、一車線でも追越かけてバスに突っ込みそうになった人もいますが。あれっ、あそこはセンターラインないんだっけ?

ところでスパイダーが逆行でグリーンに見えるのですが、気のせいでしょうか?
うむ、気のせい気のせい。

  • 2008/03/13(木) 14:51:54 |
  • URL |
  • ESタケ #DdMDrPns
  • [ 編集]

>ESタケさん
10時過ぎに嵐山PAを出発して、途中2箇所で休憩して、勝沼に到着は1時くらいでした。
>追越かけてバスに突っ込みそう
追い越してませんよ。某氏に煽られてたんです(爆)
>スパイダーが逆行(逆光?)でグリーンに見える
逆光でなくてもグリーンですが・・・何か??(笑)

2.5h位ですね。
4/20にCafe de Guliaがあるじゃないですか。それ見て、秩父(蕎麦)→雁坂→勝沼(ケーキ)なんていいなぁとおもって。
ちょうど勝沼は、桜の花か桃の花が綺麗だし。
まだ検討中ですけど。かなりに距離ですしね。神奈川の人はこないだろうなぁ(笑)
AlfaRomeoDayは、重すぎるし、でも誰かのパスタも食べたいなぁ。

  • 2008/03/13(木) 17:50:31 |
  • URL |
  • ESタケ #DdMDrPns
  • [ 編集]

>ESタケさん
幹事のカガミですね~(笑)
AlfaRomeo Dayでは確かにラウンジ510を開店しますが、このラウンジはメンバー制ですので・・・(爆)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/422-5c5ae6fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。