走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逡巡のアシ選び

080228_09.jpg

さて、ずっと気になっていたリアからの異音は、駆動系が原因であったことが判明した彼女の115Spiderですが、その交換作業の際にショックアブソーバーがほぼご臨終であることを指摘されました。
確かに、運転していてフニャフニャではあったのですが、もともと115Spiderはフニャフニャですし(苦笑)、間違ってもトバすクルマでも、コーナーを攻めるクルマでもありませんから、そのちょっと抜けた足回りは、かえって115Spiderには似合っていたのです。
しかし、もはや「ちょっと抜けた」という状態ではなくなってしまい、リアの車高も下がり気味で、それが原因で、異音が完全に消えないのでは・・・という疑いも浮上してきたため、主治医の薦めもあり、ショックアブソーバーを新調することにしました。併せて車高が下がる原因となっているリアのスプリングも交換することにして、部品集めを開始することにしました。

早速いつものAlfissimo InternationalのJason Minosに問い合わせをしたところ、現在115Spider用のショックアブソーバーは5種類が手に入ると返事が返ってきました。
国内ではこれほどまでの選択肢はありませんので、アルファ・ロメオに限らず北米で販売されていた車種は部品調達が本当に楽で助かります。 その5種類とは以下のもので、( )内はJasonのコメントですが、どうやらJasonのオススメはビルシュタイン製のようです(苦笑)

OE Boge(Genuine for replacement)
KONI RED (Classic, softer)
SPAX (Medium, hard)
KONI yellow (Too hard)
Bilstein HD (Nice!)

悩んだ末に、私が選んだのは通称「赤コニ」と呼ばれる、最も柔らかいショックアブソーバーでした。
新車のときからユルいボディの115Spiderですし、いくらSr.4とはいえ、製造から15年が経過しているために、極力ボディを苛めたくなかったことがその理由の第一なのですが、私なりのアルファ・ロメオの乗り味を考えると、純正ショックか赤コニという選択肢しかありませんでした。

080228_07.jpg

歴代のアルファ・ロメオはそのスポーティモデルでもガチガチの足回りにはしていませんでした。もっとも昔は今ほどタイヤのグリップがない時代でしたから、クルマの姿勢を安定させようとすると、タイヤの接地面を限りなく路面に垂直に保つ必要がありました。そのためには足回りをしなやかに動かしてやる必要があり、それはコーナーでボディがロールすることを意味します。
事実、アルファ75までのアルファ・ロメオは、どちらかと言うとコーナーでロールするものの、なかなか腰砕けにならないクルマで、滑らかでリズミカルな運転をするほどコーナーを速く抜けることができる足回りでした。

ところが時代の流れか、Sportivaと呼ばれるスポーツサスペンスションのアルファ155以降は、ドイツ車のスポーティモデルのような、タイヤのグリップでどんどん攻め込む、ボディのロールを嫌うセッティングになってしまいました。
時代の流れで仕方ないこととは言え、それでもこのSportiva仕様が標準ではなくオプションだったのは、アルファ・ロメオの哲学ではと思いますが、本国ではオプションであるものが日本では標準仕様で、ノーマルの足回りを選べなかったのは本当に残念なことだと思います。

080228_10.jpg

そんな理由からも、115Spiderの足回りを固めたくなかった私は赤コニを選んだのですが、実際に装着して見ると、どうせ見えなくなってしまうとは言え、なかなか格好良いものです。

080301_02.jpg

ところが問題はリアの交換でした。リアは車高の問題もありスプリングも新調することにしたのですが、その新旧部品を比べて見ると明らかに異なっています。従来のスプリングの太さが途中で変わっていることが分かるでしょうか?一方で新しいスプリングは同じ太さで巻いてあるものです。

080301_03.jpg

定かではないのですが、115Spiderのスプリングは何種類かあるそうです。北米仕様は排ガス規制のため触媒がセンターに装着されており、その保護のためにリアの車高が少し高いタイプのスプリングが標準で、一方でヨーロッパ仕様は少し低めになっていると聞いたことがあります。
私が歴代で保有したSr.3とSr.4はどちらもヨーロッパ仕様であったためにリアが少し下がったタイプのものでした。最初見たときはヘタっているのかと思いましたが、このハナシを聞いて納得した覚えがあります。
ところが、その後に部品管理が厳密にされなくなってしまい、部品番号も同じであることからスプリングはこのLongとShortが混在するようになり、Sr.2やSr.3のユーザーはオリジナルがShortタイプであることからパーツオーダーの際には、Longタイプが来ないか戦々恐々としているそうです。
今回はアメリカから部品を調達したために、当然長いスプリングが届いたのですが、実際に装着して見ると、流石にリアが上がりすぎているように思います。

DSC01769.jpg

そして足回りを一新した感想ですが、ヘタったショックと滑らかなショックがこれほど違うとは思いませんでした。そして気になる異音も今のところは聞こえません。
しかし、個人的にはどうもこのリアの高さが気に入らないのも事実です。まぁ、最終的にはコイルを一巻きほどカットして縮めるのもアリかなと思っています。

ともかく、これで彼女のSpiderもこれからのベストシーズンに向けて準備が整いましたので、ガンガン乗ってもらうとしましょう。

さて、気がつけば77,777アクセスが近づいて来ました。今回は素直にアクセス画面を保存して送っていただこうかと思います。万が一複数の方がいらっしゃる場合は、かつて一度やったようにメールジャンケンで決めましょう。
気になる記念品は・・・後日発表しますね(笑)

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:アルファロメオ - ジャンル:車・バイク

コメント

バネ

元はプログレッシブレートだったんでしょうかね?
確かに設計の旧いクルマの頃は、タイヤの性能を使い切る為に柔らかめの足回りが多かったと思います。
とっても理にかなっていますよね。

バネカットでシャコタンですか?(笑)
どうせなら竹○リも・・・(爆)

>こ~んずさん
乗り味もさることながら、115Spiderってこの佇まいも重要なんですよ。ですのでリアが上がってるのはそのバランスが崩れてしまうんですよね。
竹槍はそういう意味からも論外ですが、出っ歯はアリかも・・・(爆)

異音!

510さん
私のスパイダーは1750のデュエットです。リアから異音がします。リアで荷重変化があったときにギーギーいいます。幽霊屋敷のドアがゆっくり開くような音です。2年位前にメカ関係をオーバーホールした際に新品のブッシュやショックを入れたにもかかわらず。510さんの異音はどういったものだったのでしょうか?

ちなみにウチのはビルシュタインです。理由は単に純正よりも安かったからです。購入先はEB Sparesでした。

>ただすけさん
なかなか分かりやすい喩えですね(笑)
このSpiderはゴトゴトとなにか回転しているものが当たる音でした。結果、カップリングとUVジョイントだったのですが、それでも僅かながら残るので次はデフのメインベアリングかな・・・と思っていました。ギーギー音は前後と左右の荷重移動でその原因が違ってきますので、直線で加減速をしてみてはいかがでしょう。それで鳴らなければアームからのような気がします。ちなみにデフからの振動であれば、走行中にサイドブレーキの付け根辺りのカーペットの上に手を当てると、振動が伝わってきますので分かると思いますよ。

正しい使い方ですね

510さん
はい、ありがとうございます(笑)。その幽霊屋敷号ですが、停止状態からローでクラッチをつなぐと「ギー」と、一つ目小僧が出てきます。ブレーキング時はエンジン+風切音+ロードノイズがあるので分りませんが、ろくろ首あたりが出ていると思われます。盛大なのは狭い駐車場へ入れる時でして、クルマを前後に行ったり来たりしながら切り返しを繰り返していると、ドラキュラとか雪女とか一反もめんとかてんこ盛りで出てきます(デフについては知らなかったので今度さわってみます)。

ですから、恥かしくて人前で走れません(ウルウル)。人様を乗せるなんてもっての他なのです(涙)。贅沢は言いません。ガールフレンドと二人でドライブして表参道界隈へ行って写真を撮りたいなどとは決して申しません。ただ、私だって人並みに走りたいのです(号泣)。

というわけで、スパイダーを正しく乗っておられますね(笑)。ウラヤマシイなあ(幽霊屋敷号のオーナーとしてはウラメシイと言った方が適切?)。少々前へつんのめった形になったからといって、同情なんかしませんよ~。(嘘です)

昔、何かの本でSr4の長いバネは巻き数を増やしただけ、と読んだことがある気がします。
もしそれが事実ならバネカットって結構王道なのかもしれませんね。

  • 2008/03/04(火) 18:20:33 |
  • URL |
  • pekepeke #-
  • [ 編集]

>ただすけさん
その切々とした文章を拝読して、涙で最後まで読むことができませんでした(嘘)
でも、今回のことで痛感したのですが、音って伝わり具合で全然違う場所から聞こえたりするので、本当に難しいです。リフトアップしてデフにつっかえ棒を当てて、荷重がかかった状態にしてタイヤを廻してみてやっと見つけたんですが、走行中の状態を再現するのは至難のワザだと思います。助手席にメカニックに乗ってもらい、箱乗りしてもらってチェックされてはいかがでしょう。その際は、是非表参道でそのパフォーマンスを披露してくださいね(笑)

>pekepekeさん
写真で比べてみる限り、巻き数は同じように見えるのですがねぇ。
主治医によると、暫く乗っていると下がってちょうど良くなるとのことですが、それはすでにヘタってるというとじゃないでしょうか(苦笑)

そうなんですか。。。

じゃぁやっぱりバネカットは勇気が要りますね。
> 暫く乗っていると
暫く、でヘタって貰っちゃ困りますね(笑)。工業用バネは何百回か何千回の伸縮の後に予定した自由長になるのを期待する使い方も有りますが。。。まさか。。。

  • 2008/03/05(水) 12:40:48 |
  • URL |
  • pekepeke #-
  • [ 編集]

>pekepekeさん
私もまさか・・・と思うのですが、何せアルファ・ロメオですからねぇ(爆)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/418-e9afef68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。