走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Spiderの進化

hakone002.jpg

ひょんなことから115系アルファSpider Sr.4と別れることになってしまいました。そのきっかけは以前にエンリコ・フミアさんが私のアルファSpider Sr.4を見たときに言ったナニゲない一言でした。

「なんでオレのデザインしたSpiderに乗らないんだ?」

そのときは、

「オレはこの115系のデザインが好きなんだ…」

と一応は答えたのですが、言われて見れば確かにそうです。今まで115系のSpiderが好きで乗ってきたのですが、そろそろFFSpiderの値段も初期のモデルは随分コナれて来ましたし、10年間製造されたこのSpiderも製造を終了することになりましたから、これから新車で…という訳にも行かなくなります。またSpiderはハナの重いV6モデルより初期モデルの4気筒TS(ツインスパーク)モデルのほうが軽快でしょうから、もう1台のアルファ164Q4との組み合わせとしても最適です。
そして何より購入の最大のキメ手は、30年近く設計年度の違うアルファSpiderの、何が変わって、何が変わっていないのかに興味があったからに他なりません。

今回は、イロイロと調べた結果、越谷のアルファ・デポという中古車販売店で購入したのですが、社長の坂野さんはとても親切で、私の希望通りのシルバーグレイの96年式の初期モデルであるアルファSpider2.0TSを手に入れることができました。

よくアルファ・ロメオの中古車を買う極意は?と聞かれるのですが、実に単純で、クルマを見る以前に売っているヒトを見ることだと思います。中古車は新車と違って「一物一価」ですので同じクルマは二台とありません。従って、欲しければクルマのその状態を受け入れるしかないのですが、アルファ・ロメオに関して言えば、「好きで売ってる」かどうかが決め手で、それはその店の品揃えやお店の方のアルファ・ロメオに関する知識から分かります。
お陰様で過去の様々な経験からお店の方と30分も話せば、何となくその店の本質が分かるようになって来ましたので、今回の買い物もクルマに関しては軽く試乗をしてぐるっと見ただけで、費やした時間は坂野さんとお話させていただいた時間のほうがずっと長かったように思います。

DSC00337.jpg

このシルバーグレイというボディカラーは、アルファSpiderのボディラインを最も際立たせる色だと思って探していたのですが、日本では不人気色だったらしく、売り物は殆ど見かけませんでした。しかし後日、エンリコ・フミアさんに見せたときに、彼もこのカラーでイメージしてデザインしたと言っていましたので、やはり正解だったと思っています。
こうしてエンリコ・フミア氏デザインのアルファ・ロメオが私の手許に2台揃うことになりました。

DSC00282.jpg

そして黒のSr.4はオークション経由で「ずっと探していた」という方の許に嫁いで行きました。いつも愛車との別れは辛いものですが、下取りや買取店に売るのではなく、次のオーナーが私と変わらずというか、それ以上に愛してくれることを確信できる相手だと分かって売ると、本当にほっとするものです。きっと大切に可愛がってくれることでしょう。

さて、中古車を手に入れたときに真っ先に行うことは、そのクルマの状態を調べて重要な部分はきちんと初期化しておくことです。
特に以前のオーナーが分からない中古車の場合や記録簿が残っていない場合などは、自分の目で確かめておくことが重要です。
アルファ・ロメオの場合は、例え現在のモデルの中古車であっても以前のオーナーの乗り方や整備ポイントがその後のコンディションに大きく影響します。
オーナーズクラブのメンバー間で乗り継がれたアルファ164の場合、例え新旧オーナーいずれもが乗り方が丁寧で、きっちり整備するタイプであっても、不思議なことにオーナーが代わった途端にそれまで出なかった不具合が出るのです。

さあ、楽しくも苦しい?初期化作業の始まりです。

20061224203949.jpg


クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/41-5211f92f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。