走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の手押し車

異音がなかなか消えない115Spiderですが、リアアクスルのブッシュとハブベアリングを交換してもその異音は消えませんでした。
確かに、以前に比べると随分と良くはなったのですが、相変わらず暫く走行してエンジンが温まってくると、高速では聞こえないのですが、発進時や停止直前に、「カタカタカタ・・・」とリアから何かがボディを叩くような音がします。それはちょうど、昔の子供が遊んでいた木製の手押し車の前に取り付けられた羽車のように、速度に応じてカタカタ音が速なったり、遅くなったりします。そして全身の神経を集中させるとそのカタカタ音とともに、ボディが捩れます。ということはどこか駆動系のトラブルに違いありません。

再び主治医のところに戻り、音を聞いてもらい再度リフトでクルマを上げて、今度は手で車輪を回してみました。そしてプロペラシャフトを仔細に観察したところ・・・やっと犯人を見つけました!
それはヒビの入ったプロペラシャフトのカップリングでした。115SpiderはFRですから、フロントに縦に置かれたエンジンの回転はトランスミッションを介して回転数を変換され、プロペラシャフトによりリアのデファレンシャルギアに伝達され、後輪を駆動しています。
FFと異なりその長いプロペラシャフトは途中にカップリングというゴム製のクッションにより振動を吸収され、二箇所のユニバーサルジョイントはシャフトの偏心を緩和し、リアアクスルの上下動に対応しています。そのカップリングが完全にひび割れており、振動を吸収し切れなくなってしまっていたのです。

初期化した赤スパは最初にこのカップリング関係を全て交換したのですが、彼女のSpiderはまだ大丈夫・・・とタカを括っていたのが仇になってしまいました。
確かに駆動系のカップリングは痛んでいたら交換する部品ではあるのですが、千切れるとどうなるか・・・を体験したヒトはそうはいないのではないかと思います。
猛反省し、部品を手配して交換作業となったのすが、今回はそのカップリングとユニバーサルジョイント、そしてプロペラシャフトのサポートベアリングを併せて交換することにしました。
つまり駆動系の振動を吸収する部分を全て交換するという作業内容です。

プロペラシャフト

いざプロペラシャフトを外して見ると、カップリングは敢え無く分解してしまいました。ということは全く役目を果たしていなかったということです。

080111_05.jpg

080111_21.jpg

080111_06.jpg

そしてユニバーサルジョイントの交換となったのですが、このジョイントはちょっとやそっとでは抜けてくれません。どうやらコイツが元凶だったようです。

080111_08.jpg

つまりユニバーサルジョイントが最初に固着したために、プロペラシャフトに加わるテンションが全てカップリングに伝わって、カップリングをこじるような動きをしていたのでしょう。

080111_09.jpg

こういった一連の動きをする部品は一斉に交換が鉄則です。どこか一箇所を新品にしたとしても、必ず次の部品に負荷がかかってしまい、結果として全体の寿命を縮めてしまうことになるのです。

080111_10.jpg

サポートも同じく回転するシャフトを支える部分で、その振動がカップリングで吸収されていなかったとすると、サポートベアリングも痛んでいることが予想されたので交換することにしました。

080111_15.jpg

そう思っていると、ミッションマウントの劣化も発見しました。エンジンマウントは前回の車検時に交換したのですが、ミッションマウントはそれほど重量がかかる箇所ではないために見送ったのですが、このマウントの劣化もエンジンの振動を吸収しきれず、カップリングの寿命を縮めてしまったのでしょう。このマウントも中のゴムがグズグズになっており、結局壊して抜くしかありませんでした。

080111_16.jpg

080111_17.jpg

毎度のことですが、こういった作業を行ってくれる主治医には本当にアタマが下がります。
ASSY交換に慣れたメカニックだとどうして良いか分からず、投げ出してしまうような作業ですが、あの手この手で交換作業をしてくれました。

080111_18.jpg

080111_19.jpg

そして良く考えてみると、最近のメカニックの方々はその扱うクルマの殆どがFF車ですから、リアに伸びるプロペラシャフトなんて見たこともないかも知れません。当然ユニバーサルジョイントの交換なんてことはやるはずもなく、仮にここが劣化したとすれば、プロペラシャフトそのものを交換してしまうのでしょう。

今回の異音はどうやら、エンジンの振動がマウントと駆動系の各部分で吸収されなかったために起こったことで、FR特有のトラブルであると言えます。まだ115Spiderは通常のレイアウトですからプロペラシャフトはトランスミッションの後ろですが、アルフェッタやアルファ75のようにトランスアクスルと呼ばれるトランスミッションがリアにあるタイプですと、エンジンの回転数がそのままこのプロペラシャフトに伝わることになります。つまり、エンジンが5000rpmで回っているとプロペラシャフトも同じに回転していることとなるのです。この形式の場合のカップリングの負担を考えると、定期的にチェックしておかなければ、単にカップリングだけの交換で済まなくなるでしょう。

080111_23.jpg

080111_24.jpg

ようやく原因が分かりました。しかもその対策も理路整然としており、これで異音は消えるでしょう。早速勇んで試運転を行ったのですが、残念ながらまだ例のカタカタ音は残っています。確かに、以前と比べると格段に良くはなっているのですが、どうやら影響はさらに別のところにも波及しているようです。
初期化の基本を怠ったツケは高くつきそうです(泣)

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:アルファロメオ - ジャンル:車・バイク

コメント

>結果として全体の寿命を縮めてしまうことになるのです。
クルマに限らず機械モノ全てに言えますよね。
部品交換だけでなくクリーニングしても他に影響が出ますから、波及する場所はフル交換が望ましいのでしょう。金銭的な問題になってきますが(苦笑)
プロペラシャフトの断裂は体験としてはないのですが、目撃ならあります。
その昔、ストリートゼロヨンでZのシャフトがパワーに耐えられず見事に千切れました。L型ターボチューンで500馬力以上出てたんじゃないかと思います。
遅ればせながらリンクさせていただきました。昨年からリンクを貼らせて頂こうと思っていたのですが、忙しくて気持ちに余裕がありませんでした。今後とも宜しくお願いします。

  • 2008/01/13(日) 07:07:53 |
  • URL |
  • IKEA #-
  • [ 編集]

>IKEAさん
リンクありがとうございます。私も貼らせていただきますね。
チューンして駆動系が逝ってしまうのは良く聞くハナシですが・・・フツーのATのSpiderですからねぇ。可能性としては薄いと思ってたのがいけませんでした(泣)

ユニバーサルジョイント

ノーマルではありませんが私もS30Zで経験があります。
メカだったのでぺラシャは無事だったのですが、ユニバーサルジョイントが逝かれてしまった。
ATでも定期的なチェック項目に入れた方がいいんですねぇ。
75とかも同じなんでしょうね。

>こ~んずさん
アルファ75の最大の魅力でもあり、問題でもあるのがこのトランスアクスルです。エンジンと同速で回転する精度の悪い(笑)プロペラシャフトとユニバーサルジョイントは異音、振動の塊でしたね。中古車の75は全体がボロいので隠れてますが、分かってるヒトが乗るとスグに気が付きます。

今年初めてのコメントと思います。
ご挨拶遅れましたが、よろしくお願いしますー

駆動系の異音はなかなか奥が深いですね~
クルマが走るのに動いている部分を可能な限り
追いかけるのも大変ですが、適切なところだけを処置するのも
これまた大変なことと思います。
旧いからと異音に鈍感になってしまいそうなところですが、
よくぞこれだけの手当てが、といつも感心してしまいます。
またここまで徹底して処置していただける主治医のメカニックさんにも
頭が下がりますね***

  • 2008/01/14(月) 10:43:34 |
  • URL |
  • chifurinn #LxiH5TNE
  • [ 編集]

>chifurinnさん
こちらこそ今年もよろしくお願いしますね。
持論ですが、駆動系の異音は必ず何か問題がありその予兆だと思っています。磨耗、破損、劣化・・・いずれにせよ音が出て教えてくれるだけマシで、電気のようにある日突然・・・がないだけマシだと思います。

新年早々のディープな地獄巡り・・・まことにご苦労様です。
今年も 熱く 長ーーーい一年になりそうですね(苦笑)

  • 2008/01/15(火) 22:01:36 |
  • URL |
  • fujiyama #-
  • [ 編集]

>fujiyamaさん
ご声援?ありがとうございます。でも今年は「良識ある常識人」として生まれ変わり、健全なアルファ・ロメオライフを送ろうと誓っているのですっ(キッパリ)

あ゛ーー???
確か去年も同じようなことをおっしゃられていたような気が・・・?
いやいや 去年だけでなく毎年・・・?
M体質の空耳? 気のせいでしょうか???

  • 2008/01/15(火) 22:35:16 |
  • URL |
  • fujiyama #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/396-67e84664
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。