走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Access Award 製作記

実質上は新春第一弾のブログとなります。
昨年達成した50,000アクセスと一周年の記念品として作成する予定だったものですが、その後多忙となってしまい、ようやく正月休みになって手を付けられるようになりました。

DSC01539.jpg

今回お約束した記念品は、もうお馴染みの1/64スケールのミニチュアモデルのセットで、材料に選んだものは、個人的に持っておこうと思った、LANCIA DELTA HF INTEGLARE 16V (1991 1000 Lakes Rally)、LANCIA DELTA S4 (1985 RAC Rally)、LANCIA BETA MONTECARLO (1981 Watkins Glen)の3台です。
奇しくもこの3台はLANCIAのワークスがMARTINIのスポンサードを受けていた時代のもので、そのMARTINIストライプを纏ったカラーリングで有名なものです。
この時代のLANCIAはモータースポーツに熱心で、特にWRC(World Rally Championship)に賭ける意気込みはハンパではなく、FulviaからStratosを経て、LANCIAはラリー王国として不動の地位を確立した時代でした。

DSC01530.jpg

さて、ベースの製作ですが今回は今まで使用したアガチス材ではなく、チーク材を使用して見ました。アガチス材はその素材が柔らかく木目も柾目で面白くないため、マホガニー色のニスで仕上げてきましたが、今回使用するチーク材は材質が硬く、油分を多く含んでいる木材です。また、木目も変化に富んでおりその木目を残すために、クリアーニスで仕上げて見ましたが、ナンだかフローリングの床を切り取ったようになってしまいました。飾り台のベースとしてはチーク材はあまり向かないかも知れません。

DSC01531.jpg

気を取り直してネームプレートを作成しましたが、今回のタイトルは”LANCIA MARTINI HISTORY”としました。
そしてミニチュアモデルのディテールアップですが、定番のホイールのスミ入れと、アンテナ線の追加工作を行って見ました。
ホイールのスミ入れに関しては以前もご説明しましたが、エナメル系の塗料(フラットブラック)をシンナーで薄めて、面相筆で塗るのではなく置く様に流し込んで行きます。これは液体の毛細管現象を利用したもので、慣れてくると窪みに勝手に塗料が入っていくのです。
仮に失敗しても綿棒で拭けば修正できますので、習うより慣れろで何度かチャレンジしていると塗料の薄め加減などコツが分かって来ますので、興味がある方は是非やってみてはいかがでしょうか。

DSC01532.jpg

DSC01533.jpg

DSC01534.jpg

次にアンテナ線ですが、これも何度か試してみましたが、1/64スケールには0.6mmの真鍮パイプに0.3mmの真鍮線の組み合わせがベストだと思います。実際のアンテナのスケールダウンだともっと細くなるのでしょうが、それでは見えませんし、太くするとオモチャっぽくなってしまいます。そのギリギリのところがこのサイズだと思うのですがいかがでしょうか。

DSC01536.jpg

DSC01538.jpg

そして出来上がった3台をディスプレイして見たのですが、この3台には10年の開きがあるにも関わらず、全くその年月を感じさせられません。
それもそのハズで、1991年のDELTA INTEGRALEのベースとなったDELTAは1979年の発表です。一方のBETA MONTECARLOは1975年発表ですから、殆ど同年代と言って良い2台なのです。その2台が10年という年月を隔てて活躍したわけですから、面白いものです。
加えて、1985年のDELTA S4も随分と乱暴なクルマです。もともとは4WD勢の台頭によって戦闘力のなくなってきた037 RALLYの後継モデルとしてアバルトによって開発されたグループBカーなのですが、少しでも販売促進に寄与するようにと外観をDELTAに似せてデザインされたものです。しかし、実際にこの2台を並べて見るとその姿は似ても似付かず、とても販売に寄与したとは思えないのです。

DSC01540.jpg

DSC01541.jpg

この時代のLANCIAワークスはその実態はアバルトであり、皮肉な見方をすればLANCIAの商売なぞどうでも良かったフシがあります。レース屋としてのアバルトの面々がLANCIAのブランドを借りて徹底的に勝負に拘ったというのが本当で、そのお陰でLANCIAは経営悪化を招いたと言えるのではないでしょうか。もちろんLANCIA自身も決して「嫌いではなかった」のでしょうが・・・(苦笑)

このように、自分のお気に入りのミニチュアモデルを組み合わせて、そのストーリーを考えながらディスプレイするのは楽しいものです。
個人的には今回の組み合わせは、過去に製作したディスプレイの中での一番の組み合わせではないかと思っています。
大変永らくお待たせしてしまいましたが、kobuさんにこのディスプレイをお贈りしますので、是非お受け取りください。

さて、気が付けばあっという間に60,000アクセスは過ぎ去ってしまいました。次回は70,000アクセスとも思ったのですが、ゾロ目も面白いので77,777アクセスでまたアワードを考えたいと思いますので、どうぞご期待ください。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

コメント

>510さん
 おお~、素晴らしい出来ですね(喜)貴重なお気に入りコレクションを有難うございます、ランチャストラトスからのランチャ好きの僕にとっては最高です!明日は飾るスペースを作ります!しかし1/64スケールで一味加えるなんて素晴らしいですね、僕は1/43でしかようしません。(笑)

  • 2008/01/02(水) 01:31:03 |
  • URL |
  • kobu #-
  • [ 編集]

>kobuさん
そんなに喜んでいただけるなんて・・・(苦笑)
でも、ボクも気に入ってますので是非飾ってやってくださいね。

ついでに

もう1セット作って私にくれるってのはどうでしょうか?
名案だなぁ(笑)

>こ~んずさん
初夢ですかぁ・・・(笑)

>名案だなぁ(笑)
 こ~んずさん、明日のイタ雑で手に入る確立1%ですよ(爆)



  • 2008/01/02(水) 11:46:45 |
  • URL |
  • kobu #-
  • [ 編集]

実は

ドタ参しようと画策していたのですが・・・
元旦夜から高熱が出てしまい、現在も下がらずヘロヘロです(苦笑)
逝きたかったなぁ(^^;

>こ~んずさん
あれあれ・・・昨年から何かイベントがあるときは熱が出ますね~。きっと小学生のときに遠足の前の夜に興奮して熱を出したんでしょうね(爆)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/391-fc41f569
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。