走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今さらのアルファ156試乗

年末の仕事の忙しさにかまけて更新をサボってしまいましたが、ネタはイロイロと溜まって来ていますので、ご安心ください(苦笑)

さて、アルファ・ロメオの歴史上最多販売車種が、アルファ156であることは皆さんご存知のことだと思います。

DSC01500.jpg

アルファ156は1997年にフランクフルトモーターショーで発表されたアルファ155の後継モデルです。
このDセグメントと呼ばれる中型車のマーケットは、BMWの3シリーズ、メルセデス・ベンツのCクラスを始めとする最もライバルの多い、ローカルでもグローバルでもホット・マーケットです。そのマーケットに投入されたアルファ156は先代の不人気であったアルファ155から完全に脱却した新モデルでした。

DSC01501.jpg

そもそもアルファ75→アルファ155というDセグメントセダンの流れの中で、このアルファ155はフィアット・ティーポとシャーシーを共有したがために、アルファ・ロメオらしさがなくなったと、イタリアを始めヨーロッパのマーケットで不人気であったのですから、その失敗から、このアルファ156は完全にアルファ・ロメオの新設計によるシャーシーを持っていました。
ボディデザインはアルファ・ロメオのデザインセンターのチーフデザイナーに就任したワルター・デ・シルバによるもので、その美しいスタイリングは発表と同時に大好評となり、ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー受賞を始め、日本でも1998年にグッドデザイン賞を受賞しました。

アルファ156の最大の特徴は、その設計品質、製造品質ともにようやくグローバルカーとしてのレベルに到達したことです。それまでのアルファ・ロメオはそのスタイリングや走行性能はともかくとして、設計、製造ともにグローバルスタンダードから10年遅れていると言っても過言ではなかったと思います。それがようやくフツーになり、しかもユーザーがアルファ・ロメオに求める魅力が殺がれることなく、散りばめられていたのですから、日本でも他人と違うコダワリを持ったユーザー(そう見てもらいユーザーも)が飛びつき、ビッグセールスを記録したことは、記憶に新しいところです。
東京に限って言えば、一時はアルファ156はBMWの3シリーズに匹敵するほど、頻繁に見かけるアルファ・ロメオでした。事実、「イタリアでもこんなに走ってない・・・」とイタリア人に言わしめたほどだったのですが、最近は少し落ち着いたように思います。

そして、かく言う私も発表時にコーンズ・モータースのセールス氏からアルファ155の買い替えとして薦められたのですが、ショールームで試乗し、少しがっかりしたことを覚えています。
私のセダン選びの基準は、自分が運転席に乗ってポジションを合わせ、その後席に私自身がちゃんと乗れるスペースが確保されていることなのですが、アルファ75、155はこの過酷な?テストに合格したにも係らず、アルファ156は後席が狭く、とても乗れたものではなかったのです。

DSC01502.jpg

理由はそのデザインで、スタイリッシュに見せるために、わざわざ後席のドアノブをブラックアウトしてまでクーペっぽく見せようとしたスタイリングにありました。
そして、新車への乗換えをアキラメた私は、その後にナニを思ったかアルファ164Q4に乗り換えてしまったのですが、このような経緯から私自身はアルファ156に関してはどうも「食わず嫌い」のところがあり、恥ずかしながら友人のクルマのチョイ乗り以外は殆どマトモに試乗したことがありませんでした。

しかし、中古車価格がこなれてきたこともあり、最近は私の周囲にアルファ156が集まってくるようになりました。あの奈良スパオーナーのオーナーズクラブの友人も、最近になってアルファ156を購入してしまったのですが、その原因の一端は私にもあります。
彼の許に新しくやってきたアルファ156は、1999年モデル(初年度登録は2000年)の2.0T/Sのセレスピードなのですが、そもそもはご両親のアシクルマとしての購入でした。先代のアシクルマはスバルのフォレスターで、そのホワイトのボディを私が「下品だ・・・」とか「悪趣味だ・・・」とかコキおろしてしまったために、車検を良いことに買い換えてしまったのです。

それでは…と初期化が終わったアルファ156を早速借り出して、3日ほど乗ってみたのですが、その印象は発表時の試乗とは大きく異なっていました。普段の彼は、「へっぽこドライバー」なのですが(笑)、クルマの趣味はナカナカのものです。
なぜならこのアルファ156はスポルティーバパッケージと呼ばれた強化サスペンスションと16インチホイールの組み合わせではなく、本国と同様のノーマルサスペンスションのモデルだったのです。しかも内装もオプションのレザー仕様ではなく、肌触りといい乗り心地といい最高のスエード調モケット地のシートです。
そして、購入時に履いていた16インチホイールを惜しげもなく捨て去り、本国と同様の15インチホイールに185-65という細いサイズのタイヤを組み合わせて装着したのです。
さすがに彼は永年アルファ・ロメオに乗ってきただけのことはあります。ちゃんと本国でノーマルの組み合わせが最高だということを知っていました。

DSC01503.jpg

そしてイザ試乗して見ると、彼が考えたとおりそのドライブフィールは素晴らしいものでした。シャーシーに足回りが見事にマッチしており、高速の乗り心地もステアリングの応答性も良く、記憶に残るスポルティーバの少しドタバタした足回りとは全く異なっていたのです。
運転しているとアルファ75を思い出す、ちゃんと足回りがシゴトをしてロールしながらコーナーに入っていくそのドライブフィールは、他のどのクルマとも異なるアルファ・ロメオ伝統のそれでした。

DSC01505.jpg

ただ、問題はこのセレスピードと呼ばれるセミATで、3日間の運転でかなり慣れたとは言え、全然好きになれませんでした。特にこの初期型のセレスピードはまだ未完成の部分があり、都内の渋滞などのゴーストップでは1速と2速の切り替えでギクシャクした挙動を示します。またブレーキも止まる寸前に、シフトダウンの制御と相まって「カックンブレーキ」となり、乗り心地が悪いことこの上ありませんでした。
主治医に聞けば、セレスピードもどんどん改良が進み、アルファ147のものなどは全くそういったことがないとのことですが、それでも人間がする操作をわざわざ機械にさせているという感覚が拭えない、私にとってはどうも落ち着かないシステムでした。

中古でお値段もそこそこになったアルファ156のノーマルがあれば、私自身もアシクルマに欲しくなってしまいました。でも・・・5MTが大前提ですが(笑)

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:アルファロメオ - ジャンル:車・バイク

コメント

156、自分にとって初めての
Alfaでした!インテリアの画像を
見て大変懐かしく感じました~

確かに16インチのスポーツサス
でもややバタついた感じの脚は
しなやかとは思わなかったですが、
なんといってもアルファセダン
としてのカッコ良さとV6エンジン
の伸びと感触は気に入りました。
都合四年乗った間でも致命的な
トラブルもなく、今でもアルファ
から離れずにいられているのだ
と思います。
適度なサイズとデザイン、
軽い車体ならではの走りの良さ
など、今見ても魅力的に映ります。

  • 2007/12/22(土) 19:14:10 |
  • URL |
  • chifurinn #hSWcRhrM
  • [ 編集]

本国仕様ですね

本国仕様の左ハンドルは、足回りはともかくとして、ホワイトのメーターが良いですねぇ。本国だとダッシュボードの表面や内装、シート生地などが選択可能だったようですが、日本だと決まった仕様で入ってきちゃうのは仕方がない部分ではありますね。いちいちフルオーダーしていたら何ヶ月待ちになっちゃうでしょうし。
うちのは日本仕様のスポルティーバですが、確かに少しドタバタした足回りで、特に構造上「緩い」ワゴンボディだと辛い面もあります。ただ日本でのアルファは「スポーティー」というイメージを持たれているので、販売面ではスポーツ志向に振った方が「絵に描いたとおりのイメージ」で売りやすかったんでしょうね。
155がヨーロッパではその硬い足ゆえに敬遠された面もあったはずなのに日本ではそれが逆に「アルファらしい」と思われていたようですしね。
そうそう、うちもスタッドレス用に15インチホイール持っています。タイヤ買わなきゃ。

  • 2007/12/22(土) 20:07:24 |
  • URL |
  • もりおか #-
  • [ 編集]

あ、そうそう

本国でも2.5Lモデルは16インチが標準じゃなかったでしたっけ?

  • 2007/12/22(土) 20:12:20 |
  • URL |
  • もりおか #-
  • [ 編集]

>chifurinnさん
アルファ156でアルファ・ロメオと出会った方は多いと思いますね。そしてどっぷりと漬かった方は、どんどん先祖返りして行き(笑)、そうでない方はフツーに乗り換えてしまうのでしょう。でも「初めてのアルファ」としてのアルファ156は、刺激もほどほどでちょうど良いクルマだと思います。

>もりおかさん
どうしてもスポーティモデル=固めた足回りという図式になってしまうのでしょうね。ロールしてタイヤの接地面を適正に保ちながらグイグイ曲がって行く、アルファ・ロメオやプジョーの足回りのセッティングは絶妙なんですがね・・・。

ご存知のように僕も最近156を購入しました。早速、セレポンプが故障しました。
本当はマニュアルがいいんだけどね~ 諸事情があって(笑)
足としては、気に入ってます。

  • 2007/12/23(日) 00:10:23 |
  • URL |
  • スッド #-
  • [ 編集]

>スッドさん
是非、機会があれば乗り比べて見ることをオススメしますよ。アルファ・ロメオのアシってこれなんですよね。

両親の足クルマの買い替えなのでオートマ前提だったのですが、
一時期入ってきた本国仕様の左ハン・ノーマルサス・モケットシートに的を絞って探しました。
2.5Lモデルも何台か試乗してV6+ノーマルサスも捨てがたかったのですが、どれもシート色が灰色で野暮ったいのでやめました。
2.0Lモデルのほうは紺や緑の組み合わせもあって、イタ車らしいセンスでこっちにしました。
他のオーナーズクラブのメンバーのセレは購入したそうそう壊れたそうでが、
オオゴトが無ければ、こなれた中古車価格+ちょっとした初期化費用で乗り出せる
今の156はとても健康的なクルマだと思います。

  • 2007/12/23(日) 00:51:13 |
  • URL |
  • ryuta #/Cc3pzXQ
  • [ 編集]

>ryutaさん
確かにそうですね。でも日本の中古車価格って・・・売るときは不当だ!と思うのですが、買うときは有難いですねぇ(笑)

セレ

そうそう、スポルティーバだとネコ足っぽい動きはしないですよねぇ。

ところでセレスピードって対策済みでもやっぱり壊れるんですか!? でも最初の対策って確かアクチュエーターだと思ったので、ポンプは別物でしょうか。

>>ryutaさん
色はヌヴォラですか?

  • 2007/12/23(日) 11:01:30 |
  • URL |
  • もりおか #-
  • [ 編集]

164/156

今年は164が20周年、156が10周年なんですね。10年の差を感じる部分と、やっぱり変わらない部分がありますね。

  • 2007/12/23(日) 11:03:17 |
  • URL |
  • もりおか #-
  • [ 編集]

>もりおかさん
Phase1のセレスピードはケースが割れるそうで、ディーラーで販売したクルマは対策が施されているそうですが、彼のクルマは未対策だそうです(笑)

>彼のクルマは未対策だそうです(笑)
香ばしい話ですねv-42
ところで変態クルマの購入予定は?
510さんの地獄巡りを待ち望んでいます。強烈なヤツをお願いしますね。

  • 2007/12/23(日) 18:16:21 |
  • URL |
  • みや #-
  • [ 編集]

>みやさん
どうしても地獄巡りを続けさせたいんですね(笑)
でも、164Q4以上のブツがなかなかないんですよね。

セレ

どうも馴染めないんですよね。
感覚とのズレが大きいので。
私も自分が買うならMTです。

>164Q4以上のブツがなかなかないんですよね。

クンタッチLP400なんてどうでしょう?(笑)

>こ~んずさん
カンビオコルサもそうですが、そもそも人間工学をもとに考えられたミッションを無理やり電子化してるのでヘンなんですよね。
ちなみにランボはどうも好きになれないんですが、ジャルパとかなら・・・(爆)

>>164Q4以上のブツがなかなかないんですよね。
 先祖が帰りしてトランスアクスルののGTV6なんてのはどうでしょうか?
164Q4同様に絶滅危惧種指定なので、是非**の扉を開いてください(爆)。それに510さんに似合いそうな気がするんですけど(笑)

  • 2007/12/24(月) 00:10:03 |
  • URL |
  • kobu #-
  • [ 編集]

>kobuさん
それは去年の私のカー・オブ・ザ・イヤーですね(苦笑)
なかなか縁がないんですよね。
そうそう。例のブツは正月休みに仕上げますのでもうしばらく待ってくださいね。

>>>もりおかさん
色はヌヴォラです。

  • 2007/12/24(月) 09:20:37 |
  • URL |
  • ryuta #/Cc3pzXQ
  • [ 編集]

156本国仕様、いいですね。これで1.8TSの5MTだったら、すごく楽しそうです。

> ランボはどうも好きになれないんですが、ジャルパとかなら・・・(爆)

アルファ以外だと、ちょい古マセラティなどは一般人に程遠い危険な香りがしますよね(爆)。

  • 2007/12/25(火) 12:25:48 |
  • URL |
  • pekepeke #-
  • [ 編集]

>pekepekeさん
私もアルファ・ロメオの真髄は下級グレードだと思います。装備も簡素で軽いボディに良く回るエンジンを積んで、シャーシーに余力があるモデルが一番アルファらしいですよね。
マゼラーティは初代ギブリなんか良いですね~。ってこの地獄はちょっと・・・ねぇ(苦笑)

> 初代ギブリ
おぉ、いいですねぇ。
きっとイロイロ凄いんでしょうね。イロイロと(笑)。

  • 2007/12/26(水) 12:25:47 |
  • URL |
  • pekepeke #-
  • [ 編集]

日記見ました!
更新頑張って下さい!(*‘ω‘*)

  • 2007/12/26(水) 12:35:53 |
  • URL |
  • yyubha #xYl2iXZk
  • [ 編集]

>pekepekeさん
聞いたハナシですが、それはもう壮絶だそうですよ~(苦笑)
>yyubhaさん
初めまして。更新は1年は頑張ったんですが・・・(笑)、来年はもう少しペースを上げようかなと思ってますので応援よろしくお願いしますね。

御無沙汰してます!
156・・・って家のは全く手の掛からない2.5Qですが、本国仕様の左でしたがサスをビル+ロアバーですっかり別車に成ってしまいました。
車高も下ったので良く擦ります。(笑)
皆で今度取り換えて走ると面白いでしょうね!

  • 2007/12/29(土) 01:11:21 |
  • URL |
  • spy138 #-
  • [ 編集]

>spy138さん
こちらこそご無沙汰です。
アルファ・ロメオに限らずクルマのアシを弄ると全く別モノになってしまいますね。
そのクルマの印象ががらりと変わりますから乗り比べ・・・面白いんじゃないでしょうか。
そのうち、このブログの読者の皆さんでミーティングなんかできると良いですね。

ご挨拶

一日早いですが、、、
本年もお世話になりました。
来年もお世話して下さい(笑)
宜しくお願いします。

>こ~んずさん
イヤですっ(爆)

お初です♪


こ~んずサンのカキコでいつも
拝見でした。

≪本文。。≫

v-266
本国イタリアで
510190サンの今記事のサイドスカート無しなどのノーマル156を観て
惚れました♪
 その後、日本でUP写真のが発売。
特にSスカート無+ヴェルディ毛シートにビアンコポラール色。。
≪魅力≫でした。
今、レヴューを見て
その頃の記憶が再び!

タイヤを15に戻す妙など
大いに頷いて・・・

セレSが開発途上だけ残念でしたが

『大感動』アンガトサンでした!

>いちまたさん
いらっしゃいませ~。いつもこ~んずさんのブログではコメントを拝見してました。
本当にイタリア車は本国仕様のノーマルが一番良いんですよね。
日本に輸入されるモデルは装備もてんこ盛りで重量も重く、足回りもガチガチに固めて、ボディにゴテゴテといろんなものをくっつけたものばかりなんですが、それでも味わいがあるのですから、素のイタ車は本当にノーコウです。

早速、グラッツェで~す。。

v-266イタ車も今日のこ~ん兄~の記事のように
≪中古大衆系≫ですが・・
ご面倒してオゴエナァッス~♪

今頃コメント済みません。
本国仕様の156って車高が高い分、ストロークがしっかりありそうですね。
スポルティーバだとダンパーのストロークが足りないと思います。僕のはモディファイ系でやっちゃった(痛)なので特にそういうシーンがありますね(笑)
中古で選択肢はなかった訳ですが、レザーシートはあまり良い出来とは思えません。
この仕様は「正規モノ」ではないだけに、掛かり付けの主治医がいない人には厳しいかも知れませんね。

  • 2008/01/06(日) 22:41:19 |
  • URL |
  • IKEA #cMLOD9mU
  • [ 編集]

>IKEAさん
ご無沙汰です。この156は本当にアシがなめらかに動きます。国産高級車?のフニャフニャとは違ってちゃんとスポーティなドライブができた上で乗り心地も良いのです。こういった味付けは一朝一夕にできるのではなく、長年の伝統があるからでしょう。
今回、私も目からウロコでした(苦笑)

≪スポルティーバ≫

510サンの
記事にて
≪スポルティーバ≫の言葉が
スラッと出る♪

嬉しいです!!!!!

>いちまたさん
何か喜んでいただけて光栄なんですが、私は"Sportiva"は一般語だと思ってました(苦笑)

勿、おフランス車の≪バヤイは≫・・

『すぽ~る』で通してまする放蕩呉服屋。。
       【完v-259⇔≪フランスはカソリックの長女≫っ子ヨリ(笑爆)】

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2013/09/22(日) 10:01:39 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2014/06/06(金) 23:07:03 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/388-e92c5b52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。