走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルファ164Q4のメンテナンス・・・その壱

070510_09.jpg

オーナーズクラブには幾つかの掟があります。この掟はアルファ164と一緒に暮らすための大変有益なものなのですが、その中の一箇条に、
「メンテナンス記録は全て保管しておくべし、ただし決して費用を合計してはならない」
というものがあります。メンテナンス記録は交換部品のインターバルを掴んだり、部品の弱点に何らかの対策を講じたりする場合にはとても参考になるのですが、確かにその費用を累計したりすると、暗澹たる気分になってしまうのも確かです。

それでも愛車との別れに際して、改めて整備記録を整理してみると、イロイロと気づかされることがありました。
アルファ164Q4のメンテナンス上の注意点は、アルファ164共通のものとQ4独特のものに分類されます。

1.アルファ164共通のもの
アルファ164は、その当時ではアルファ・ロメオの中でも最も大型のセダンでした。FF形式もALFASUD、アルファ33という中小型車では実績があったものの、大型車では始めての経験だったと言えます。
FFに不慣れであったことに起因する、設計上の弱点はアルファ164に散見されます。
その最たるものがパワーステアリングではないでしょうか。

①パワーステアリング関連
国産車に比べるとパワーステアリングのポンプは明らかに能力不足です。国産車のように据切りを行うと、ポンプのシールからオイル漏れを起こしてしまいます。通常の使用ではポンプそのものの耐久性は10万キロ以上あると思います。
但し、ステアリングラックはシールの材質が悪く、すぐにオイル漏れを起こします。特に前述の据切りを行うとテキメンで、シール部分からオイルが漏ってきてしまいます。
また、ブーツ(ゴムの蛇腹)も純正品は材質が悪く、すぐに劣化によって破損します。

少しでもステアリング関連の部品を長持ちさせるためには…、
・据切りをしない
・フルロックまでステアリングを切らない
・駐車するときにはステアリングを正位置にする
・片輪の乗り上げ駐車はしない

といった配慮が必要です。

20061202174345.jpg

②エンジン関連
基本的にアルファ・ロメオのV6エンジンは丈夫なエンジンだと思います。唯一の問題はタイミングベルト関連で、特に24Vのエンジンはそのプーリーへのベルトの「架かり」が甘いために、コマ飛びをし易いと言われています。私もタイミングベルト交換直後にコマ飛びを経験しました。
タイミングベルトの交換インターバルは諸説ありますが、最近のアルファ156V6などでは8万キロ走って点検したところ、全く問題がなかった例もあります。
一般的には5万キロを目安として交換されている例が多いようですが、年に2度程度はベルトの劣化を点検しておくほうが良いと思います。ちなみに私の交換インターバルは5万キロでしたが、予想外のエンジンオーバーホールを行い、結局都度交換となりましたので、定期交換と呼べるようなタイミングで交換作業を行ったのは1回キリでした(苦笑)

タイミングベルト交換の際には、テンショナーベアリング、プーリー、ウォーターポンプ類も併せて交換すべきだと思います。特にテンショナーベアリングは必ず交換しておかないと、折角テンショナーベルトを張替えても正しく張力がかからずに、コマ飛びやベルト切れの原因となります。
また、ベルト交換時にはSSTと呼ばれる専用工具を用いてカムの位置合わせを正確に行わないと、エンジンの調子を崩したり、同じくコマ飛びの原因となります。

20061115201716.jpg

③エレクトロニクス
エンジン制御はBOSCHのコンピュータですので基本的には同時代の他のヨーロッパ車と同じです。ECUそのものは丈夫ですが、取り付け位置の関係からヒーターコアなどが破れたりすると、漏れたクーラントにより接触不良を起こしたり、誤作動の原因となったりします。
最近よく聞くエレクトロニクス関連のトラブルは、その原因の殆どがハーネスやセンサー類の経年劣化による接触不良や抵抗増加で、こればかりは製造年を考えると止むを得ないのかも知れません。
また、電気は目に見えないために原因の特定が困難で、テスターで順に追いかけていくしかないのが現状だと思います。修理工場を含めて、過去のトラブル経験の大小が最も影響する部分ではないでしょうか。

510190017.jpg

510190008.jpg

それでは次回も引き続きアルファ164のメンテナンスに関して書いてみたいと思います。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:アルファロメオ - ジャンル:車・バイク

コメント

納得

安くない部品だけにステアリング系統は困り者ですよね、実際彼はそれが元で手放してますし(苦笑)
タイミングベルトですが、見ていると取り回し自体に難がある様なきがするんですが・・・
ハーネスは日本の基準で見れば新品が不良品だと断言してしまってもいいくらいのモノしか付いていませんね。

運転の仕方にも問題があると思うんですよね。昔はパワーステアリングなんてなかったので据切りは実質上出来なかったんですが、今は当たり前のようにやってしまいますもんね。
24Vのタイミングベルトは構造上の問題も大です。仰るように取り回しを相当ムリしてますので、規定値で張らないとコマ飛びを起こします。
ハーネスは・・・ハーネス屋さんのご意見通りでしょう(笑)

思い出す・・・

あー、あっしもパワステラック交換しましたっけ。それも2回も・・・

  • 2007/12/07(金) 23:33:38 |
  • URL |
  • もりおか #-
  • [ 編集]

パワステラックは・・・

据え切りはもちろんNGですが、うちの場合はタイヤをポテンザに換えた途端に逝きました。それまでのピレリP5000だと漏れも全くなかったのに・・。

  • 2007/12/09(日) 22:27:08 |
  • URL |
  • もりおか #-
  • [ 編集]

>もりおかさん
タイヤによってパワステラックが逝くのは初めて聞きました。なんででしょうね・・・??

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/384-3a6a7329
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。