走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALFA ROMEO Sport Collection 58

本日ご紹介するのは56番目でご紹介した1900Berlinaに続く、Giulietta Berlina T.I.です。

GiuliettaTI.jpg

1900シリーズがアルファ・ロメオの戦後の量産車メーカーへの大転換を成し遂げたモデルであったのですが、このGiulietta Berlinaはその成功を不動のものにしたモデルであるということが言えます。
アルファ・ロメオはこのGiuliettaシリーズを販売戦略を立てて発売したと思われます。それは、最初に量販がそれほど見込めない、Giulietta Sprintを発表したことから窺えます。
1954年のトリノショーで発表されたこのGiulietta Sprintは1300ccという小排気量ながら、先代の1900シリーズに遜色ない性能を備えており、一方で価格は1900シリーズの2/3という、アルファ・ロメオファンにとっては夢のようなモデルでした。

そして、ベルトーネのデザインした流麗なボディと相まってSprintとしては異例な販売数でスタートします。そしてそのインパクトが浸透したときを見計らって、翌年の1955年にいよいよ本命のBerlinaが発表されたのです。
販売戦略として、先にスポーツモデルを発表し、「その流れを汲むセダン」としてスポーツセダンを発表するやり方は、その後も各社の販売戦略として採用されますが、全てがうまく行ったとは限らないのは面白いことだと思います。
アルファ・ロメオというメーカーの持つスポーティ・イメージが根底にあったからこそ成り立った成功だったのではないでしょうか。

結果としてSprintの5倍もの販売実績を上げた、「本命の」Berlinaでしたが、そのデザインはSprintやSpiderと異なり社内デザインによるもので、どちらかと言うとコンベンショナルなものでした。1900Berlinaの流れを踏襲したそのデザインは、当時の他社のセダンと比べてもそれほど個性的ではなく、デザインとしては凡庸であったと言えます。しかし、その真価はアルファ・ロメオであることで、それはすなわちスポーツ・セダンであることなのです。初期のGiulietta Berlinaは53hp/5500rpmを発揮するDOHCエンジンを搭載しており、ライバルのセダンに比べても充分以上のパフォーマンスを発揮していました。
これこそ、アルファ・ロメオのBerlinaの最大の特徴で、そのバックミラーに映るおとなしい外見から侮っていると、その姿は見る間に大きくなり、気が付けば抜き去られてしまった他社のスポーツクーペに乗るドライバーは数多かったでしょう。

さて、1900Berlinaと同様にGiulietta BerlinaもパフォーマンスUPを望む声に応えて、1957年にT.I.が発売されます。Berlinaでありながら、それがアルファ・ロメオであるが故に、多少の扱いにくさは我慢しても、その能力UPを望むユーザーは多いのです。T.I.は初期のSprintと同じチューンのエンジンを搭載し、65hp/6100rpmから最高速度155km/hを発揮し、当時のハイパフォーマンスカーの基準であった100マイルカー(160km/h)に肉迫します。
Giulietta BerlinaもSprintと同様に初期型を750系、後期型を101系と呼ぶのですが、初期型のグリルはSprintと同様にシンプルなものであったのですが、後期型のグリルはメッキがパネルが細かくなりゴージャスになって行きます。またサイドマーカーも単なる丸いライトからメッキバーと組み合わされ装飾的なものに変更されています。

付属するミニチュアモデルはGiuliettaの中での最後期の101系T.I.をモデル化しており、1962年のモンテカルロ・ラリーに出場したものです。
まだ、当時のラリーは一般市販車によって争われていた時代で、ラリーコースを駆け抜ける様は、見物するものにとっても自らのクルマでチャレンジしたくなる光景だったでしょう。

DSC01281.jpg

DSC01282.jpg

DSC01283.jpg

DSC01285.jpg


クリック↓お願いします!
b_01.gif


スポンサーサイト

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

コメント

なんかこう

ポテッとした形がいいですねぇ。
私なんかじゃグリル見ないとアルファだとは思わないでしょう(笑)
今見たらきっと驚くほど小さいクルマなんでしょうね。

全長×全幅×全高が3900mm×1580mm×1335mmですから今の基準からすると確かに小さいですね。
マツダのデミオが3895mm×1695mm×1475mmですから、それよりコンパクトなクルマです。しかしオトナがちゃんと4人快適に乗れるスペースがあり、車重は980kgとデミオの1300ccとほぼ同じです。ちなみにエンジンはデミオが91hpと優秀ですね。こう考えるとデミオって近年にない頑張ってるクルマだと思います。

510さ~ん!

更新はまだかな?
ココに来るのが日課だったのに・・・
早く早く~っ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/379-218527bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。