走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALFA ROMEO Sport Collection 56

本日ご紹介するのは、待望の?1900T.I.で、この1900の成功がなければ、現在のアルファ・ロメオはなかったと言っていいモデルです。

1900TI.jpg

1943年の2月、8月、10月と三度に亙り連合軍の爆撃を受けたポルテロにあったアルファ・ロメオの工場は、完全に廃墟となってしまいました。
戦争が終わり、何とか復興をなしとげたポルテロの工場は航空機や船舶用のエンジン工場として稼動を始め、自動車生産を再開したときも、戦前の6Cシリーズを中心としたモデルを製造するしかありませんでした。
ところが、戦後になって自動車を購入する階層は大きく変貌を遂げていたのです。それまでの富裕層は戦争によって疲弊し、マーケットは一気に縮小してしまっていました。
一方で、生活のための自動車はトラックを始めとして圧倒的に不足しており、自動車は大衆のためのものとしての可能性が大きくなってきていました。その答えがフォルクスワーゲンのビートルであったりシトロエンの2CVであり、FIAT500であったのですが、その底辺を支える小型車の上級モデルを必要とする新中産階級と言われる購買層も確実に増えてきていたのです。

アルファ・ロメオはそれまでのカスタムメイドの高級車路線からこの中産階級に向けた量産車メーカーとして転進することにし、新たなモデルを開発します。1950年のパリ・サロンとロンドン・ショーでお目見えしたこの新しいアルファ・ロメオはセンセーショナルなものだったろうと思います。現代の基準で言えば、ちょうどロールス・ロイスが2000ccクラスのセダンを300万円台で発表したようなものだと言えば、お分かりいただけるでしょうか。確かに当時のアルファ・ロメオはそれほどのメーカーであったのです。

アルファ・ロメオは量産効果とコスト低減のために新しいチャレンジを強いられました。初のモノコックボディに加えて、ダブルウイッシュボーンのサスペンスションもDOHCエンジンも厳しいコスト制限の中で選択されました。アルファ・ロメオは新しい購買層がアルファ・ロメオに何を求めているのかを分かっており、もしこの新しいモデルが彼らを失望させてしまうようなことがあれば、二度と自動車メーカーとしては復興できないことを覚悟していました。

こうして発表された1900Berlinaは90hpを発揮するDOHCエンジンを搭載し、車重1100kgから最高速度150km/hのスポーツセダンとして好評をもってマーケットに受け入れられます。
アルファ・ロメオはその高性能のブランドイメージを、見事に量産車に転換することに成功したのです。
それでもアルファ・ロメオは安心しませんでした。翌1951年に発表されたクーペバージョンのSprintにはこのエンジンをさらにチューンした100hpのエンジンを搭載し、そのエンジンをまたBerlinaにも搭載し、T.I.(Touring International)として発表したのです。
この開発パターンはその後のGiulietta、Giuliaにも踏襲され、現代に至るまで購入者を悩ませることになるのです。

付属するミニチュアモデルは1954年のミレ・ミリアに出場したモデルですが、そのマルーンというシックなボディカラーがおおよそレースには似合いません。
しかし、レースカーとしてはともかく、当時からアルファ・ロメオのBerlinaはシックな色調がよく似合うと思います。

DSC01273.jpg

DSC01274.jpg

DSC01275.jpg

DSC01276.jpg

先日の「アルファ164生誕20周年記念パーティ」でのエンリコ・フミアさんのプレゼンテーションにこの1900も登場しました。彼はアルファ164のフロントグリルのデザインモチーフとしてこの1900のマスクを使用したそうです。確かに、センターの盾の左右に同形のエアスクープを配したところは、アルファ164のボンネット下のエアスクープにも受け継がれています。

164Q4Motegi.jpg

アルファ・ロメオがその盾のグリルとエンブレムを受け継ぐだけでなく、そのデザインもモチーフとして次世代のモデルに引き継がれている好例だと思います。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

コメント

なるほど

転換期のアルファはこのモデルの成功にかかっていたのですね。
モチーフの使い方ってデザイナーの力量次第で良くも悪くもなりますからね。

何の変哲もないフツーのセダンが速い・・・というのがアルファ・ロメオの美学だったのでしょうね。ハネを付けたりアゴを出したりするのは邪道なのかも知れません。個人的には「いかにも」なスポーツセダンも好きなんですが(笑)
フミアさんもQVやQ4のエアロパーツは好きじゃないと言ってました。

私も

形はスーパーとかのスリークな方が好きですね。
365BBと512BB程度の差なんですがね(笑)
シャープな感じが好きなんだよなぁ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/374-c092a72c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。