走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中古車を買ふと云ふこと

ALFA・DEPOTの坂野社長と初めて出会ったのは、私が走行距離が延びてきたアルファ164Q4の温存を考え、当時のアシクルマであったSpider Sr.4の買い替えを考えていたときでした。

916Sp.jpg

通勤にも使うアシクルマですから、コンパクトで燃費もそこそこで維持費もかからないことが前提条件なのですが、加えて乗って楽しいことも重要で、結局これらの条件で考えると、排気量は2.0L以下でエンジンは4気筒のイタ・フラ車を中心に探すことになってしまいました。

そんな中で見つけたのがGTVの2.0TSというモデルでした。ご存知のように日本に正規輸入されたGTVは2.0LでもV6のターボエンジン搭載車でしたが、本国での販売の主流は1.8L~2.0Lの4気筒モデルでしたので、この並行で輸入された2.0TSは私にとっては魅力的な個体でした。
早速、試乗の連絡をしてALFA・DEPOTを訪ねたのですが、残念なことにタッチの差で売約済となってしまっていました。
しかし、私はその展示場で見たALFA・DEPOTの品揃えにちょっとビックリしてしまいました。

以前にも書いたのですが、10年オチのイタリア車の場合は走行50,000キロの個体だと、買った途端に重整備を伴うメンテナンス時期がやって来ます。一方で70,000キロの個体だと前オーナーがそれを行っているでしょうから、かえって安上がりの場合もあるのです。
展示場にあった916系のSpider/GTVやアルファ155といったクルマ達は、正直言って新古車のようなバリものではありませんでしたが、前オーナーの下で健全に走り、ちゃんとメンテナンスされてきた「佇まい」の良い個体ばかりでした。
路面店でアルファ・ロメオを販売する場合は、「客寄せ」のために相場より高い値付でも、なるべく走行距離の少ない個体を並べるものですが、私はこの通好みの品揃えに一発でヤラレてしまったのです(笑)。

中古車は新車と異なり、「一物一価(いちぶついっか)」です。だからこそ面白いのですが、その一台一台が異なるクルマの中からこの一台!を選ぶ作業は確かにタイヘンです。
しかし、通販の商品や自動販売機で買うものと異なり、それがどんなクルマであれ、最終的にはヒトから買うわけですから、
「クルマを見る前に売っているヒトを見ろ」
とは、けだし名言だと思います。
私は、この品揃えから坂野社長のアルファ・ロメオに対する愛情を感じ取ることができました。そして彼の、手頃な値段でちゃんとしたアルファ・ロメオに乗ってもらおうという「気持ち」を理解することができたのです。

気が付けば在庫車であったシルバーのSpiderに試乗していた私は、これまた気が付けば殆どクルマを見ることもなしに、次期アシクルマとして当初の選択肢になかったこのSpiderを購入していました。
そのときの私にとって、既にクルマ選びのための情報は全て得ていましたから何の心配もありませんでした。
クルマの説明も今更聞く必要もありませんし、程度に関しては試乗すれば分かります。相場も知っていますからそれが安いか高いかの判断も出来ます。
ですので、この個体を仕入れてきた坂野社長を理解できたときに、私に必要な全ての情報は揃ったと言えるのです。

その坂野社長が従来の越谷店に加えて春日部店を開店することになりました。今後は春日部店に注力するとのことですので、何かお祝いを…と申し出たところ、リクエストはミニチュアモデルのスペシャル・ディスプレイを…との答えでした。
この遠慮のない(笑)人間関係が素晴らしいのですが、加えてGTVとSpiderをディスプレイして欲しいとのことでしたので、奮発して手持ちのコレクションの中から1/43で揃えることにしました。

SpiderLate.jpg

GTVMinichamps.jpg

どうせなら後期型で…と思い、先日ご紹介したDeAgostiniのSpiderとMinichampsのGTVを選んでみました。どちらもボディカラーは赤で、モデルの出来そのものも何とかバランスするレベルです。
お店に飾りたいとのことでしたので、今回は柔らかなイメージの円形のディスプレイベースにして見ました。
そして、新しくデザインしたというALFA・DEPOTのロゴマークを送ってもらい、この円形のディスプレイベースにマッチするようにエンブレム風にリデザインしました。

20071109145008.jpg

DSC01471.jpg

坂野社長はこのブログの読者でもありますので、きっとご覧いただけているとは思いますが、どうでしょう?気に入ってくれるでしょうか…(不安)。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:アルファロメオ - ジャンル:車・バイク

コメント

510さんは

そういった星の元に生まれたんでしょうね(笑)

>4気筒のイタ・フラ車を中心に探す

このフラってのが気になります。
フラ車なら何を選んだのでしょうか?
でも結局フラ車は買わない気がするけどなぁ(爆)

クルマを新車で買うことができれば
それはそれで望ましいことだとは思いますが、
中古車に乗るということもこれまた悪いものでは
ないですね。
最近は自分も中古主体になってきており、
往時の名車を今乗っておく、といった
感覚で乗り回すのもいいと思うように
なりました。
そんなふうに思えるのも幸いなことに
出会ったクルマたちが大した不具合もなく
チャンと要求を満たしてくれたからでは、と思っています。

ところで自分も気になったのですが、
イタ・フラ車のうち、フラから選択するとしたら
どの車種になっていたのでしょうか?

ちなみに自分は輸入車の最初を’95シトロエンエグザンティアで
スタートしました。今でもあの乗り心地は
忘れ難く、また乗ってもいいかもとさえ思わせます。

  • 2007/11/09(金) 23:48:56 |
  • URL |
  • chifurinn #mwEy1mXw
  • [ 編集]

お二人とも相当フラ・・・に食いついてますね(笑)
実は、ホンキで買いそうになったのが、プジョー106でした。そうSifo Specialです。通勤アシクルマとしては最高だと思っていたのですが、気が付けばロールケージ入れて、サーキットへ・・・という予感がして止めました(爆)

なるほど

Sifo Specialですか、確か前にブログにも出てきましたね。
>ロールケージ入れて、サーキットへ・・・
まずそうなりますね、106なら(笑)
でも510さんが106・・・
似合わねーっ!(爆)

>似合わねーっ!(爆)
そうかなぁ。実はオペル・ヴィータスポーツも候補だったんですよ。

いくらなんでも

クルマが小さすぎるのです。
間違いないっ(笑)
つーか、もう寝て下さい(苦笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/370-12e3ca52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。