走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

展示車の選定

41IDNXx1po0L1iXx0503ks3kskXL00.jpg

「アルファ164生誕20周年記念パーティ」の企画段階から、会場にクルマを展示することは当然のこととして考えていました。ただ、全員のクルマを展示するはムリなことは当然でしたし、第一、全員がクルマで来てしまうとお酒を飲むことができませんから、パーティが成立しません。

クラブではメンバー各々が、自分の愛車に思い思いのモディファイを加えていますが、外観ではあまり改造された車両は少なく、せいぜいホイールを替えたり、ショックアブソーバーやコイルスプリングを交換して車高を下げたりするのがせいぜいです。
それでも、発表から20年が経過していますので、オリジナル状態を保ったクルマは少なく、むしろオリジナル状態を保つことのほうが多大な労力を要すると言ったほうが適当だと思います。

10年に亙り製造されたアルファ164は、数度のマイナーチェンジを受けています。代表的なモデルとしては、初期型の164Aに始まり、164L及び164QVまでが前期モデルと言えます。
過渡的な中期モデルとしての164FLを経て、164Q4及び164QV/24Vに至り、それと並行して外観が大きく変更された164Super12V/24Vの後期モデルで製造が終了したのですが、この代表的なモデルをオリジナル状態で展示するのが当初の目標でした。
実際に、アルファ164の全てのモデルを集めることができるのは私達オーナーズクラブをおいて他にはできないことですし、大切に維持してきたオーナーにとっても、この晴れ舞台は思い出に残ることだろうと思います。

しかし現実は厳しく、実際に集めることができたオリジナルモデルは164A、164QV、164Q4、164Super24Vの4車種でした。しかし、164QVに関しては初期のテスト製造モデルもメンバーが所有していたため、2台を展示することになりました。

そして展示車に関しての説明文を書くことにしたのですが、生憎の豪雨で、殆ど見ては頂けませんでした(泣)
その内容をご紹介したいと思います。
説明文の順番は写真上の左側からの順番です。

20071101205348.jpg

20071101205315.jpg

20071101205303.jpg

20071101205337.jpg

20071101205327.jpg

これらの車両はオーナーが大切に維持してきた素晴らしいコンディションのクルマばかりです。ですので、晴天の下にじっくりと見ていただけなかったことが残念だったのですが、その中で特に私自身にコダワリがあったのが初期の164Aでした。

DSC01418.jpg

このクルマはメンバーの間で転売され、現在は関西在住の3人目のオーナーの下で元気に活躍している個体なのですが、そのオリジナル度は抜群で、私も2人目のオーナーから借りて乗った際に、そのコンディションに感激した記憶があります。
加えて、ボディカラーがエンリコ・フミアさんが最初にデザインスケッチを画いたときのイメージカラーであったシルバーであることも好ましい点で、実際にCar Graphic誌主催のイベントでエンリコ・フミアさんがトークショーに出演した際に依頼を受けて展示した車両でもあります。

CIMG0012.jpg

今回はオーナーが仕事の都合で参加できなかったため、ムリをお願いして、執行部メンバーのIさんに借りて乗って来てもらったほど、どうしても展示したかった車両でした。

これほどコダワリを持って集めた展示車両ですので、充分見ていただけなかったことが本当に残念でしたが、それでも最後にオーナーの皆さんへのお礼としてエンリコ・フミアさんにお願いして一台一台にサインをして頂きましたので、多少のお礼にはなったのではと思います。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

コメント

なるほどー。
こういう文章だったのですね。
黒QVのテストモデルについては、自分が乗っているということもありますが、なんだか「ただならぬオーラ」を感じていたのは、そんな秘密があったからなんですね。そんな貴重なモデルが日本にあるのも驚きですが、展示車として用意するあたり、510さん、スゲー!

  • 2007/11/02(金) 19:38:39 |
  • URL |
  • おてつ #knr25k1o
  • [ 編集]

>おてつさん
すごいのはオーナーですよ(笑)
ただ、この個体はホイールをノーマルに戻したり、ボディをせっせと磨いたり、準備がタイヘンだったようです。

>510190さん
う~ん、久しぶりにA見て感慨深いものを感じました。
雨の中、傘さしてじっくり見てました。
カーグラのときの写真もずいぶん昔ですが、
結構きれいに写真写りするものなのですね。

  • 2007/11/02(金) 21:36:40 |
  • URL |
  • ryuta #/Cc3pzXQ
  • [ 編集]

>ryuta君
誰かと思えば、とっとと手放した元オーナーじゃないですかっ(笑)
本当にこの個体は素晴らしいんですよ。もちろんそれなりに手はかかるでしょうが、素性が良いのでちゃんと報われるハズです。

164はもう20年になるのですね。
当時から端正でクリーン・モダーンな
フォルムは今でも絶妙なスタイルバランスが
取れていて全く色褪せることがないですねー
確かこの時期はプラットフォームを共有化して
SAAB9000、LANCIA THEMA、
FIATの何某(忘れました)と、この164が開発された
のでしたよね。ランチァテーマも好きですが、
やはり個人的に164が好みです。

そしてこの天王洲の会場のモダーンな雰囲気に
すごくマッチしてます。
どれだけイメージを磨いて周到に準備を
進めてこられたのかに感じ入ってしまいました!

  • 2007/11/02(金) 23:44:17 |
  • URL |
  • chifurinn #mwEy1mXw
  • [ 編集]

僕も手放した2人目の元オーナーです(笑)
本当にいい車だったなぁ~
でも、お金かかったなぁ。感慨深いです。

  • 2007/11/03(土) 01:48:44 |
  • URL |
  • スッド #-
  • [ 編集]

>chifurinnさん
Tipo4プロジェクトの最後が164だったのですが、フミアさんのコダワリでフロントのストラットを再設計するなど、そのフォルムを実現するためにシャーシー変更までしていました。そのヘンが他の3兄弟と印象が変わっている理由だと思います。

>スッドさん
誰かと思えば、同じくとっとと手放した二人目のオーナーじゃないですかっ(笑)
最初の出費を我慢すればナニゴトもなくなるのに・・・ねぇ。

その510さんこだわりの貴重な個体で帰途スキール音を鳴らして某支部長に叱られたのはワタシです。反省・・・
でも、楽しいドライブでした。

  • 2007/11/03(土) 08:43:31 |
  • URL |
  • Jamaoka #110ru34.
  • [ 編集]

>Jamaokaさん
いやいや・・・クルマは走ってナンボですから(笑)
「ガンガン走って、どんどん修す。いつもニコニコ現金払い~」

そして

>ガンガン走って、どんどん修す。いつもニコニコ現金払い~

財政難になるのですね、○竹のように~(爆)

思い出はカネじゃあ買えないぜぇ~

>すごいのはオーナーですよ(笑)
 いえいえ、その車を僕に引き継いでくれた歴代オーナーに感謝しています。フミアさんのサインもいただけて、この固体は僕の元を離れることはもう無いでしょう(爆)。 こんなにステキなイベントを実行してくださった、510さんや執行部の皆様に感謝です。

>思い出はカネじゃあ買えないぜぇ~
 まさにその通りですね、ではエアコン直しに病院に入れます(笑)

  • 2007/11/03(土) 21:08:12 |
  • URL |
  • kobu #-
  • [ 編集]

>kobuさん
末永く大切にしてやってくださいね。
それにしても、マニアックな個体ですねぇ(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/363-d4851a25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。