走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大好きなFerrari

今日は急用で外出してしまったため、更新の時間がありませんでした(泣)
でも、そんなときのために取っておいたネタを出したいと思います。
それはFerrariのミニチュアモデルです。
某氏のブログでも紹介されていますが、Ferrariのミニチュアカーをコレクションし始めることはとても危険で、真剣になってしまえば、ひと財産を散財することになってしまいます。
私は、早々とアキラメてしまったので、傷は小さくて済んでいます(笑)

その中から、某氏が泣いて欲しがるモデルをピックアップしてご紹介したいと思います。正直言って…、

「単なる嫌がらせ」

です(爆)

まずは、Box ModelのフロントエンジンのFerrari3種です。現在のようなリアルな完成度ではありませんが、味わいのある造形で、私は大好きなメーカーでしたが、今は見かけなくなってしまいました。

言わずと知れた250GTOですが、カラーリングは1963年のTourist Trophyに出場したイギリスのチームのものです。

018_19.jpg

019_20.jpg

こちらは、250TdF(Tour de France)と呼ばれるモデルで1960年のGP de Parisに出場したモデルです。

014_15.jpg

015_16.jpg

そして、私が一番好きなモデル275GTB4です。この275GTBはイエローが一番似合うと思います。

016_17.jpg

017_18.jpg

そして、こちらはDetail Carsの365GTB Daytonaです。こちらのモデルはまだ、たまに見かけますがそれもデッドストックだと思います。1970年のル・マンに出場したこのカラーリングは有名ですが、これまた大好きなカラーリングです。

012_13.jpg

013_14.jpg

これも同じく、Detail Carsの456GTです。このモデルの特徴はドアが開閉できることなのですが、予想に反して?チリも合っておりオモチャ然とはしていません。

020_21.jpg

021_22.jpg


フロントエンジンのフェラーリは一時期、完全に死滅してしまいましたが、最近はまた復活して来ました。
確かにミッドシップのフェラーリは格好良いとは思いますが、もし仮に自分が所有できるのであれば、フロントエンジンのFerrariにより魅力を感じてしまうのはトシだからでしょうか…。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

コメント

>その中から、某氏が泣いて欲しがるモデルをピックアップしてご紹介したいと思います。
正直言って…、 「単なる嫌がらせ」 です(爆)

ひでぇ・・・(泣)
しっかし今回のはものの見事に一台も持っていないのばかり・・・
TDFなんて渋い選択ですねぇ、275は私も黄色が一番似合うと思います。
御殿場にありますね。
456は持っていますがメーカーが違います。
456Mの紺、タン内装のMTなんて最高にお洒落だと思います。

ひっひっひっ・・・(笑)
456はホワイトに内装がバーガンティってのも捨てがたいですよ。

ひっひっひっって・・・

ところで、456は初期とMがありますがどちらが好きですか?
私はボンネットがスッキリしたMの方が好きですね。
ホワイトの456は見た事がないなぁ。

基本的にはデザインは初期のものが一番デザイナーのオリジナリティがあるので好きなんですが、個人の好みから言えば、確かにこの456のボンネットはすっきりさせたいトコロですね(笑)
う~ん。でも私はやっぱり初期型かなぁ・・・

フェラあり

私は個人的にはフェラーリにはほとんど興味がないので免れていますが、「フェラーリ好き」+「ミニカー好き」だと確かに財布がいくらあっても足りないでしょうね。
興味ないとはいえF1数台とHERPA製のモデルは何台か持っていますが。

  • 2007/10/06(土) 00:54:08 |
  • URL |
  • もりおか #-
  • [ 編集]

>もりおかさん
夜中になるとタイトルが怪しいですね(爆)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/331-354ccb9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。