走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地獄クルマを訪ねて…その参

DSC00328-1.jpg


今回の地獄クルマは以前に取り上げたランチア・テーマと同じくTipo4兄弟の1台、

フィアット・クロマ

です。
残念ながらこのクルマ、4兄弟の中で、日本では最も売れなかったクルマです。それは当時の正規ディーラーの販売網の問題だけでなく、フィアットというブランドが日本でイマイチ中途半端だった(今でもそう?)ことに起因します。

実際には1985年の発表から1994年の製造中止までの10年間で45万台以上のセールスを記録していますので、主な販売地域であったヨーロッパでは結構売れたクルマと言えます。
ですので、単に日本で売れなかったクルマなんですが…じゃあ、日本の厳しいマーケットで受け入れられなかったダメクルマかと言うとむしろ反対で、このフィアット・クロマ、イタリアではタクシーやパトカーとしての需要に加えて、プローディ元首相の公用車として使われていたくらいですので、至極真っ当な実用車と言えるでしょう。

日本には発表から2年後の1987年、当時のインポーターであるJAXにより発売され、翌年にはホルマン社製のフルエアロキットを纏った姿で販売されるようになりました。
このあたりが、このクルマの悲劇ではないかと思うのですが、そもそもが実用車として企画されたモデルを無理やりスポーティに仕立てて売ろうとしたため、その中途半端さ故にユーザーからソッポを向かれてしまったのではないでしょうか。

DSC00325-2.jpg


日本に導入されたフィアット・クロマのエンジン型式も2.0の4気筒DOHCターボとノンターボという当時のフィアットの定番エンジンでしたが、ターボでも155psと動力性能は大したことはなく、むしろ「必要にして充分」な動力性能しか与えられていなかったわけですから、やはり「カッコだけ」のクルマと見なされてしまったのでしょうね。

DSC00332-6.jpg


さて、このフィアット・クロマの最大の特徴は5ドアハッチバックであることです。デザインはランチア・テーマと同じく巨匠ジウジアーロが率いるイタル・デザインですが、「高級車」のランチアと異なり、「大衆車」のフィアットですので、この5ドアハッチバックという選択は、差別化を図るという意味でも当然のことだったのでしょう。

DSC00327-3.jpg


残念ながら日本ではこれも、「中途半端」と見なされてしまうボディ形式ですが、ヨーロッパでは根強い人気があり、セダンとワゴンの良所を兼ね備えているのが特徴です。さすがバカンスの国ですねぇ。確かにDセグメントサイズのボディのこのラゲッジスペースは広大で、さらに後席を畳めば単身者の引越しくらいはこなすのではないかと思われるホドです。
余談ですが、当時のジウジアーロデザインにFFジェミニがありますが、ボクシーなデザインに同じテイストを感じるのは私だけでしょうか?実は私、アルファ・ロメオの75TSを買う前はFFジェミニを2台乗り継いでいたので、何となく懐かしさを感じてしまいました。

DSC00330-4.jpg


このように、フィアット・クロマは、

実用車として見ると理想的な使い勝手に優れたクルマ

と言えます。もちろんTipo4シャーシーのユルさと、お約束?の製造品質の問題はありますが、他の兄弟車の高級車路線と比べると全然許せてしまうから不思議です。
ただ悲しいかな、生存台数が天然記念物並みに少ないため、地獄クルマに見えてしまうのかも知れません。

日本ではクルマのレッドブック(絶滅危惧種)の上位に来る…であろうフィアット・クロマですが、生き残っているフィアット・クロマは、その本来の実用車としての役割を果たすべく、あたかも古民具のようにオーナーに使い倒されていてもらいたいと思います。

DSC00329-5.jpg


DSC00336-7.jpg


クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

コメント

510さん、こんばんは。
「クロマ」と聞いてお邪魔させていただきました。
以前、私が所有しておりましたクロマと同じですね。外観はボディーカラー、ホイールこそ違いますが、ホルマン・フルエアロといい全くそのものです(笑)
当時、初めてJAXで試乗したのはこの色です。その試乗でヤラレました。
今思えば、パンダからの乗換えでしたので動力性能に不満は無く、排気量2Lでボディーサイズのために3ナンバーという当時少なかった仕様で、大人4人乗車プラスその使い勝手の良さに満足していました。

>当時のジウジアーロデザインにFFジェミニがありますが、ボクシーなデザインに同じテイストを感じるのは私だけでしょうか?

コレ、同感です。
実際、ジェミニは乗らなかったのですが一時、欲しかった時期がありまして・・・(笑)
クロマ、ちょっとボディー大きいですが同じ匂いを感じます。

それにしても最後の写真のFIAT,ABARTH。
懐かしいです(笑)


  • 2006/12/15(金) 01:38:31 |
  • URL |
  • JOE #-
  • [ 編集]

>JOEさん
ありがとうございます。私見ですが、クロマを買ったヒトって本当にクルマが分かってるヒトだと思うんですね。ブランド力でもカタログスペックでもなく、ちゃんとクルマに対して何を求めるかという価値観を持って余計な先入観にとらわれずに候補を選ぶとクロマって結構身近に来る選択肢だと思います。
またJAXから買うという勇気も賞賛に値します(爆)
褒めすぎちゃいました?

すべてはクロマから

先日に続きコメント失礼します。ただいま、510さんのブログ遡って拝読させて頂いております。
私のイタ車生活は、クロマターボからスタートしました。当時、私もFFジェミニをアシにしていたのでクロマのデザインに惹かれ、JAXに試乗に行き即決購入しました。4000回転からクウォ~ンと音が変わり、メーターでは240kmを振り切るまで安心して踏んでいけました。後で知りましたが、私の購入した車は試乗車(広報車?)だったので、コンピューターがROMチューンしてありました。クロマも3台購入しましたが、いまでも大好きな車です。クロマよ永遠なれ!

  • 2010/07/06(火) 07:31:37 |
  • URL |
  • ペタンコ #-
  • [ 編集]

>ペタンコさん
ただただ絶句です(苦笑)
クロマにまで乗っていらしたとは・・・しかもFFジェミニとは!
本当に私の車歴とカブリますね。
立派な変態ですっ(失礼)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/32-044cc363
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。