走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Spiderの車検整備

部品集めに苦労しているSpiderですが、着々と整備は進んでいます。

DSC00923.jpg

交換したブレーキローターですが、ご覧のようにかなり減っていました。エッジが立っているのがお分かりいただけるでしょうか?何とか研磨すると使えるレベルかなとも思いましたが、恐らく新車時から無交換でしょうから、安全を見て交換した判断は正解だったと思います。

DSC00927.jpg

一方で、ブレーキキャリパーのシールは惨憺たる状況でした。ゴムが切れてしまっています。この部品もアメリカに手配しましたので、一旦車検を受けてから部品が届き次第、再度入庫させ交換することにします。

070725_07.jpg

錆びて孔が開いてしまっていたマフラーです。かなり錆が進行していました。新品と比べるとその酷さが良く分かります。

070725_09.jpg

リアエンドはANSAですが、音質がどう変わるか楽しみです。

DSC00925.jpg

エアフィルターも恐らく新車から無交換だったのでしょう。これでは吸気に影響が出ていたと思われます。

070720_09.jpg

今回の点検で見つかったエンジンマウントのヘタリです。完全に潰れて高さが変わってしまっています。しかもゴムが硬化してしまっていますので、防振の役目を果たしていません。

DSC00921.jpg

手配した新品のエンジンマウントと並べてみると、その高さの違いが良く分かります。以前に書いたようにエンジンマウントが低くなるとエンジンの頭が下がってしまい、ベルトが接触したりして最悪、ベルトが切れてしまいます。

070728_02.jpg

交換後のエンジンマウントです。ゴムが新しいのは気持ちの良いものです。

DSC00920.jpg

ゴムと言えばゴムホース類ですが、ひび割れを起こしていました。最近のアルファ・ロメオは随分改善されましたが、アルファ75以前のモデルに使用されているゴムは劣化が早く、熱に弱いという欠点があります。できれば最近の耐熱ゴムに変更したいところなのですが、サイズや口金の問題もありワンオフで作る以外は結局、交換部品で対応するしかありません。ここで問題なのは劣化で、仮に新品であったとしても何年も在庫していたものだと、折角交換してもすぐにダメになってしまうことがあります。
少しでも材質が改善されていることを願うばかりです。

070728_04.jpg

フロント右のホイールは縁石で擦ってしまったため傷だらけになっていました。スペアタイヤのホイールと交換してリフレッシュです。最近のテンパータイヤですとどうしようもありませんが、スペアタイヤに付いている予備のホイールが1本あるのは有難いものです。

DSC00924.jpg

さて、来週はようやく走り出すことができそうです。オーナーも待ちくたびれていることでしょう…(笑)

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:アルファロメオ - ジャンル:車・バイク

コメント

こうやってリフレッシュしてこそ安心して乗れますからね。
コンディションを保つって実は相当大変ですから。

>こ~んずさん
昔のアルファ・ロメオって、ちゃんと交換するところが明確なんですよね。先達の皆さんのノウハウが全て引き継がれていますから・・・。
その点アルファ164Q4は本当に「なってみないと」分からないところがいっぱいありました。これからは後輩の皆さんのお役に立てればと思っています。

下から2つ目の写真、ぎょっとしますね。
先日点検した時は、マフラーのタイコ部分にクラックを発見、パッド交換以外は問題なしでしたが、再度エンジンルームを確認しようかと思っちゃいました。

  • 2007/07/29(日) 20:03:12 |
  • URL |
  • ito #cks3dOnk
  • [ 編集]

>itoさん
スパイダーに限らず、イタリア車のゴムは要注意ですよ。特に熱に弱く硬化するものが本当に多いです。殆どの炎上事故のキッカケがこのゴムホースです(泣)

ゴム製品

そうそう、イタリアに限らず欧州のゴムは要注意です。気をつけないと穴が開きます。 ・・・あ、違うゴム製品でしたか?
サイズが合わないだけだったりして(笑)

  • 2007/07/29(日) 23:47:58 |
  • URL |
  • もりおか #-
  • [ 編集]

>もりおかさん
意味不明ですっ!飲んでるでしょ・・・(苦笑)

シ・ラ・フ です!!

  • 2007/07/30(月) 01:01:28 |
  • URL |
  • もりおか #-
  • [ 編集]

結局メンテナンスされておらず経年劣化している場所からトラブルが発生したりするだけで、元々シンプルでパーツ点数も少ない丈夫な構造なのにもかかわらず「故障しやすい」と思われる場合が多い様ですね。
よく「アルファロメオって故障し易くありませんか?」
と聞かれますが私は複雑な印象で聞いています。
パーツの耐久性や所有者の運転の仕方もあるかもしれませんが普通ですよね。
結局ご自身でメンテナンスや修理される人は手早く安く仕上げられるでしょうけれど、ご自身でされない人の場合は専門店等に依頼する形になりますから費用もかかる事になりますね。
その費用によってはなかなかやりたくてもやれないメンテナンスや修理もありますから、それがいくつも重なって積もると故障しやすかったり、いきなり大掛かりな大金の修理になってしまったりという悪循環に及ぶのではないかと思われます。
やはり管理は大切ですね。

  • 2007/07/30(月) 15:27:58 |
  • URL |
  • o #L9SytcTM
  • [ 編集]

>oさん
まったくその通りだと思います。115系以前のアルファ・ロメオは丈夫なクルマだと思いますね。残存率の高さがそれを証明してるのではないでしょうか。
彼女のSpiderは購入してから1年間の間、一度オイル交換しただけで全くメンテナンスを受けずに(私が点検する程度)で毎日、彼女の通勤のアシとして走ってくれました。今回は結構手を入れますが、これってナニゲにスゴイことだと思っています。
アルファ・ロメオは丈夫ですっ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/265-748467a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。