走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Micro Carの可能性2

軽自動車は日本が世界に誇れる規格だそうです。確かに単に小さいクルマを作ったのではなく、あの軽自動車という制限の中で最大限の性能を発揮しようとする技術者の努力は、自動車が工業製品であるが故に進歩してきたのだろうと思います。

エンリコ・フミア氏は日本の軽自動車が大好きです。来日するたびに日本の軽自動車がその制限(規格)の中で進歩し、どんどん魅力的になって行くことに驚くと共に敬意を抱いています。特にダイハツのHi-Jetに代表される軽バンが好きで、あのパッケージングの凄さに、先日来日した折には、私にスケルトンイラストを手に入れてくれ…とまで言うほど惚れこんでいます。

さて、昨日ご紹介したこのコンセプト・モデルはトリノのCAT社の依頼によりデザインされ、2004年のボローニャモーターショーで発表されたJOD-JODと名付けられたMicro Carです。
このコンセプト・モデルを見ると、エンリコ・フミア氏が日本の軽自動車を充分に研究した上で、実現可能なデザインとして製作されたことが良く分かります。

全体のデザインはエンリコ・フミア氏が提唱するフォーサイド・ルックをベースに「波」をイメージしたキャラクターラインでボディ全体の統一感を出しています。

2copia.jpg

前後のパネルは同じ形状でコストダウンを計っています。また、昨日の赤いボディと見比べていただくと、同じパネル(サイドミラーも)をコンビネーションで用いて、同じくコストを下げながら全く違った印象になるようデザインされていることが分かります。

4copia.jpg

サイドの眺めはランチア・イプシロンにも通じるまさに「フミア・デザイン」です。

8copia.jpg

フロントのサービスハッチは流石に華奢で、実現する際には補強しなければならないかも知れません。

13copia.jpg

リアハッチは現実的なデザインです。2人乗りのMicro Carですから、リアに載せる荷物はせいぜい買い物袋くらいのものでしょう。であれば、このようにガラス部分を開ける形式のほうが、軽くすることができ、しかも荷物の出し入れがし易いでしょう。

17copia.jpg

室内のデザインも安い素材をうまく組み合わせています。こういったデザインはエンリコ・フミア氏に限らず、イタリア人は素晴らしいシゴトをします。巨匠ジウジアーロの初代PANDAの内装とも共通の、機能美を追求するだけのドイツ車とは一線を画すイタリアンモダニズムを感じると言えば言いすぎでしょうか。

I4copia.jpg

私はこのドアのインナーのデザインが大好きです。外観のデザインはともかく、この内装デザインは今すぐにでも日本の軽自動車に採用できると思います。

I6copia.jpg

このハンモック式のシートのアイディアも秀逸です。もし、取り外せて丸洗いできるのならばもっと良いかもしれません。

I11copia.jpg

これからは日本に限らず、世界中でMicro Carの需要は増えていくであろうと思います。ヨーロッパやアメリカの都市部や発展途上国において、Micro Carは安価で、燃費も良く、環境にも優しく、駐車場所にも困らず…と、現在自動車が抱える問題点の多くを緩和することができる現実的な選択だと思います。

ただ先進国でこのMicro Carが成功するためには、「ビンボー臭く」ないことが求められるのではないでしょうか。決して「ビンボー」で、「これにしか乗れない」のではなく、優れたデザインと機能性のために、積極的に選択されるクルマとしてMicro Carが成立するためには、日本の軽自動車の優れたメカニズムとエンリコ・フミア氏がデザインしたようなイタリアンデザインの融合が必要ではないかと思います。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:イタ車 - ジャンル:車・バイク

コメント

確かにビンボー臭くないマイクロカーって難しいですね。
ファニー過ぎないのも必要だと思いますし。

  • 2007/06/21(木) 13:54:37 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

>こ~んずさん
コストを考えたら素材ではなくてデザインが全てだと思うんですよね。小さな高級車って成功例は少ないですが、デザインが素晴らしいMicro Carってのはアリだと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/227-bdbddc4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。