走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE RAT PATROL

20,000アクセスアワードをゲットされた方からご連絡をいただきました。福岡にお住まいのitoさんという方で、いつも私のブログをご愛読いただいている方でした。ご自身のホームページもお持ちで、愛車のSpider Sr.4とフェアレディと共に、充実したクルマ生活を送っていらっしゃるようにお見受けしました。

ところが、残念なことに記念品のABCペダルはご辞退されましたので、今回も前後賞を気合と根性と物量作戦でゲットされたi-maccoさんに贈らせていただくことにしました。
i-maccoさんは前回に続く受賞で、賞品は本日発送させていただきましたので、どうぞお受け取りください。
itoさんには何か別の記念品を…と思い、現在ご連絡を差し上げていますので、決まりましたらまた皆さんにもご紹介させていただこうと思っています。

さて、途中で20,000アクセスが舞い込んで来ましたので、ハナシが途中になってしまいましたが、実は私はこのWillis MBが大好きです。でもJeep全般が好きなワケではなく、戦後に三菱がライセンス生産をした、J-3型と呼ばれるJeepはそのボンネットの厚さがJeep本来のバランスを崩しているため格好悪く、ちっとも好きではないのです。
どうやら私はJeepが好きなのではなく、Willis MBが好きなようです。
何故だろうか…と思い返してみてハタと思いついたのが、子供の頃に見たTV番組の影響だったのです。

私が子供の頃だった1960年代は、TVでアメリカのTV映画(ドラマ)が全盛の頃で、刑事モノからファミリードラマなど様々なジャンルのアメリカのTV番組が放映されていました。
その中でも「戦争モノ」と呼ばれるTV番組が大好きで、TVに噛り付いて見ていた記憶があります。

代表的なものはビッグ・モロー主演の「コンバット」で、ナンと関西では日曜日のゴールデンアワーに放映されていました。彼が演じる主人公のサンダース軍曹が持っているTHOMPSON機関銃が格好良く、なんとかオモチャを買ってもらおうと悪戦苦闘したものです。

でも、私が一番好きだったTV番組は「THE RAT PATROL」でした。

20070615174529.jpg

この番組は第二次大戦中の北アフリカ戦線を舞台にした、アメリカ軍の特殊部隊とドイツのロンメル機甲師団との戦いをテーマにしたもので、もちろん主人公のクリストファー・ジョージが演じるトロイ軍曹はめちゃくちゃ格好良かったのですが、それよりも登場するJeepがとにかく格好良く、子供だった私はたちまちイチコロに参ってしまったのです。特に大好きだったシーンはオープニングテーマに登場するJeepが砂丘をジャンプして越えるシーンで、殆どの戦争映画に「脇役」として登場するJeepを、「主役」として人間以上に際立たせた名作ドラマだったと思います。

もちろんドラマですから、内容はお気楽なアメリカ映画にありがちなフィクションのカタマリなのですが、このドラマには実在のモデルがあります。それはイギリス軍のS.A.S.(Special Air Service)という特殊部隊で、実際にJeepで砂漠を単独で行動し、当時優勢だったドイツ軍に対してゲリラ的に後方撹乱や補給線攻撃に活躍した部隊です。
ちなみに、このS.A.S.は現在も対テロなどの特殊部隊として活躍しています。

SAS.jpg

一方、当時の日本ではどうだったかと言うと、「くろがね四起」と呼ばれた95式小型乗用車がありました。
この自動車は、昭和11年(1936年)から昭和20年(1945年)まで、ちょうど10年間にわたり陸海軍の小型乗用車として製造された軍用小型4輪駆動車で、開発の時期からすると実はJeepより古いモデルです。
当初は偵察・連絡用のオートバイに代わるものとして二人乗りで設計され、その後の改修でエンジンが1200ccから1400ccにアップし、ようやく座席は4席になりましたが、いかんせんJeepと比べると、その性能もデザインも古色蒼然としたものです。
それよりも何よりも、日本軍の用兵思想がなっておらず、機械化していない徒歩や馬で移動する部隊に、機動力が命!の小型乗用車を配備しても何の役にも立たなかったでしょう。
それもそのはずで、主力とは言え、当時の殆どの車両装備は民間の乗用車を徴用したもので占められており、このような専用設計の車両は数も少なく、その殆どは後方で使用され、Jeepのような多様な使われ方はされませんでした。

20070615174554.jpg

さて、先日の問題の答えですが、こ~んずさんの想像の通り、これはライフルラックと呼ばれる小銃を固定するためのものです。
固定される小銃はM1ガーランドと呼ばれた小銃で、Jeepのフロントスクリーンを倒した状態の時にこのラックに小銃を入れて移動の際に固定する装備です。

M1.jpg

軍事評論家の方によると、第二次世界大戦の日本軍と連合軍の装備を比較したときに、その物量の差や作戦の差を除けば、決定的な敗因は3つに絞られるそうです。一つはレーダーで、次にブローニング製の12.7mm機関銃、そして最後はJeepなのだそうです。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

コメント

コンバットは見ていましたがラット・パトロールは知りませんでした。
でもコンバット、懐かしいなぁ。

ライフル・ラック、当たったんですね!
うひょ~♪(笑)
何となく形が似てるなぁ、と。
(..)(^^)(^。^)(*^o^)(^O^)ウレシーーー!!
何かちょーだい(爆)

  • 2007/06/15(金) 22:09:25 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

>こ~んずさん
残念でした。こ~んずさんの答えには「?」マークがいっぱい付いてたからダメです(笑)

>「?」マークがいっぱい付いてたからダメです

え~!
3つしか付けてないですよぉ(笑)

  • 2007/06/15(金) 23:21:12 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

ラット パトロール 見てましたよ。確か夜8時頃だったか?2台のJeepが砂漠を並んで走っているのを空撮している所がしっかりと記憶にあります。これを見てからJeepやロンメル戦車のプラモデルを組むのにハマってたっけ。

  • 2007/06/18(月) 22:57:10 |
  • URL |
  • Chousuke #-
  • [ 編集]

>Chousukeさん
いらっしゃいませ~。リンクを貼ってある映像を見てみてください。私は涙が出るほど懐かしかったです(笑)

>510190さん
観ちゃいました!っで、思わずドラマの部分も検索してしまいました。めちゃくちゃ懐かしいかった~。・・・をぶっ飛ばせ、という感じの痛快アクションがイイ!

  • 2007/06/19(火) 00:13:19 |
  • URL |
  • Chousuke #-
  • [ 編集]

>Chousukeさん
見ちゃいましたか~(笑)
あと「特攻ギャリソンゴリラ」とか「爆撃命令」とか当時のアメリカ戦争ドラマは最近のリアル過ぎる戦争映画と異なり、あくまでフィクションとして見る分には痛快で良いですね。今ではこんな脳天気なドラマは絶対に作れないでしょう(苦笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/222-ab320c25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。