走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Discover Alfa155 ~その壱~

155-1.jpg

友人からこんな指摘を受けました。

「かつての愛車のハナシの中でアルファ155V6のハナシが少ないけど、嫌いだったの?」

また、ぱおぱおさんからも「アルファ155はどーなんでしょう?」というご相談をいただきました。

私の以前のブログで触れたようにアルファ155はアルファ・ロメオのターニングポイントの一つであったと同時に、生産技術的な側面から言うと革命的なクルマであったと言えます。ところが本国での販売実績は…というと残念ながら失敗であったとしか言い様のないモデルです。では、アルファ155はダメグルマであったのでしょうか?そして現在、アルファ155を中古で買うとしたらそれは価値のあることなのでしょうか?
その辺りのことをオーナーであった経験から書いてみたいと思います。

実は、私が慌ててアルファ75をオーダーしたのも、アルファ155の発表がきっかけでした。
当時は、フィアットに吸収されたアルファ・ロメオはもう独自でクルマを設計できなくなり、これからはフィアットベースでのバッジエンジニアリング(車名だけ変えた程度のモデル)でしかアルファ・ロメオは発売されないから、アルファ75が最後の「純血」のアルファ・ロメオになると言われていたのです。
今となってみると、その当時の心配は杞憂であったのですが、それでもシャーシーを独自開発できないアルファ・ロメオが、その最大の特徴であるドライビングフィールを保ち続けられるのかは最大の心配であったのです。
その心配は日本のアルファ・ロメオファンだけでなく世界中の心配だったようで、結果発売されたアルファ155はフィアットTipoとシャーシーを共有するFFセダンとして、クルマとしては至極マトモであるにもかかわらず、アルファ・ロメオとしての華がない外見とFFであることからさっぱり売れなかったのです。

日本におけるアルファ155は1992年にアルファ75の販売終了を受ける形で発売され、当初はアルファ75と共通のオールアルミ製2.0L直列4気筒・DOHC8バルブエンジンを搭載した2.0L ツインスパーク8Vと、ランチアデルタ・HF・インテグラーレのエンジン(2リッター + ターボ)と四輪駆動の駆動系を共有したQ4の2種類が販売されました。そして翌年1993年にはABSを追加装備し、1994年にはエアバッグとサイドインパクトバーが追加され安全装備の充実が図られました。

さらにDTMでのアルファ155V6TIの大活躍を受け(中身は全くの別物した)、1995年に大幅なマイナーチェンジが施され、全車ブリスターフェンダーによりワイドボディーとし、各グレードにラグジュアリー仕様のスーパーとスポーティ仕様のスポルティーバが設定されました。(これに合わせ、それまでのボディーをナローボディーと呼びます)
同時に2.0L ツインスパーク8Vは、鋳鉄製のフィアット系モジュラーエンジンに伝統のツインスパーク仕様のシリンダーヘッドを搭載し、マルチバルブ化した2.0L ツインスパーク16Vに変更されました。 日本仕様車は2.0L ツインスパーク16Vスーパーとアルファ・ロメオオリジナルのオールアルミ製2.5リッターV型6気筒(SOHC)のエンジンを搭載した2.5L V6スポルティーバ、及びワイドボディ化されたQ4の3車種となりましたが、そのうちQ4は販売低迷から早々と生産終了となり、その余った内装パーツを用いて日本向けに限定車として1996年に250台限定のV6リミテッドバージョンが発売されます。このLVにはツェンダー製のエアロパーツにQ4と共通のRECARO製のシートを装備し、側面に大きくアルファ・ロメオのエンブレムが貼られていた日本向オリジナルで、その販売は日本国内だけのモデルでした。
本国では低迷していた販売もDTM効果か、日本では比較的好調であったため、1998年には最終限定車としてV6-250台、TS2.0L-500台が販売され、アルファ155の日本での販売は終了しました。

DSC00683.jpg

このように最終的には日本で比較的販売が好調だったアルファ155ですが、ATモデルもなく左ハンドルのみの車種ラインアップであったことを考えると、その販売台数は画期的であったと言って良いと思います。しかしその販売数は後期型のワイドボディのスポルティーバ仕様に集中しており、現在の中古車市場でもこのモデルが主力です。前期型のナローボディのタマ数は少なく、すでに市場からは淘汰されてしまっており、たまに出るバリモノはマニア向けと考えた方が良く、実際に購入する対象としては、後期型の2.0LTS16Vか2.5LV6となり、いずれもスポルティーバ仕様が殆どであるのが現実です。

私がアルファ75TSからの買い替えでアルファ155を購入したのは1995年のマイナーチェンジ後のことでした。当時のディーラーであったコーンズ・モータースにアルファ75を下取りに出し、私の手許にやってきたその2.5LV6SOHCエンジンを搭載したスポルティーバパッケージモデルは、それまでのアルファ75とは全く異なるクルマでした。
よく言えば現代のクルマとしてマトモになったと言え、悪く言えばアルファ・ロメオらしくなくなったと言えるクルマでした。
当初はFFだから・・・と思っていたのですが、そのアルファ・ロメオらしくない最大の要因はスポルティーバパッケージであったと断言できます。
なぜなら、以後に初期型のスーパーと呼ばれるノーマルサスペンスションのモデルに試乗する機会があったときに、そのドライビングフィールが歴代のアルファ・ロメオと同じく、しなやかにロールする味付けであったことを知り、アルファ・ロメオが本来このアルファ155をどのように設計したのかが分かったのです。アルファ・ロメオはフィアットのシャーシーもFFもものともせずに、アルファ・ロメオであり続けようとしていたのです。

DSC00693.jpg

次回は、アルファ155のドライビングフィールや中古で購入する際の注意点などについて書いてみたいと思います。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:アルファロメオ - ジャンル:車・バイク

コメント

Q4についても是非ご教示ください。155と164はやっぱり全くの別物ですか?本当に迷ったんです。

  • 2008/05/30(金) 20:24:40 |
  • URL |
  • きゃつお #-
  • [ 編集]

>きゃつおさん
155Q4と164Q4の違いについてでしょうか・・・?

http://ig510190.blog83.fc2.com/blog-date-20071130.html

http://ig510190.blog83.fc2.com/blog-date-20061114.html

まずは過去のこの記事をお読みいただいて、更に疑問点があれば教えてください。
出来る限りお答えしたいと思います。

伺いたいことがうまくまとまりませんが、ありがとうございました。(この記事を読むとどうしても涙腺が緩んでしまいます。)

  • 2008/05/30(金) 23:41:27 |
  • URL |
  • きゃつお #-
  • [ 編集]

>きゃつおさん
どうぞ何でも聞いてくださいね(笑)
でも、次の記事を読まれたらアルファ155が欲しくなるかも・・・(謎)

「アルファ・ロメオらしくない最大の要因はスポルティーバパッケージであった」・・・歴史を考えれば確かにそうなんでしょうね。でも日本ではスポルティーバ仕様ゆえに売れたんじゃないでしょうかね? その後の156も正規販売はすべてスポルティーバ仕様でしたし。日本人がアルファに求めるイメージ通りなんでしょう、きっと。
それとシャーシは問題ではないと思うんですよ。FIAT Tipoは155以上に猫足でしたよ。

  • 2008/05/31(土) 14:29:31 |
  • URL |
  • もりおか #-
  • [ 編集]

正直

155って昔は馬鹿にしてたんですよね、カッコ悪いし(苦笑)
でも数年前に乗る機会があって考えが変わりました。
スポルティーバは素の155とは随分違うみたいですが、個人的には嫌いじゃないです。
ただ、ちょっと足がドタバタするのは間違いないですね。

なるほどですねー。
DTM仕様が当時とてもカッコ良く見えました。ナツカシイなー。
今でも155のカタチは大好きです。
ワタシ的には156になっちゃうと、ちょっとフツーなカンジがしちゃうんですよね。乗ったことはないので見た目のハナシですが。
『その弐』を楽しみにしていますー!

  • 2008/05/31(土) 19:29:56 |
  • URL |
  • ぱおぱお #ma6QW5LA
  • [ 編集]

アルファ・ロメオの中のQ4の意味がわからなくなってしまいました。164Q4は半熟製品にしてもFRを許されない中で生み出されたアルファ・ロメオらしいアルファ・ロメオであることを記事から拝見したのですが、当時自分は「Q4=これからのアルファ・ロメオらしさ」だと勝手に考えていたのですが、それは誤解ですか?是非、いつかQ4特集もしていただけませんでしょうか。

  • 2008/06/01(日) 07:04:21 |
  • URL |
  • きゃつお #-
  • [ 編集]

>もりおか
皮肉なもので、もりおかさんが仰るとおり、スポルティーバであったからこそ、売れたのは事実ですよね。確かに分かりやすいスポーティさだったと思います。また、事実アルファ・ロメオもそこを狙ったのでしょう。Tipoシャーシーの優秀さは認めるのですが、それはあくまで実用車向けの・・・という前提だったのではないでしょうか。GTV/Spiderはマルチリンクししなければ対応できなかったですしね。

>こ~んずさん
155は格好悪い・・・ですが、歴代のアルファ・ロメオのベルリーナは格好悪かったんですよね(苦笑)
ですので、そういう意味では正統派と言えると思います。
でも、クルマとしてはデドラと並び全うなクルマでしたよ。

>ぱおぱおさん
リクエストどおり155について纏めていますね。少しでも参考になれば幸いです。

>きゃつおさん
アルファ・ロメオのラインナップの中でQ4は技術的に意味を持っていたと思うのです。アルファ164に搭載されたQ4システムを殺したのがアルファ155のQ4で、親会社フィアットの決定でランチアの4WDシステムを共有させられたのですから、アルファ・ロメオにしてみれば、「憎っくき・・・」だったのかも知れませんね。しかも、デルタよりも速くなってはいけないと、エンジンまでデチューンさせられたのですから、アルファ155Q4はデルタと比べると居住性が良いだけのクルマになってしまったのです。
そのうち、アルファ・ロメオのQ4哀歌でも書きましょうか・・・(苦笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/218-8153f03a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【中古車】についてサーチエンジンで検索してみると

中古車 に関するブログのリンクを集めています!最新の検索結果をまとめて、口コミ情報をマッシュアップし…

  • 2008/05/30(金) 15:47:32 |
  • 気になるキーワードでブログ検索!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。