走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Do It Yourself(本塗り)

パテの乾燥を待って、再度320番→600番の耐水ペーパーで磨いて下地を作って行きます。
写真がピンボケで申し訳ないのですが、作業を急いだのとやはり恐れていた「肉痩せ」が起こり、2度に分けて埋めたのですが、パテで埋めた部分が少し凹んでしまいました。
個人的には納得が行かなかったのですが、時間の関係もあり、オーナーに了解してもらい、今回は作業を継続することにしました(苦笑)

20070610190659.jpg

続いて塗装前の下地作りです。マスキングをしてプライマリーサーフェイサー(プラサフ)を塗るのですが、ポイントが2つあります。完全なマスキングと塗装面の脱脂です。
スプレーは霧状になり隙間にも入って行きますので、余計なところにプラサフが付くとはがすのが厄介です。またプラサフは本塗装と違って、削った面の平坦度を確認する意味もありますので、極力削った面だけで済ませる必要があります。

マスキングには新聞のチラシを使います。このチラシは薄くで表面がツルツルしている写真満載のものが最適です。マスキングテープは塗装面に貼る部分に気泡や浮きがないようによく抑えてしっかり貼り付けておきましょう。
次に脱脂ですが、塗装面に油分が付いていると塗料を弾いてしまいますので、面倒がらずに脱脂をしておかなければなりません。こういった地道な作業手順が仕上がりを左右しますので、面倒がらずにやっておきましょう。
説明する順序が逆になってしまいましたが、マスキングをする前にシリコンリムーバーをスプレーし、キレイな布でふき取ります。マスキングをしてからだとチラシの印刷インクが溶けて(当たり前ですね)しまいますので、マスキングする前に脱脂をしておくのがポイントです。また、マスキングする際に折角脱脂した部分に触らないように注意して作業しましょう。

次に今回の新兵器?バンパープライマーをスプレーします。これは塗料の「食いつき」を良くするために細かい粒状になって表面に付着する塗料です。ちゃんと脱脂をすれば本来はさほど必要のないものですが、保険の意味もあり今回は使用して見ました。
そして…効果のほどは良く分かりませんでした(苦笑)が、もっと大面積を塗装する際には効果を発揮するのかも知れません。

20070610190711.jpg

プラサフをスプレーして見ると、その表面の状態が良く分かります。例のパテ埋めした部分以外は平坦になっていますが、やはり孔の部分は少し凹んでしまいました。
マスキングを剥いで、再度耐水ペーパーで磨いて行くのですが、今回は600番を使用して丁寧に塗装面を確認しながら磨いて行きます。

20070610190723.jpg

そして、再びシリコンリムーバーで脱脂をして本塗りのためのマスキングを行います。本塗りの場合は、新しく塗った部分と従来の塗装の部分が自然にボケるように、前回のプラサフの際よりも塗装する部分を大きく残してマスキングするのがコツです。

20070610190749.jpg

いよいよ本塗りですが、いきなりスプレーせずに、チラシに試し吹きをして色を確認して見ましょう。今回は元のボディの退色が少なかったため、殆ど違和感はありませんでしたので、このまま塗装続行です。
模型を作る方はコツをご存知だと思いますが、スプレー塗装は塗装面から20cm~30cm位の距離を保ち、指の力を均等にかけ、一方通行で吹いていくのがコツです。
初心者が犯す失敗は大別すると二種類あります。一つは塗装面との距離がマチマチでスプレーしてしまうことと、もう一つは、仕上がりを急ぐあまり同じ箇所に長くスプレーしてしまうことです。前者は塗装ムラの原因となり、後者は塗装ダレの原因となります。
一度に厚塗りせずに方向を変えながら、根気良く何度も吹いていくとだんだんとキレイになってきます。

20070610190801.jpg

4~5回、スプレーした状態です。ようやく下地が隠れて来ましたが、まだ下地のプラサフが透けて見える状態です。
さらに塗装を続けると…、

20070610190811.jpg

ここまでキレイに塗装ができました。ボディ色が幸いして例のパテ盛りした部分も意外に目立ちません。
スプレー塗装をすると表面がザラザラして艶のない状態になりますが、乾燥してから磨きますので心配は無用です。

そしていよいよ最後の仕上げのコンパウンド磨きとなるのですが、しっかり塗装を乾燥させてからでなければ今までの作業が台無しになってしまいますので、一週間後に作業をすることにしました。

ここまでの作業がビールを飲みながら(笑)の、約4時間ですので、材料などの準備をして臨めばそれほど大変な作業ではありません。保険を使えば簡単に「交換」されてしまうのかも知れませんが、環境保護の点?からも補修にチャレンジして見てはいかがでしょうか。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:メンテナンス&ケア - ジャンル:車・バイク

コメント

4時間ですか、私なら10時間掛かって投げ出しそう(苦笑)
ウチの近所の人が車庫でFD3Sを全塗装していましたが、根気がないと出来ませんね~

  • 2007/06/11(月) 20:30:54 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

>こ~んずさん
結構楽しいですよ。私も全塗装は勘弁ですが・・・(苦笑)
あと、ビールと話し相手が居てくれれば全然OKです(笑)

なかなかの腕前ですねー。
510さんこんなに器用だとは知りませんでした(笑)
この感じなら、ボンネット一枚くらいはお願い出来そうですね。

仕上がりが野郎と女性で違うという事は・・・ありませんよね?

  • 2007/06/11(月) 21:09:58 |
  • URL |
  • JOE #-
  • [ 編集]

>JOEさん
実は隠れ模型職人・・・だったんですよ(笑)
始める前のモチベーションは男性と女性で違うんですが、これが不思議と始めてしまえば入れ込んじゃうんですよね(爆)

参考になります!

でも、AOKI、コジマ、PCDEPOTと広告が気になって...
あっ、さっきイタ雑行ってきました。仕事の途中、四谷三丁目に歩行していたので。510190さんの車はなかっです(笑)

  • 2007/06/12(火) 14:20:29 |
  • URL |
  • ESタケ #DdMDrPns
  • [ 編集]

>ESタケさん
>AOKI、コジマ、PCDEPOTと広告が気になって...
私もつい読んじゃいました(笑)
何か勘違いされてるようですが、私はイタ雑の社員ではありませんよ~(爆)

イタ雑ではフロントのエンブレムがはげてきたので買ってきました。どうでもいいちゃどうでもいいのですが、娘に指摘されたんで...

ところで、この車のぶつけた相手がタクシーとのこと。
警察行けば事件扱いではないですか?
確か相手が緑ナンバーの場合は、日報の記載、事故の報告などは、認可法人は陸運局への報告義務があるはずですよね。
当て逃げ扱いになるはずですが、タクシー名だけでも覚えていれば良かったのにぃー

  • 2007/06/12(火) 15:24:45 |
  • URL |
  • ESタケ #DdMDrPns
  • [ 編集]

>ESタケさん
なるほど・・・緑ナンバーだとそうですね。どうも雨の夜だったそうで、警察を・・・と言ったらその間の休業損害がとかワメいたらしいです。やっぱり相手が女性だから居丈高になったんでしょうね。

緑ナンバーでの建前上はそうですが、接触程度では届けていないのが実態です。
食事中に当て逃げされた、等と会社に報告してしまう場合が多いです。
>休業損害が
基本的に中古部品で修理、新品値段で請求(自社で直せる事が多いので)、がタクシー会社の常套手段ですね。
確かに会社名だけでも覚えていれば何とかなった可能性が高いです。

  • 2007/06/12(火) 23:15:35 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

>こ~んずさん
このバカ運転手は、警察を呼んでいる間の休業損害をよこせと言ったそうです(怒)
たいしたもんです・・・

>警察を呼んでいる間の休業損害をよこせ

それはあきらかに脅迫です。
被害届を出せばはっきり言って、刑法レベルです。
そんな汚いことするなら、こっちも横浜周辺の裏のお人にお願いしますよ。

  • 2007/06/13(水) 08:04:48 |
  • URL |
  • ESタケ #DdMDrPns
  • [ 編集]

>警察を呼んでいる間の休業損害をよこせ
私ならそいつを殴り倒して立ち去る場面ですな(爆)
でもまぁ、今更どうしようもないですし、510さんも結構楽しんで修理しているみたいなのでヨシとしましょう(笑)
次は・・・○○○って事で(謎笑)

  • 2007/06/13(水) 09:48:47 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

>ESタケさん
まあ、いざとなったらそんなこと言ってないって言うのでしょうね(笑)

>こ~んずさん
お察しの通りです。これ以上酷かったら手を出さずにプロに任せるところなのですが、幸い軽症だったので・・・(笑)

をぉ!

なかなか綺麗に塗れてるじゃないですか!
文章の流れから察するに「ぼかし剤」を使わずにここまでできれば上出来ですね。
>もう一つは、仕上がりを急ぐあまり同じ箇所に長くスプレーしてしまうことです。前者は塗装ムラの原因となり、後者は塗装ダレの原因となります。

実はこれを逆手に取って塗ったことがあります。あえて垂れる位吹いちゃって、その後ペーパーがけで仕上げる方法です。ソリッドカラーの場合には結構綺麗に仕上がりますよ。ま、邪道ですがね・・。

  • 2007/06/17(日) 01:11:22 |
  • URL |
  • もりおか #-
  • [ 編集]

>もりおかさん
匠のもりおかさんに誉めていただけるなんて・・・(笑)
今回はボカシ剤は使用しませんでした。
>あえて垂れる位吹いちゃって、その後ペーパーがけで仕上げる方法
この手法の誘惑はあったのですが、天気が悪かったので「カブリ」の危険性から今回は避けました。天気が良いときになら試す価値はありますね。

カブるとなぁ・・・

確かにカブる心配はありますね、湿気が高かったりすると。
とにかくお疲れ様でした。
でも俺、匠なんかじゃないって(笑)

  • 2007/06/18(月) 23:39:02 |
  • URL |
  • もりおか #-
  • [ 編集]

>もりおかさん
いやいや・・・大きなプラモデルですから(笑)
師匠のモデル工作の技術には感服してるんですよ~。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/217-6cdd3af1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。