走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シューティングブレークの粋

いつも私のブログをご愛読いただき、コメントをお寄せいただいている、山形にお住まいのこ~んずさんのブログを私も楽しみに読ませていただいています。

20070608115303.jpg

こ~んずさんと初めてお会いしたのは昨年の4月だったと思います。アルファ164オーナーズクラブのイベントで那須ツーリングを企画した際に、お友達のアルファ164Q4オーナーの方とご一緒に参加されたのが初めての出会いでした。
その後、茂木の12時間耐久でお会いしたりと、距離の割には接点が多く(笑)、バーチャルとリアルの両方でお付き合いさせていただいている方です。
この方のブログは私と違い「正統派」のブログで、日々の出来事や社会問題などにも言及されており、本当に面白く拝見しているのですが、そこに書かれていた様々なワゴン改造車のハナシを読んで思い出したのが、このシューティングブレークのことでした。

以前の私のブログでご紹介したGMC Typhoonを買っていただいた方の次のクルマ選びの際にご紹介したのが、LYNX社が製造していたジャガーXJ-Sをベースに改造された、シューティングブレークでした。

20070608115318.jpg

おおよそ、ワゴンと呼ばれる車種には各国で歴史と伝統があります。
それはその呼び方に表されているのですが、アメリカでは荷物とヒトを運んで大陸を横断した駅馬車にちなんで、「ステーションワゴン」と呼ばれます。この「ワゴン」という呼名が一番一般的で、やはり馬車の時代からの名残です。
一方、ヨーロッパのフランスでは「ブレーク」と呼ばれます。バカンスの国ですので、日常を「ブレーク」し荷物を積んでバカンスに出かけることから付けられた名前です。そしてイタリアでは「ジャルディネッタ」と呼ばれています。
イギリスはさすが貴族の国で、「エステート」が一般的でした。もともとは「地所」という意味で、やはり領地を見回る・・・という意味から名付けられた名前です。
ところが、更に趣味性を高めたのが、アストン・マーチンを改造した「シューティング・ブレーク」です。これは貴族が狩りをするためのクルマとしてオーダーしたことによるもので、猟犬と猟銃を積んで移動するためのクルマに特別に名付けられたものです。

さて、例のTyphoonオーナーから、そろそろ次のクルマという相談を受けたときに思いついたのが、このシューティング・ブレークでした。この方は八ヶ岳に別荘をお持ちで、さらにその時期に大型犬を飼い始めたこともあり、別荘への移動にこのシューティング・ブレークはうってつけだと思い、「こんなクルマもあるんですよ~」と軽い気持ちで紹介したのです。

もちろん、本当に買うとは思ってもいませんでしたから、まずは日本の方にありがちな、ステーションワゴン=バンといったイメージを取り除いた後に、シトロエンのXMブレークとか、ランチア・テーマ・ワゴンなどをオススメするつもりでいたのです。

DSC00498.jpg

しかし、この方はシューティング・ブレークというロマンチックな名前の由来と、このLYNXのスタイリングに参ってしまいました(苦笑)

さて、ホンキで探すことになってしまったこのLYNXですが、正しくはLYNX Eventerと呼ばれています。このイベンターという名前は馬術競技の馬場馬術、耐久、障害の三種混合の競技名に由来する名前で、やはり貴族の使うクルマとして意識されたネーミングです。そしてかのチャールズ皇太子もオーナーの一人だったと言われているクルマなのですが、最大の問題はその生産台数で、LYNX社はXJ-Sをベースとしてはいるものの、その全てが受注生産で、67台を製作したのみなのです。

しかし日本には既に3台輸入されていることを突き止め、その輸入を手がけたガレージ日英の白鳥社長に相談に行きました。
当然、日本のオーナーは手放すワケはありませんので、イギリス国内で探すことになったのですが、ひょんなことからその売り物が出てくることになりました。それはイギリスのジャガー・オーナーズクラブの方からの情報で、オーナーの方はすでに他界されており、その未亡人の方から…、
「イギリスで他のオーナーの手に渡るのは忍びないが、日本で大切にしてくれるのだったら…」
という売却OKの情報だったのです。その気持ちは良く分かりましたし、おそらく生前のオーナーは大切にしていたのでしょう。しかも何台も見比べて買うようなクルマではありません。白鳥社長と送られてきた写真を見ながら、日本の道路事情に合わせたラジエーターのコア増しやら電気系統の強化策などを相談していたのですが、残念なことにキャンセルとなってしまいました。やはり中古の英車は不安ということで奥様のお許しが出なかったとのことなのですが、私も白鳥社長もこの縁をアキラメたくはありませんでした。

私たちは経験上、このようなクルマがおいそれと欲しいときに売りに出ることなどないことを良く知っていますし、その程度が素晴らしいとなると尚更です。

そして、このLYNXは日本に輸入されました。新しいオーナーは英車好きで有名な俳優F氏の関係者でした。F氏の息子さんはミュージシャンで、有名なグループのリードボーカルを担当されているのですが、その所属する音楽事務所の社長さんがF氏に感化されて購入することになったのです。

こうして無事に海を渡ったLYNX Eventerは白鳥社長のもとでリフレッシュされ、素晴らしいオーナーの許で元気に都内を走っています。私もたまに青山界隈で見かけるのですが、その姿を見かける度に、その縁を取り持つお手伝いができたことがちょっと嬉しいクルマです。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:その他 - ジャンル:車・バイク

コメント

あれあれ、どっかで見た名前が(笑)
ウチのブログは正統派なんかじゃないですよ(^^;
思いつきのテキトーですから(苦笑)
そうそう、今年の12耐も宜しくお願いします!

シューティング・ブレーク、なんか凄い話しですねぇ。
荷台の左右がガラスで、屋根からのガルウイングみたいな開き方?のを何かで見た事があります。
>その縁を取り持つお手伝いができたことがちょっと嬉しいクルマです。
そうやって謎のスーパーブローカーとしての腕を磨いていたのですね(爆)

  • 2007/06/09(土) 20:48:53 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

>こ~んずさん
ネタにしちゃってすいませんでした。でもやはりこ~んずさんのブログは、私の能書き満載のブログより正統派だと思いますよ。

いえいえ、510さんに取り上げてもらえるなんて光栄です!
>能書き満載
知識です知識、私は知識不足&調べるのがめんどくさい、ですから(笑)
文字より画像でごまかしてますから(^^;

  • 2007/06/10(日) 00:46:39 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

本当に愛着をもてる車には 1台1台にドラマがありますね。
今回も いいお話でした。

  • 2007/06/10(日) 05:17:06 |
  • URL |
  • fujiyama #-
  • [ 編集]

>こ~んずさん
知識・・・と書いて「はったり」と読む(笑)
でも、教えていただくことのほうが多いです。

>fujiyamaさん
ありがとうございます。
そのクルマのストーリーにオーナーのストーリーが積みあがったときに、唯一無二のクルマになるんでしょうね。

濃いですね~!

おはようございます。
はじめまして。“かいこうさん”と申します。ブログ初心者の者です。たまたま今回、ブログに「LYNX EVENTER」の事をちょっと書いて、久しぶりにクルマの事が気になり検索しましたら「510190さん」の部屋の来てしまいました!それにしても歴史が物語ると言いましょうか、すばらしいブログですね!
クルマ好きにはたまらないお部屋です。私もちょくちょくおじゃましたいと思いますのでよろしくお願いします。

p.s.『エンスーの杜』に古いイベンターが売りに出されているんですよね~。気になるけど、コワイです...

  • 2008/06/05(木) 08:53:18 |
  • URL |
  • かいこうさん #-
  • [ 編集]

>かいこうさん
こちらこそ初めまして。ネットで検索して・・・とのことでしたので、私もLYNX Eventerで検索してみたのですが、ビックリしました(笑)
よほど情報が少ないのか、私の記事がトップに来てるじゃないですか(爆)
英車に関しては私もシロート同然なんで、こんなブログがお目に留まったのは申し訳ありませんでした・・・。
こんなヲタクなブログですが、これからもよろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/215-e0fbf53f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。