走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Giulia Sprintの決定版!

実は、Giulia Sprintには全てのスケールを通じて決定版と呼べるモデルが存在します。というか少なくとも私はそう思っています(笑)

20070606223623.jpg

それは…AUTOartの1/18 Giulia Sprint 1750GTVです。
このミニチュアモデルは本当に素晴らしく、その全体の造形といい、ディテールといい、Giulia Sprintらしさで言えば一級品だと思います。
AUTOartはゲートウェイグローバル社のブランドで、このメーカーは1998年にアメリカで設立されたまだ若い会社です。ご多分にもれず、製造そのものは中国で行っており、コストパフォーマンスに優れた製品をリリースしている注目株のメーカーです。

このブランドの最大の特徴は、1/18という大スケールに精密なディテールを加え、リーズナブルな価格で販売しているところにあります。
車種の選定も若干アメリカ人好み?なところがあるものの、適度にマニアックなそのラインアップは、これからの展開に期待が持てるメーカーなのですが、アルファ・ロメオのモデル化にはそれほど熱心ではありません。いささか唐突に発売されたこの1750 GTVはこのブランドで唯一のアルファ・ロメオで、最初に1/18モデルがリリースされ、後にそれをスケールダウンし1/43も追加で発売されました。

しかし、不思議なもので1/18のこのモデルはGiulia Sprintの特徴を良く表現しているのですが、1/43の方は少し違和感を感じます。おそらく理由はそのディフォルメにあるのでしょう。やはりミニチュアモデルにスケールは重要で、スケールが異なるとその表現も変えなければ「らしさ」が変わってしまう例だと思います。

20070606221801.jpg

20070606203500.jpg

20070606222653.jpg

20070606223400.jpg

一方で1/43の方は、もちろん良く出来てはいるのですが、何となくボディ全体が薄くシャープすぎる気がします。

20070405193619.jpg

1/18スケールでは、このAUTOartの1750 GTVが発売される前までは、このYat Ming社のGTAしかなかったのですが、お値段のせいもあり、AUTOartと比べるとどうしても見劣りがしてしまいます。ただし、全体の造形は決して悪くはありませんので、今となっては惜しいミニチュアモデルです。

GTA2.jpg

そして、一番賛否両論が巻き起こったのが、1/24のプラスティックモデルです。その2台であるグンゼ1/24とタミヤ1/24のGiulia Sprintのモデルについては、また別の機会にご紹介したいと思います。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

コメント

AUTOart、確かに時々ホームラン級のを出しますね(笑)
1/18モデルってほとんど持っていないのですが、出来がいいとスケールが大きい分、かなり満足出来ます。

  • 2007/06/06(水) 23:07:00 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

>こ~んずさん
最近のジャガーDタイプなんて泣かせますよ~。Minichampsの1/18とか機会があればご紹介していきますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/212-51f99745
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。