走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大沢商会の戦略

勝手な想像かもしれませんが、当時の大沢商会がアルファ・ロメオの代理権を獲得しようと考えたのは、単にビジネスとしてチャンスがあるからだけでなく、アルファ・ロメオを心から愛している社員がいたのであろうと思います。

このパンフレットを改めて読み返して見ると、大沢商会がアルファ・ロメオの販売再開に当たって、今回販売するアルファ・ロメオがどんなクルマであるか…より以前に、アルファ・ロメオに乗るということが、どれほどのことであるかを一生懸命説明しようとしていたことに感激しました。

本文の内容をお読みいただけないのが残念でならないのですが、いのうえ・こーいち氏の文章はアルファ・ロメオの販売が再開されたことに対する純粋な喜びに満ち溢れ、アルファ・ロメオに対する憧憬を表現した素晴らしい文章です。

20070602220936.jpg

Alf0405.jpg

Alf0607.jpg

Alf0809.jpg

Alf1011.jpg

Alf1213.jpg

Alf1415.jpg

ご覧いただいたように、決して安いコストで作られたパンフレットではありません。販売に直結させる広告宣伝を考えるのであれば、このようなパンフレットよりもカタログやパブリシティにコストをかけるのが当然でしょう。
しかし、大沢商会はアルファ・ロメオのクルマを売る前に、アルファ・ロメオというブランドを認知してもらうという一見すると遠回りの方法にコストをかけました。

アルファ・ロメオを買うという行為に誇りが持てる…。
ユーザーをそんな気持ちにさせることが、クルマとして国産車と比べて見たときに、お世辞にも優れているとは言えなかった当時のアルファ・ロメオに国産車の倍のコストを払ってもらうために、絶対に必要なことだと考えてのことだったのでしょう。
そして、その戦略は間違っていなかったと思います。

でも…アルファ75もSpiderも本当にボロかったぁ(笑)

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:その他 - ジャンル:車・バイク

コメント

>アルファ・ロメオを心から愛している社員がいた
ですよね、商売だけで考えたらアルファ以外の方がよっぽど楽で成功しそうですもんね。
今だってアルファを辞めてしまう店があるくらいですから。
アルファって不思議な魅力のある車だと思います。
だって、、、買うと半分(以上?)は苦痛だったりしますから(爆)

  • 2007/06/03(日) 20:30:43 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

今にして思えばそうなんですが、当時は「商社がスケベ心出して・・・」とちょっと思っていたことも事実なんです。でも、アルファ・ロメオをどう売って行くか・・・という問題に対する解答を大沢は最初からブレずに持ち続けていたと思います。

いのうえ氏の156本の中で、当時の役員の方の言葉が紹介されていました。「アルファロメオはお客さんの方がどんなブランドか説明してくれる。人気の差、伝統の差。こんな車を販売できるのは幸せ。」売る方も買う方も熱気があったんだな、と感心しました。

  • 2007/06/04(月) 00:08:54 |
  • URL |
  • cmd #mQop/nM.
  • [ 編集]

>cmdさん
本当ですね。当時は街中で見るアルファのマークだけでも嬉しかったです。

なんかいい話だなぁ。
そんな感覚で売ってるインポーターなんて他ではまずありえないでしょうから。

  • 2007/06/04(月) 18:26:27 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/209-12a34f10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。