走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10年前のアルファ・ロメオはどーなのよ?(その壱)

先日、hiro944TBさんからこんなコメントを頂きました。

>早速ですが、実はアルファのスパイダーに乗りたい…と考えておりまして。先代です。97年モデル辺りを。
どうなんでしょうか…その維持費の面で。
心得も含めて、アドバイスいただけると助かります。

20070516105427.jpg

確かに、よく考えてみれば10年前のモデルです。国産車ならイザ知らず、外国車、しかもアルファ・ロメオですから不安になるのも無理はありません。

私が過去から現在にかけて所有したアルファ・ロメオを年代順にご紹介すると…、

1989年(中古) Spider Sr.3 (ヨーロッパ仕様キャブレター)
1990年(中古) Spider Sr.4(ヨーロッパ仕様)
1991年(新車) アルファ75 Twin Spark(正規日本仕様)
1995年(中古) アルファ164Q4(ヨーロッパ仕様)
1996年(新車) アルファ155V6(正規日本仕様)
1996年(中古) Spider (916) Twin Spark (正規日本仕様)

となりますので、90年代のアルファ・ロメオについて多少は語っても良いのかなと思います(苦笑)
おおよそ、10年オチのアルファ・ロメオを買おうか・・・と考えている方にとっては、アルファ・ロメオというブランドに対する興味はフル充電状態でしょうから(笑)、今回はアルファ・ロメオがどれほど面白いか…という主観的な側面ではなく、ジドーシャとしてどうなのか?を私自身の経験から独断と偏見でお話ししたいと思います。

ジドーシャの品質を構成する要素として考えられるものは、
1.設計
2.材質(部品の品質)
3.製造品質(製造技術)
4.整備品質(サービス体制)
ではないかと思います。さらに10年オチという条件を加えると…、
5.部品供給
6.整備履歴(前オーナーの乗り方)
という要素が加わります。

これらの側面から私が所有したアルファ・ロメオを見たときに、アルファ・ロメオのジドーシャとしての信頼性に最も影響を与えているのは上記の2.と3.だと思います。

例えばSr.3やSr.4のSpiderを見たときには、その基本設計は30年以上前のものですから、現代の基準で比較してはいけないクルマです。しかし、ではダメなのか?と言うと、設計が現代の基準からするとシンプルで、特定の部品ユニットの性能や品質に頼っていないことが功を奏し、個々の部品の耐久性にのみ注意をしていれば、決定的にその性能が発揮できない部分がないということです。

SpiderSr.3.jpg

SpiderSr.4.jpg

115系のSpiderについては、1990年前後に製造されたモデルであれば、ボディ外板の亜鉛鋼板はマトモで、錆の問題は殆どないと言って良いでしょう。部品の品質に関して言えば、電装品関連が経年劣化でトラブルを起こしますが、これまた幸いなことにそれほど大したエレクトロニクスではありませんので、リレー、ヒューズ、ハーネスと言った一般的なパーツを交換することによって、その殆どが修理可能です。言い換えれば…、
「元から付いていないものは壊れようがない」
のです(笑)

エンジンは永年使用され続けた4気筒DOHCエンジンですので、設計による問題は殆ど解消されています。まれに組み立て精度の問題で、「ハズレ」と言われるエンジンもありますが、オーバーホールすればイッキに解消されてしまいます。バルブタイミングもチェーンで取っていますので、切れるという心配はありません。
その他の部品に関してはゴム類の劣化に注意が必要です。設計当時のアルファ・ロメオはボディ剛性を構造設計で高めて…なんてことはやっておらず、ボディの撓みとブッシュ類のゴムの弾性で、その乗り味を発揮していますので、特にエンジンマウント、サスペンスションブッシュ類を交換してやることにより、随分とリフレッシュさせることができます。個人的な意見ですが、ブッシュ類の劣化を嫌ってウレタン製に交換する方がいますが、かえってフレームを傷めてしまうと思います。
もし、1990年にジュリアが製造されていたら…と思うほど、この115系のSpiderは、製造品質と部品品質の向上のみで生き永らえた稀有な例だと思います。

一方で、同年代に製造されたアルファ75Twin Sparkでは、その当時のアルファ・ロメオの問題点が顕著に現れます。

Alfa75TS.jpg

このクルマには上記の2.と3.に加えて1.も悪く作用しています。
基本設計そのものはアルフェッタからの伝統のトランスアクスルとドディオンアクスルで、その機構そのものには問題はないのですが、新しく設計されたエレクトロニクス関連の品質が悪く、クルマとしての機能を著しく損なっています。
具体的にはアルファ・コントロールと呼ばれる原始的な集中コントロールシステムを導入したにも関わらず、センサー類の部品品質と製造品質によるトラブルが頻発し、更にエアコン、パワーウィンドウと全体的に電装ユニットが増えたにもかかわらず、その電気システムに問題が多く発生しています。
つまり、メカは丈夫だけど、そのメカを動かすための電気がダメなのです。
加えて製造品質に問題があり、所謂「アタリハズレ」が発生しており、ハズレを引いた場合は、メカニカルな部分にも組立不良から来るトラブル連鎖に見舞われます。
事実、新車で購入した私のアルファ75には最初からヒーターダクトが付いていなかったり、内装部品が外れて落ちたりと散々でした。また、ドライブシャフトの組み付け精度にムラがあり、振動が出ていたり、すぐにカップリングをダメにしてしまったりする個体もあったようです。

また4.にとって見れば、メカニカルな部分はどこが悪いのかが、まだ判別しやすいのですが、電気は目に見えないため悪い箇所の発見が難しく、仕方ナシに関連する部品を全部交換し、整備コストを跳ね上げてしまっています。
アルファ75の名誉のために付け加えておきますと、この辺の問題が解消したアルファ75はアルファ・ロメオのエッセンスが凝縮された素晴らしいクルマです。

どうやらこの製造品質と部品品質の問題が、アルファ・ロメオに、「壊れやすく、整備が高くつくクルマ」という印象を与えてしまったのだと思います。

それでは、1990年以降に設計されたアルファ155や916系Spiderはどーなんでしょうか?
続きはまた明日…。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:アルファロメオ - ジャンル:車・バイク

コメント

ふむふむ、機関以外の部分の信頼性が低いんですね。
ウチのも、仕事柄ハーネス屋の基準で見ると既に新品からして日本では不良品レベルですから(笑)
しかもかなり(爆)
どうもイタ・フラ車は細かい所がテキトーなんですよねぇ(^^;

  • 2007/05/17(木) 20:18:09 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

>こ~んずさん
90年前半までのアルファ・ロメオは本当に信じられないようなことがいっぱいあったんですよ(笑)、台風の後に雨が漏るって文句いったら、イタリアにそんな豪雨は降らない・・・と返事が来たり。

>イタリアにそんな豪雨は降らない
わはは、素晴らしい(笑)
プジョーもメーター動かなくなったと206オーナーがディーラーに電話したら『メーターの上を叩いてみて下さい』と返事されたとか(爆)
で、やってみたら直っちゃった(^^;
ある意味修理は簡単(苦笑)

  • 2007/05/17(木) 22:58:48 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

フランスも似たようなもんですな。
1990年代までは、グローバルにクルマを売るなんて考えは微塵もなかったのがフランスとイタリアの自動車メーカーだったと思います。
聞いた話ですが、シトロエンだかプジョーだかの社長が来日して、日本車に試乗したときのハナシです。一通り乗り回して、降りたときの感想が・・・。
「素晴らしいっ!運転席についてるスイッチが全て機能しているっ!」

走り屋の510さんどうもです。
スパとカイチョーのBBSは今は危険なのでレスを控えているESタケです。
この前会ったときに私が日産のセレナに乗っているって言ってましたよね。っで、昨日半年点検だったのでちょっとプロントと話しをしたら、同じこと言ってましたよ。
そう、ルノーです。
やっと部品が日産のものになってきたらしくどうにかましになったとは言え、旧マシンは型番同じでもビミョーに部品が違ったりと気分で制作していたものとしか思えなく、ルノーの担当メカニックは大変だと言ってました。旧のアルファロメオどころではないらしいです。でもサンタナの時も困ったと言ってましたよ。部品が現地から送られてくるがまともな物はなかったと。
まあ、ルノーも日産を吸収しなかったら、F1もどうなっていたことか...

  • 2007/05/18(金) 14:05:50 |
  • URL |
  • ESタケ #DdMDrPns
  • [ 編集]

>ESタケさん
あれはレスつけとかないとどーせ直メールが来るんで・・・(爆)
日本の品質に対する考え方は、根本的に欧米と異なっていると思いますね。
例えば、バラツキに対する現実は、同じ±10という基準があったとすると、ランダムに+10のものも-10のものも入っているのが欧米製で、殆ど70%が0なのが日本製です。スペックが同じでもモノ造りの根本が違うのでしょうね。

そろそろしるちゃんがTEL待っているハズ。

  • 2007/05/18(金) 18:02:23 |
  • URL |
  • i-macco #-
  • [ 編集]

>i-maccoさん
ゲッ!?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/192-17634489
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。