走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fumia Designed…

気が付けば5月…ということで、私がこのブログを書き始めてから半年が経ちました。数えて見ると、ちょうどこのブログで170本目!ということで、アルファ・ロメオをテーマに愛車であるアルファ164Q4の地獄?と常に入れ替わりながら側にいたSpider、そしてアルファ・ロメオを取り巻く仲間達との天国をご紹介しながら毎日更新という無謀な挑戦を続けてきました。
「よくそれだけネタがあるな」
と呆れられながらも書き続けることができたのは、やはり皆さんから頂く、励ましやらご感想やらのリアクションがあったからこそだと思います。その結果、お陰さまでランキングも3位まで上がることができました。
それにしても愛さんと共にアルファ・ロメオでランキング上位を占めるということは、いかにこのメーカーが造るクルマがネタに事欠かないクルマであるか…ということなのでしょうが、一方で熱心なファンの皆さんがいらっしゃるお陰だなぁと思っています。
どうしてもブログという形態から一方的に自分のハナシを書き連ねてしまうのですが、これからは皆さんともコミュニケーションの機会も増えて行けばなぁ・・・なんて考えています。

Ranking.jpg

そんな双方向コミュニケーションのきっかけになればと、前回皆さんに挑戦?したアルファ・ロメオのフロントフェイスに関するクイズだったのですが、次の日には締め切ってしまったために回答をお寄せいただいた方が2名と少なく、後から「もっと引っ張れ~」とお叱りを受けてしまいました(笑)

そして賞品としてジャンボさんにお送りしたのが、エンリコ・フミアさんの日本での初めてのデザインであったユピテル工業のレーダー探知機の初回ロットに付属していたキーホルダーです。

Yupitel.jpg

img1006756801.jpg

ユピテル工業はレーダー探知機、カーセキュリティなどのカーエレクトロニクス製品の老舗ですが、当時新たな試みとしてデザインに力を入れようと考え、また社内のデザイナーを育成するために、独立して間もないエンリコ・フミアさんと契約しデザインを依頼したのです。従ってフミアさんは単に製品のデザインを行っただけではく、若いデザイナーの育成にも力を注ぎました。
フミアさんはそのデザインで日本の竹をイメージし、竹を斜めにカットした筐体に、自らのイニシャルであるE、Fを操作ボタンにするというアイディアを形にしました。
ともすれば無機質なデザインというか、デザインなぞ不在のこの種の機器に新しい可能性を提案したフミアさんのデザインは、商業的に成功したかどうかはともかく、その後のユピテル製品に確実に影響を与えたことは、最近の同社の製品を見てもよく分かります。

fumia_goods.jpg

既にご紹介したように、フミアさんは自動車のデザインに留まらず、家具、マンションに始まり、上の写真のようにペンまでデザインされています。このStilolinea社というイタリアの文房具メーカーから発売されているMYTOシリーズのボールペン/シャープペンシルがフミアさんのデザインによるものです。
従来のペンになかったウェーブを描くラインで分離され、ノックする形式は、当初はメーカーの技術者から、
「型の関係で作れない」
と言われたそうですが、そんなことは自動車のデザインで散々言われたきたフミアさんですからアキラメるはずもなく、様々な苦労の末に製品化にこぎつけることができました。

クルマだけでなくこれからも身近にフミア・デザインの製品が増えればいいなと思っていたのですが、近々さらに身近なモノが発表されるようです(謎)から期待して待つことにしましょう。

さて、先日発売になった"Solo Alfa Sei"を見たフミアさんの感想ですが…、
「ディエゴ・オッティナは何もしてないぞ」
に始まり、最初はご機嫌ナナメだったのですが(苦笑)、きちんと読むと最後には…、
「そんなに悪いコト書いてないじゃない」
でした(爆)
そして写真が綺麗なこの本を買って帰りましたので、基本的に奥山氏のデザイン評を納得したのではないでしょうか。
それにしても、フミアさんほどのデザイナーでも他のデザイナーの批評は気になるのでしょうね(苦笑)

クリック↓お願いします!
b_01.gif


スポンサーサイト

テーマ:その他 - ジャンル:車・バイク

コメント

興味深い内容で毎回楽しみに見ているんですよ。
このブログのファンは多い結果のランクなんでしょうね。
キチンとしたデータに基づいているだけに説得力もありますし。
主観だけで好き勝手書く私とはえらい違いです(^^;
こうなったら1位、いっちゃいましょう!

  • 2007/05/01(火) 22:40:24 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

>こ~んずさん
過分の誉め言葉ですね。ありがとうございます。私も主観で書いているつもりなんですが・・・(苦笑)
でも1日で100人以上の方に読んでいただいていると思うと、少しでもお役に立てたり、毎日このブログを開くのを楽しみにしていただければと思うんですよね。そのためにはもっと地獄巡りをせねば(笑)と思うのですが、どうやら地獄が向こうからやって来ています。これからの展開にご期待ください(謎)

>どうやら地獄が向こうからやって来ています。
なんか怖いですねぇ(^^;
って510さん、楽しみにしていませんか?(笑)

  • 2007/05/01(火) 23:06:44 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

そんな・・・バカなっ!地獄を喜ぶヤツなんているワケがないでしょう。まさか・・・そんな・・・えっ?・・・私?

今日無事に届きましたよ!!
ありがとうございました♪
早々締め切りにしていただいたおかげで思わぬ商品までゲットできました(感謝)
510190さんの記事更新速度をちゃんと見ていれば締め切りが早いのは当然のことです!

さっそくフミアさんに雑誌見せられたのですね。
「Solo Alfa」の記事を読んで思ったのですが、デザインナー同士で気の聞いた意見交換なぞそもそもあり得ないのではないかと思いました。所詮デザインは感性と努力の賜物。デザイナー同士は意見のぶつかり合いの方が多いはずです。今回の奥山氏がフミア氏のデザインについてマスコミ向けにあのようなコメントをすることは以外に思えました。スポーツ界ではかなり挑戦的な行為です。格闘技くらいではないでしょうか・・・。
私はスポーツの世界でずっと経験を積んでいますが、相手を求めるときは諦めた時か、現役を去ったとき。
そして、負けを認めるとき、尊敬した時も現役を去った時です。

フミアさんのような職人肌?の物作り人は自分がデザインした作品に対する周囲の反応は敏感に感じ取るような気がします。
ですから自分の作品を大事にしている人を大事にするんだと思います。

私もフミア氏のファンになりそうです。
510190さんのブログはデザイナーの本質を読む事ができる貴重なブログですね!
長文になってしまいました・・・。
アルコール注入中なので多目にみてください(爆)


>ジャンボさん
無事に届いたようで何よりです。私はデザイナーでもなんでもありませんので、本当の気持ちは分からないと思っています。ただフミアさんとのお付き合いの中で一流と呼ばれるデザイナーの、その本質を垣間見たとき(見せてくれたとき)がとても嬉しく、そのことをどんな風に皆さんにお伝えしようか・・・と一生懸命文章にしているだけなんです(苦笑)

確かに奥山氏は日本の雑誌だからこそ、自分の先達のデザインに対する批評を書かれたのではないかと思います。これがクワトロルーテ誌やAuto Design誌なら絶対に書かなかったでしょうね。ジャンボさんが仰るようにデザイナーは「この世で一番自分がスゴイ!」と思っていなければ勤まらない商売だと思います。極端に言えば相手の没後(自分のライバルにならない)になって初めてホメる・・・みたいなところがあるように思います。だからこそフミアさんも最初に、奥山氏のインタビュー記事が載ってるよ・・・と教えたときにビックリしていましたし、すぐにその時のシゴトをほったらかして(笑)、雑誌を手に取り、すぐに訳してくれ・・・と関心を示したのだと思います。
フミアさんはこの雑誌を買ってイタリアに帰りましたので、これから現地で奥山氏の記事が広まるでしょうね(笑)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/176-93667012
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。