走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよM体質に・・・

20061126203830.jpg


中古並行で怪しげな?アルファ164Q4を購入し、その部品代と工賃の高さに呆れながらいよいよ最初の車検を迎えたのですが、中古車といえども日本では新規登録のため初回は登録から3年目の車検でした。

一般の自動車ユーザーは車検時にイロイロと整備をするのでしょうが、まあ、最近の国産新車なら1回目の車検で整備するところなど何もないのかも知れません。また外国車でも最近はメンテナンスサービスが付いていますので、仮にイロイロあったとしても費用はかからずに済ませてしまっている方も多いのではないでしょうか?

ところが、私の手許に来てからというもの散々、初期化と寿命が来ている様々な部品を交換し、更に余計なエンジンオーバーホールまでやってしまったアルファ164Q4は別の意味で車検時に整備をする項目なぞなくなっていました。
車検のための予備検査と下回りのスチーム洗浄やってはい終わりというのは、全くもって正常なことなのですが、麻痺してしまった私の金銭感覚は

「えっ?それで終わり?」

と思ってしまいました。事実、「とんでもないことになる…」と覚悟して計上していた予算より遥かに少ない金額で終わる予定でした。まあ、それでも国産車でGSかなんかで1日車検でかかる金額に比べればまだまだ高いのですが(苦笑)

しかし、麻痺した私の感覚は以前から気になっていた大物に手をつけてしまいました。それは足回りのOHです。「な~んだ」と思われるかも知れませんが、以前からどうやらアルファ164Q4には最大の問題だろうと思っていたのがこの足回りだったのです。通常は自分好みの社外品のショックアブソーバーやコイルスプリングに変えて気分一新!てなもんでしょうが、電子制御てんこ盛のアルファ164Q4の場合はこのショックアブソーバーにセンサーが仕込んであり、その情報が4WDのコンピューターに伝達され、前後のトルク配分を変えるというなんだかムズカシイことをやっているため、社外品のショックアブソーバーが使用できないのです。じゃあ純正品に交換すればいいのですが、これが調べてみるとフロントが20万円!リアが15万円!ブッシュやコイルなども交換すると軽く50万仕事になってしまうのです。

車高調整機構付のアラゴスタかなんかのレーシングショックならいざ知らず、街乗り用の足回りにそれはちょっと…と思い、躊躇していたのですが、思った以上に車検が安かったので予算オーバーを承知で足回りのOHをやってしまいました。
交換した結果は素晴らしいもので、シャキッとしたクルマの挙動はアルファ164Q4の新車の姿を彷彿とさせるものでした。

「常日頃からきちんと整備をしておくと車検時に余計な出費をせすに済むんだよ」

と言い続け、日常整備で出て行く出費を何とか正当化して来たのですが、ここに至っては全く説得力がなくなってしまいました。でももうこうなったらやったもん勝ちです。

で、結局はきっちりと予算以上の金を使ってしまったのですが、これはこのクルマの地獄というより、すっかりM体質になってしまった私自身のせいでしょう。

ところがこのM体質はこの後更に地獄を求めてしまうのです…。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:アルファロメオ - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/17-5f690ba5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。