走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フミアさんとの一問一答(中編)

昨日に続いてフミアさんが語ってくれた様々なデザインのオハナシをご紹介します。内容はSpiderデザイン秘話からデザイン論まで広がっていきましたので、その内容をまとめているととても2日ではムリなことが分かりましたので、本日は「中篇」ということにしてお伝えしたいと思います。

Q:Spiderをデザインする上で最も苦労した点はどこでしょうか?

A:やはりフロントライトでしょう。このデザインは今までのどのクルマにもないデザインでしたので、特に拘った部分です。

20070423231250.jpg

実は、このサイズで充分な光量のあるヘッドライトがどうしてもなく、ボッシュに作ってくれるよう打診しましたが、返事は「作れません」でした。そんなときに、ふと目にした雑誌、確かカースタイリング誌だったと思いますが、そこに載っていた一枚の小さい写真を見てビックリしました。それは新しく発売された日産セフィーロの写真で、そのライトは当に私が求めていたものだったのです。

CEFIRO.jpg

1988年発表の日産セフィーロ。Spiderのデザインされた1987年の翌年に発表されたセフィーロはフミアさんのデザインを完成させることになる。

私は、このセフィーロのヘッドライトに関する情報がどうしても欲しかったので、当時のピニンファリーナが唯一、日本のメーカーで付き合いのあったホンダにその情報を入手してもらうようお願いしてもらいました。私が期待していた情報は、どこの部品メーカーが作っているのか?とかその仕様は?といった情報だったのですが、ナンとホンダは日産からライトそのものを入手してピニンファリーナに送ってくれたのです。
正直、ライバルメーカーの部品を買って送ってくれたホンダの好意に感激したのですが、おかげでボッシュに現物を見せて交渉することができ、ついにボッシュも新たに作ることを承知してくれました。

デザインとそれを実現するテクノロジーには密接な関係があります。例えば私がデザインしたアルファ164の最も難しかった部分はフロントのアルファ・ロメオの盾型のグリルでした。従来のそれはボンネットとは別に、グリルが独立して取り付けられていたのですが、私はどうしてもボンネットのラインの延長線上にそのグリルを配置したかったのです。そしてそのためにはボンネットをプレスしてその孔を打ち抜くという技術が必要で、ようやくそれが可能となったのでこのデザインをすることができたのです。このような加工をしたボンネットはアルファ164が世界で最初の例でした。それ以降、BMWは同様にキドニーグリルと呼ばれるBMWのファミリーフェイスである二対のグリルをボンネットに打ち抜きでデザインするようになりました。

DSC00382.jpg

Q:初期型のSpiderはボデイの下の部分が黒く、後期型はボディと同色なのですが、それは何か理由があるのでしょうか?

A:最初にSpiderをデザインした当時はクルマの全体を薄く見せるのが流行で、軽快なイメージが求められていました。ですので私はSpiderの最下部を黒く塗ることによりボディ全体を薄く見せるようにデザインしました。アルファ164はさらにその面積を広げてボディの半分を黒くすることにより、同様の効果を得ることができたのですが、その後になって逆に重厚なイメージが流行したので(笑)、今度は全体をボディ同色にすることになったのです。ですのでもし、今私がSpiderをもう一度デザインするのであれば、全体をボディ同色にすると思いますよ。

DSC00489.jpg

164Q4Side.jpg

ハナシ出したら止まらないフミアさんのデザイン論はまだまだ続きます。いよいよ明日は後編をお届けしたいと思います。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト

テーマ:アルファロメオ - ジャンル:車・バイク

コメント

セフィーロのヘッドライトの件なんですが、以前に通訳を通してですがフミアさんから聞いたのは164用であったと・・・ でも1988ということはスパイダーの話だったんですね。
ずっと誤解してたぼくが悪いので本日もクリック

  • 2007/04/25(水) 00:48:49 |
  • URL |
  • BUSSO #-
  • [ 編集]

>BUSSOさん
まいどありぃ~(笑)

セフィーロが一役買っていたのですね。
結構驚きです(笑)

  • 2007/04/25(水) 10:21:17 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

>こ~んずさん
意外なんですが、フミアさんに言わせるとこういった部品に関してはヨーロッパのメーカーは保守的でハナシにならないそうです(苦笑)

実はフミアさんの答えによって、下うを塗るか塗らないかを決めようと企んでいたのですが、さらに困難になりました・・・(笑)

  • 2007/04/25(水) 22:36:14 |
  • URL |
  • motohiro #-
  • [ 編集]

>motohiroさん
う~ん。彼の弁によると164Superのようなリデザインは「なし」なんだそうですが、Spiderの場合は認めているようですので、塗っても良いんじゃないでしょうかねぇ(笑)

お久しブリッジです。確かにSpiderの最下部同色は「あり」だと思って自分も塗りましたが、164LはSuperみたいな同色は何か間延びした感じで「なし」だと思い塗りませんでしたYo!

  • 2007/04/28(土) 11:16:27 |
  • URL |
  • まいう~ #-
  • [ 編集]

>まいう~さん
お久しぶりですね。Spiderと違って、確かに164は最初から半分黒くする前提でデザインされているように思います。
ですので、あれほど大掛かりなリファインをしてSuperボディに変えてから、やっと下部をボディ同色にしたんじゃないでしょうか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/169-581638c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。