走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジンの正解発表

先日オハナシしたOさんとエンジンについて話したことがありました。
私が最近の自動車、特に日本車のエンジンが、どんどんただの箱になってしまっていることを嘆き、

「アルファ・ロメオのV6エンジンは美しいと思いませんか?」

と聞いてみたところ、Oさんから返ってきた答えは実に素っ気無いものでした。

「エンジンが美しいとか醜いとか思う感覚はさっぱり分からない。エンジンはエンジンでそれ以上でもそれ以下でもないっ。」

それでも私は食い下がって見ました。

「でも自動車にとってエンジンは心臓でしょ?オーナーにとってボンネットを開けて黒い樹脂のカバーが見えるのと、そこに美しくメッキされたヘッドと整然とまとめられた配管類を見るのとは違うと思いますが…」

でもOさんは全く揺るぎません。

「あのね、一般のユーザーが喜んでボンネットなんて開けると思う?ましてやそれを眺めて、美しいの醜いのなんて思うわけないでしょ?
それにね、自動車メーカーのエンジニアにしてみれば、いかにユーザーがボンネットなんか開けなくても済むようにするのが技術開発なんだから…」


お説ごもっともです(苦笑)

それでも私はやはり、イタリア車のエンジンは美しいと思ってしまいます。イタリア語の"マッキナ"は日本語の「機械」とは違うニュアンスを持っていると思います。

では、いよいよ正解の発表です。まず一番目の写真ですが、BUSSOさんの推理は中々的確です。まず注目すべきはヘッドに刻印されたABARTHの文字で、次に注目すべきは後ろ向きに開くエンジンフードです。このことからリアエンジン車であることが分かります。ここまで分かると可能性は絞られ、OT1300かOT2000というセンが濃厚でしょう。
正解はoさんのOT2000です。2005年のHistoric Automobile Festivalの会場で見かけたこの個体は、整備も行き届いており素晴らしいコンディションでした。

20070415201033.jpg

20070415200913.jpg

20070415200925.jpg

そして、二番目の写真は皆さん正解で、SZ(ES30)です。「実はRZです」なんて言うと殺されそうなので、正直に言います。誰かアルファ75のAmericaなんて渋い答えを出してくれないかなぁと期待していたのですが…。

ES30.jpg

ZagatoSZRR2852.jpg

三番目の写真のヒントは写真の上にカーソルを…じゃなくって(苦笑)、ヘッドに燦然と刻印された"Ferrari"の文字と6個並べられたウェーバーのキャブレターです。ここまでで、V12エンジンであることが分かりますね。しかもヘッドの形状から4カムであることが分かります。写真のアングルからリアエンジンとは考えにくいですから、可能性としては275GTB4、365GTB4などが挙げられるでしょう。
そして正解は…、Ferrari 365GTB4 Daytonaです。このDaytonaはドイツの業者の手許にあった展示車で、状態も良い掘り出し物でした。しかも提示された金額は日本での相場の2割安といったところでしたが、当然…買えるワケありませんでした(泣)

daytona_hint.jpg

daytona_front.jpg

結果、パーフェクトはoさんでした!パチパチパチ…。

クリック↓お願いします!
b_01.gif
スポンサーサイト

テーマ:イタ車 - ジャンル:車・バイク

コメント

うう、フェラーリで外すなんて(^^;
最初ので合ってたんですね。
上のはまったく知りませんでした(^^;

  • 2007/04/16(月) 21:32:46 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

>こ~んずさん
安心してください。1番目の写真で車種まで分かるヒトはオーナーか、さもなければそーとーのエンスーの方だけだと思いますよ。ねぇoさん(笑)

エンジンはエンジンでしかないのは分かりますが、ならば何故、アルファやフェラーリのエンジンは絶賛されるのでしょう。
音は当然ながらエンジンすらデザインしてしまうのが美的感覚なのかなと。
いいエンジンは作れても官能的なエンジンを日本で作れないのがよく分かるコメントだと思います。
もっともそんなの作られたらある意味ヤバイですからね(笑)

  • 2007/04/17(火) 12:36:28 |
  • URL |
  • こ~んず #JalddpaA
  • [ 編集]

>こ~んずさん
輸送用機械のハナシとして聞けば全くそのとおりなんですよね。歴史と伝統とブランドとデザインがない日本車が勝負するためには、安くて壊れない信頼性を武器にするしかなかったワケですから当然と言えば当然なんでしょうね。

ちっ。ハズレなわけですね?
というわけで本日は悔しいのでクリック無し。

  • 2007/04/18(水) 00:56:47 |
  • URL |
  • BUSSO #-
  • [ 編集]

>BUSSOさん
残念でした・・・(笑)これに懲りずまたカルトな問題を出しますのでお楽しみくださいね~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/161-718f3ffa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。