走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルファ・ロメオのカレンダー(1997年版)

この3日間、知恵熱が出るかと思うくらい普段使わなくなってしまったアタマを使ってしまいました。
本日はリバビリをかねて1997年のカレンダーをご紹介しようと思います。

20070413225143.jpg

先日ご紹介した1996年版では、新しく発表されたSpiderが過去のどのアルファ・ロメオとも異なり、未来を見据えたデザインであることを強調しながら、それが決して過去と決別したものではなく、むしろアルファ・ロメオの伝統の延長線の遥か先を見通すものであることを表現したものでしたが、その翌年の1997年は同様に、GTVを同じように表現しようとしています。
従って、アルファ・ロメオの歴代のスポーツモデルが取り上げられているのですが、そのCGで合成された写真は、確かに美しいものではあるのですが、正直私にはあまり好きにはなれませんでした。
もちろんこれは好みの問題ですので、「おっ!いいじゃん…」と思われた方がいても全然構わないのですが(苦笑)
それでは例によって順番にカレンダーをめくって行きましょう。

1月、2月:8C2900B LeMan

20070413225155.jpg

3月、4月:Giulia Sprint

20070413225210.jpg

5月、6月:Giulietta Sprint

20070413225226.jpg

7月、8月:Giulia TZ2

20070413225240.jpg

9月、10月:Tipo33/2 Stradale

20070413225253.jpg

11月、12月:GTV

20070413225304.jpg

こうやって並べて見ると、アルファ・ロメオが意図したメッセージは確かに伝わって来ますが、問題なのは最後のGTVの構図です。前年のSpiderのカレンダーほどインパクトが感じられないのです。
GTVそのものは、Spiderと同様にいまだに美しく、Evergreenなデザインだと思うのですが、その実車のインパクトが充分に伝わってこないのは本当に残念です。

やはりアルファ・ロメオのカレンダーには、その歴史に培われた強烈なメッセージがなければ・・・と思うのは私だけででしょうか。

クリック↓お願いします!
b_01.gif



スポンサーサイト

テーマ:アルファロメオ - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/159-f8b214da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。