走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しさを狙わない美しさ

遅くなってしまいましたが、今回の能登の地震で被害を受けられた皆さんには謹んでお見舞い申し上げます。
先日、ご紹介したモントリオールのオーナーの方もご無事との連絡をいただきましたので安心しました。
私は出身が兵庫の芦屋で、阪神淡路大震災の時にはすでに東京に移住していたのですが、実家を含め多くの友人が罹災しましたので、決してヒトゴトではありません。テレビに映し出される倒壊した家屋の映像を見ていると、当時の記憶とモルタルの臭い(結構鼻に残るんです)が鮮明によみがえって来ました。その場のモノの復興も大事ですが、本当の意味で以前の生活に戻るには気持ちの復興が大切です。どうか希望を持って頑張っていただきたいと思います。

さて、残りの車輌を本日はご紹介しますが、個人的には「お宝」を最後に取っておいたつもりです。
その最初の「お宝」は96式装輪装甲車です。これも軽装甲機動車とともにイラクに派遣されて一躍有名になった車輌ですが、その特徴ある8輪車は自衛隊にとっても初めての装輪装甲車です。

DSC00527.jpg

一般的には装輪式はキャタピラに比べて、不整地等の走破性が大きく劣り、大口径タイヤを採用するゆえに一般に車高が高くなりがちとなる、といった欠点があるのですが、その反面で、整備性に優れ故障が少なく、高速・長時間の走行が可能であり、構造が簡単で低コストで調達できるという利点があります。
従ってこの96式装輪装甲車も、その装甲故に重量は14.5tもあるにもかかわらず、乗員2名が8名の兵員を載せて、三菱重工製液冷4ストローク直列6気筒ターボディーゼルの出力360ps/2200rpmにより、時速100km/hで500kmの距離を走行することができます。

DSC00526.jpg

走行するときに、通常は後輪2輪が駆動し、前輪2輪でステアするのですが、切り替え式で全8輪を駆動させることもできます。またタイヤの空気圧を調整できる機構がついているため、悪路の走破性が格段に向上しているそうです。また車高も1.85mとこの種の装輪装甲車としては格段に低くなっているのですが、問題は日本の道路事情により制限された車幅で、2.48mというこれまた狭い車幅のせいもあり、坂道で転げ落ちる事故が頻発したとも言われています。

DSC00535.jpg

ちなみにタイヤはコンバットタイヤと呼ばれる、パンクや被弾などで空気圧が全て抜けたとしても、ある程度の走行が可能なものです。この技術は民間用にも応用されており、先日タイヤに完全に穴を開けたBMWZ4をテストドライブする機会があったのですが、本当にナニゴトもありませんでした。

展示されていた車輌には、公道を走行するために操縦手席及び分隊長席用にガラス製の風防が付けられていましたが、これは移動用の単なる合わせガラスで、戦闘時にはこのガラスを取り除き、装甲板のハッチを閉めて運転するのだそうです。
さて、低コストで調達できる…という利点があるこの車輌のお値段は…それでも…約1億円!!とのことです(苦笑)。

しかし、次にご紹介する89式装甲戦闘車のお値段はハンパではありません。そのお値段はナンと…6億円以上もするのです!!!
この車両は歩兵戦闘車と呼ばれるカテゴリーに分類される車輌です。その目的は戦車に随行し、武力制圧を行うと共に搭載する歩兵により、敵を排除することを目的としています。従って時速70km/hと高速で、90式戦車にも随行可能な性能を有しています。

DSC00529.jpg

確かに、35mmエリコン砲や敵の上陸用舟艇を攻撃できるロケット弾など盛り沢山の兵装を持ってはいるのですが、それだけで6億円はあんまりです。エンジンだって直列6気筒ターボディーゼルとフツーですし、出力も600hpとこれまたずば抜けているワケではありません。何せ90式戦車でさえ、たったの7億5000万円(笑)なのです。
不思議に思って調べて見ると、このお値段は偏に量産効果によるもののようです。つまり調達数があまりに少ないと生産設備などの固定費が全てその少ない台数に転嫁されてしまうため、このような金額になってしまったのでしょう。

いざ作っては見たものの、本当に必要な装備ではなかったのかも知れません。
ナンでもカンでも欲しがらず、もう少し考えて作ってもらいたいものです。


DSC00530.jpg

で、これは必要かな…と思う装備の87式自走高射機関砲です。74式戦車をベースにしていますので、油圧制御で姿勢を変化させることができる利点もそのままです。スカイシューターという立派な?名前が付けられているのですが、最後まで残ったネーミングの候補は「ハエ叩き」だったそうです(笑)

DSC00531.jpg

DSC00532.jpg

最後にご紹介するのは、これですが…ナンだか分かる方は相当なマニアだと思います。是非これはナニをするための車輌か考えて見てください。正解は明日発表します(笑)

DSC00533.jpg

DSC00534.jpg

今回、広報センターで見た車輌は全て、兵器であるが故に各々が何らかの目的のために作られたものです。そこには美しさを狙ったデザインなどは微塵もなく、ただその目的のために最も効果的な形状をしているだけのものです。

しかし、それが美しく見えるのは、ただ速く走るためにデザインされたレーシングカーが美しいのと同じなのではないでしょうか。

クリック↓お願いします!
b_01.gif
スポンサーサイト

テーマ:ドライブ - ジャンル:車・バイク

コメント

サイモン&ガーファンクルの「明日に掛ける橋」は名曲だねー。
えへへ(*´∀`)

  • 2007/03/27(火) 22:20:01 |
  • URL |
  • yossuie #qbIq4rIg
  • [ 編集]

>yossuieさん
ははは・・・。答えを言ったつもりでしょうが・・・ブーです(笑)
そんな甘い問題は出しませんっ!

じゃぁー、かまぼこ!
だって似てるもんっ!ヽ(´~` )ノ

  • 2007/03/27(火) 23:01:43 |
  • URL |
  • yossuie #qbIq4rIg
  • [ 編集]

マジメに考えなさいっ!
ヒントは・・・駆逐艦

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/140-03da5a30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。