走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALFAROMEO Sport Collection 20

このシリーズは止まることなく、どんどんリリースされていっているようで、本国では既に40号くらいまで発売されているとのことです。
最初にご説明したように、これはイタリアのFABBRI EDITORIという出版社が企画したもので、イタリア国内の新聞、雑誌を販売するエディコラと呼ばれるニューススタンド(いわゆるKIOSKみたいなところですね)を通じてのみ販売されているので、通常のミニチュアカーの流通ルートでは手に入りません。では、現地でエディコラに行くともれなく手に入るのか…と言うと、どうもそうでもないらしく、売ってたり売ってなかったりと結構いい加減な流通状況のようです。
しかし、その車種のチョイスは絶妙で、この出版社の企画担当者は相当なアルファ・ロメオ好きではないかと思います。きっと楽しくて仕方ないのでしょう。実に羨ましい仕事です(笑)。
そして本日ご紹介するのは、その中でも相当シブいモデルと言える2600Sprintです。

20070228211936.jpg

実は、このブログを書くために、毎回取り上げるアルファ・ロメオについて手持ちの文献を改めて読み直しているのですが、そのモデル名は知っているものの、内容に関して詳しくは知らなかったり、勘違いして憶えていたりしているものが結構あることを再発見することができました。今回の2600Sprintも改めて調べてみると、随分と様々なことを発見することができました。

このクルマの起源は1958年に発表された2000Berlinaに遡ります。戦後、それまでの少量生産の高級自動車メーカーから量産車メーカーに自らを変革したアルファ・ロメオでしたが、それまでの自分たちの顧客層を全く捨て去ったわけではありませんでした。もちろん戦前とは異なり、イタリアの敗戦によって壊滅的な打撃を受けていたのは、庶民だけでなくこの富裕層もまた同じではあったのですが、彼らの望みは若干のトーンダウンをしたものの、基本的には全く変わりませんでした。

アルファ・ロメオは息を吹き返し始めた従来からの顧客層に対して、1958年に従来の1900シリーズより重厚なデザインの2000シリーズへとモデルチェンジをします。このデザインを見るとアルファ・ロメオが戦後の新しい顧客と、従来からの顧客の双方にアピールしようと目論んでいたことが理解できます。
従って、Berlina(セダン)に加えてアルファ・ロメオの定番ラインアップとなる、Spider(オープン)ボディと、Sprint(クーペ)ボディの三車種が用意され、Spiderはカロッツエリア・ツーリング、Sprintはカロッツェリア・ベルトーネにそのデザインを任せることにより各々のモデルの独自性を引き出していました。
しかし、アルファ・ロメオはすぐにこのモデルが、従来の顧客に対するアピール性に欠けることに気が付きます。その理由は…エンジンが4気筒であったことです。

現代でも高級車はマルチシリンダーが定番となっています。4気筒より6気筒、さらに8気筒、12気筒と、経済性を考えると何のメリットもない多気筒エンジンは、その低振動やパワー故に高級車には好んで採用され、むしろ多気筒エンジンこそが高級車のプレステージと言えるのです。
そのことに気付いたアルファ・ロメオは、すぐさま新たに排気量2584ccの直列6気筒エンジンを開発し、1962年には基本的なデザインはそのままに、この三車種に搭載しモデルチェンジしてしまいます。

2600Sprintはさらに3連キャブレターを装備し、その出力は145hpまで高められ、最高速度は200km/hにまで達したと言われていますので、戦前からの富裕層も納得する性能であったろうと思われます。この2600シリーズはその後1969年まで生産されるのですが、販売台数は少なく、恐らく採算は取れなかったでしょう。しかしそれはむしろ当たり前で、その理由は…、
こんなクルマを購入できる購買層が少なかったからに他なりません。
しかし、アルファ・ロメオにとっては、従来の顧客であった富裕層に対して、引き続き充分魅力のあるクルマを提供できるメーカーであることをアピールするために必要なモデルであったのではと思います。

付属するミニチュアモデルは1964年のモンツァにアダミッチのドライブで出場したモデルです。
殆どストックのままで出場した2600Sprintは、軽々とクラス優勝を勝ち取り、戦前のレーシングカーをそのまま販売していたアルファ・ロメオの伝統が今だ健在であることを立証したのです。
 
20070228210414.jpg

20070228210423.jpg


クリック↓お願いします!
b_01.gif


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/113-67b50558
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。