走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルファ75のミニチュアモデル

アルファ75はかつての愛車でしたので、ミニチュアモデルも見つけたら買っていました。実車のオハナシはいずれ…ということで、本日はミニチュアモデルをご紹介したいと思います。

まずは最近殆ど見かけなくなったブラーゴ製の1/24モデルです。とても精巧な…とは言いがたいのですが、アルファ75のミニチュアモデルの中では一番大きなモデルです。基本はノーマルのアルファ75のモデルなのですが、カラーリングをワークスのレーシングカーのようにすると、途端に「それらしく」なるから不思議です。
またドアの開閉ができ、ステアリングを回すとタイヤが動くというギミックも仕込まれています。現在のようなコレクター向けのリアリズムを追及したオトナのためのミニチュアモデルと言うよりも、気軽に子供も遊べるオモチャっぽいところが特徴です。

021_21.jpg

022_22.jpg

アルファ・ロメオのベルリーナは歴代の警察車両として使われていました。アルファ75も同様で、POLIZIA(所謂日本で言う「警察」ですね)とCARABINIERI(日本では該当する組織がないのですが、しいて言うなら「特殊部隊」もしくは「特殊警察」といったところでしょうか)の車両として採用されていました。イタリアではきっとあちこちで見かけたのでしょうから、ミニチュアモデルになるのも分かります。まぁオトナは嫌いでも(笑)、子供は憧れるのは洋の東西を問わず同様なんでしょうね。

017_17.jpg

018_18.jpg

019_19.jpg

020_20.jpg

こちらはALFAROMEO Sport CollectionよりもっとマニアックなCARAVINIERIの装備ばかりを特集したミニチュアモデル付の雑誌に付属していた1/43のものです。しかも見てのとおり造りはホンキにマジメです(笑)
こんな雑誌を出すほうも出すほうですが…買うほうも買うほうですね(苦笑)


20070222212259.jpg

20070222212313.jpg

どうしても自分が乗っていたアルファ75TSが欲しかったので相当探して、やっと見つけたProgettoK製の1/43のミニチュアモデルです。
何回かご紹介したこのProgettoKというメーカーは不思議なメーカーで、そのミニチュアモデルの出来は正直、大したことはないのですが、そのコダワリは相当なものでバリエーションの展開がもの凄く、同じレース出場車でも車番違いが全て揃ったりと侮れません。このStradaleはレース出場車のようにステッカーで誤魔化せないので、その「造りの甘さ」がモロに表面化してしまいます。それでも、何となく「味」を感じるのは、このメーカーが本当にアルファ・ロメオを愛しているのを感じるからでしょうか。

20070223003000.jpg

20070223003011.jpg

こちらは、同じくProgettoK製のEvoluzioneで、1991年にフランシアのドライブでTotipチームからETCに出場していたものです。IMSA仕様と異なりオーバーフェンダーがない、リアの大型のスポイラーを除いて市販のTurbo Evoluzioneと同じ形のミニチュアモデルです。

20070222212441.jpg

20070222212453.jpg

レースに出ていたのはEvoluzioneだけではありません。こちらはアルファ75の発売早々の1986年にニュルブルクリンクに出場したV6です。日本で発売されたV6 MILANOと同じくリアのスポイラーが小さい(と言うかない)タイプとなっています。

20070222212506.jpg

20070222212517.jpg

こちらはTurboモデルですが、LPTチームから1991年のバレルンガに出場したモデルです。V6と異なり、外観はTSと同じくリアにスポイラーがあるタイプです。実はあのメルツァリオがドライブしたクルマですので思わず買ってしまいました。

20070222212529.jpg

20070222212540.jpg

いまだに、アルファ75のミニチュアモデルを見つけるとつい買ってしまいます。特にレーシングモデルに関しては昨日のブログにも書きましたが、ムリして走ってるという悲壮感を感じてしまい、ついいとおしくなってしまうからなのですが…(苦笑)

クリック↓お願いします!
b_01.gif



スポンサーサイト

コメント

失礼します

初めまして

EVOに乗っているのでついお邪魔しました。プロジェットは非常に造が良いです。

一言微妙なご助言を…。上のtotipはオーヴァー・フェンダー付きです。フロントはしっかり出来てますし、リアもノマールより肉厚です。

imsaとストラダーレの違いはリアがブリスターか否か、フロントも張り出しが大きい、フロント・バンパーの開口部が大きい(横バーが無い)、後期型のグリルです。

ストラダーレ、小生のブログでご覧下さい。失礼致しました

>alfatwincamturboさま
メッセージありがとうございました。ProgettoKはそのモデルの出来がどーこうと言うより、メーカーがアルファ・ロメオを愛していることがひしひしと伝わって来るところがステキだと思っています。今や、中国に生産委託すればハンドメイドと見紛うばかりのモデルが出来てしまう中にあって、一方でその車種への愛情は感じられなくなっていますので、このメーカーは貴重だと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/108-164fdf96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

至高のメーカーの威信最後のFRアルファ75TS

スタイル色乗員全長・全幅4drSEDANBLUE5名433/166cm総排気量モデル年式走行距離トランスミッション2000cc平成1年86500kmF5MT装備初年度登録日車検満了日修復歴・箇所平成1年10月平成19年4月26日無お問合せ先GIALLO GARAGE /水河(みずこう) TEL:086-256-1460e-mail:shop@g

  • 2007/08/11(土) 09:37:53 |
  • アルファロメオをあなたに捧げます

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。