走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALFAROMEO Sport Collection 17

アルファ・ロメオの数多いモデルの中で一番人気のあるモデルがGiulia系ではないでしょうか。
その三車種であるBerlina(セダン)、Spider(オープン)、Sprint(クーペ)の中でも特に人気があるのはこのSprintと呼ばれる、巨匠ジウジアーロがデザインした小さなクーペです。デザインの起源はその先代のGiulietta Sprintなのですが、さらにデリケートなラインで構成されたクーペボディは見かけによらず、後席の居住性もそこそこあり、実用的なクーペとしていまだに根強い人気があるモデルです。

そしてこのGiulia Sprintをアルミボディで軽量化したGTAは早速サーキットでその実力を発揮し、1966年より4年連続でETC(ヨーロッパ・ツーリングカー・選手権)のクラス優勝を成し遂げます。
さらに1970年にはETCのレギュレーション変更により車両規則が緩和されたのを受けて、開発されたのが本日ご紹介する1750GTAmです。

20070221210516.jpg

1750GTAmはその名前からすると、少し混乱する仕様で製作されています。ボディはその名前の通り、Giulia Sprint 1750GTVをベースにしていますが、その材質はGTAと同様のアルミボディではなく、通常のスチールボディで出来ています。そしてエンジンはベース車両とは異なり、2L(1985cc)エンジンが搭載されているのです。しかし、エンジンのヘッドは狭角ヘッドにツインプラグで、GTAと同じとなっている一方で、従来のキャブレターではなくスピカ製のフューエルインジェクションを装備するというGTA1600と1750GTVを足して二で割ったような仕様です。
そして最大の特徴はその外観で、ロードグリップを増すために採用された幅広のタイヤを収めるため、FRPでできたオーバーフェンダーをその前後輪に被せてトレッドを増し、従来のGiuliaの繊細な印象から獰猛な印象に変えています。

よくGTAmの名前の由来を、"GTA"に"m"を付けたものと理解している方がいますが、実はこのGTAmは決して"Alleggerita"(軽い)わけではなく、この"Am"はアメリカ仕様であったスピカ製の燃料噴射を備えることから"America"の略であったと言われています。
さて、その気になる性能ですが、車両重量は920kgとGTAよりも重く、そのエンジンはチューニングの程度により195hpから240hpであったと言われています。最高速度は220km/hだったとのことですので、確かにその重量にもかかわらず1600GTAより高性能となっていました。

そして、その開発を提案したと言われるトイネ・ヘイゼマンらのドライブにより1970年のETCでデビューしたこの1750GTAmは全9戦中6戦で優勝すると言う圧倒的な速さでシリーズチャンピオンを獲得します。
1750GTAmはアウトデルタにより40台前後が製作されたと言われていますが、実際は定かでなく、アウトデルタ以外で改造されたものも数多く存在しているとのことですので、現在でもそのオリジナルを見分けるのは至難の業だそうです。と言うか、このGTAmを前にすると、オリジナルであるかないかなんかは瑣末なことで、この外観を見ることができるだけでもありがたいものなんですが…。

付属するミニチュアモデルは1970年のモンツァにトイネ・ヘイゼマンのドライブで出場したものですが、第1回でご紹介したGiulia Sprint GTAと同様に「決定版」と言っていいモデルだと思います。このGiulia Sprintはボデイラインがデリケートで、中々納得の行くモデルには出会えません。もちろんその出来、不出来は多分に主観によるものなのですが、このミニチュアモデルは更に難しいGTAmのフェンダーの膨らみがうまく再現されていると思います。
ちなみに、このオーバーフェンダーもモデルのようにリベットで留められたものと、パテでスムージングされたものの両方があったようです。

20070221210200.jpg

20070221210211.jpg

一方、こちらはProgettoK製のGTA1300Juniorで、1971年のポール・リカール出場車です。上のモデルと比べると、造形もディテールも少し悲しくなってしまいますが、このメーカーの最大の特徴はそのバリエーションで、それだけでもコレクションする価値があるメーカーです。つまり単品でじっくり鑑賞したりせず、とにかく集めて数で勝負!といった楽しみ方でしょうか…。それはそれで財布には困ったものです(苦笑)

20070221210224.jpg

20070221210255.jpg


クリック↓お願いします!
b_01.gif


スポンサーサイト

コメント

はじめまして

はじめまして。
コレ非常に欲しいです!!
日本でこのコレクションが入手できるとは知りませんでした。
非常に羨ましいです・・・

  • 2007/02/22(木) 15:33:52 |
  • URL |
  • おかんの頭の頭 #a2H6GHBU
  • [ 編集]

確かに・・・

>おかんの頭の頭さん
ご訪問ありがとうございます。確かに通常のミニチュアモデルは狙い撃ち(笑)して買うのですが、これは何が来るかお楽しみ状態ですので思わぬ出会いがあります。私の場合はイタリア自動車雑貨店さんで入荷時に取り置きしてもらって何とか入手していますが、本当に少数しか入荷しないものや、欠番のものもありなかなか全てを揃えることができません。
ただし、モデルだけ(リーフレットはなし)がたまにデッドストック品として入荷することもありますので、コマメにHPをチェックされてはいかがでしょう?
あとは、ピッコリーナというお店にも少量入荷しているようですので、調べてみてはいかがでしょう。
http://piccolina.727.net/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/106-4109ba13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。