走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALFAROMEO Sport Collection 15

ナンとっ!ランキング4位に驚いて皆さんにお礼をさせていただいたら、あっという間に3位になっていました(苦笑)
本当にご声援いただきありがとうございます。
4位と3位の一番の違いはトップにブログの映像が載ることです。2位の愛さんと比べると、私のはナンとショボいレイアウトでしょうか…(泣)いつまで残れるか分かりませんが、まぁマイペースで相変わらずのネタで行きたいと思います。

さて、本日ご紹介するのは自分への掟?としてコレクションしないと誓ったアルファ・ロメオのF-1、Tipo179Cです。

20070219231839.jpg

実は、アルファ・ロメオはこのF-1に限って言えばあまり良い成績を残してはいません。それには様々な理由がありますが、最大の理由はその当時のアルファ・ロメオの経営環境にあります。もっと正直に言えば、
「F-1なんぞをやってる場合じゃない」
経営状態だったのです。しかし、もともとがレーシングカーを作ってレースで勝ってから、それを街乗りできるように仕立て直して売る、という商売で成り立っていたメーカーですので、いくら戦後に量産車メーカーとして生まれ変わったと言っても流れている血がそう簡単に収まるわけはなく、結局ありとあらゆるレースに出場することになるのです。
しかし、まだ量産車をチューンしてレーシングカーに仕立て直して、レースをやってるうちは可愛かったのですが、F-1となると全く別のアプローチをしなければなりません。そして、最初は1975年にブラバムにTipo33 TT12用のフラット12エンジンを供給することで、アルファ・ロメオはこの禁断の世界に足を踏み入れてしまいます。

戦前のGPレースや、それを継承する形で戦後に再開されたGPレースと異なり、1970年代のF-1は全く様変わりしていました。ミッドシップエンジン、グランドエフェクト、ウィングなどの新しい設計思想が生まれ、マシン全体の言わばシステム設計を行わなければ、勝てるF-1マシンは開発できないようになっていました。仮に卓越した性能のエンジンがあったとしても、それだけではどうしようもないのが、近代のF-1だったのです。
そういった意味でアルファ・ロメオがブラバムへのエンジン供給からF-1復帰を始めたのは正解だったと言えます。
しかしその頼みのエンジンの信頼性が上がらず、ブラバムは1980年にあの有名なフォードコスワースDFVへとエンジンを変更してしまいます。

ブラバムがF-1コンストラクターである以上、勝てるエンジンを選ぶのは当然の判断ですし、エンジンコンストラクターとしてのアルファ・ロメオは、勝てるエンジンを開発して投入するか、さもなければ自らでシャーシーを開発し、全て自前でF-1に参戦するかのどちらかを決断しなければ、F-1を戦い続けることはできないのも自明です。
そして最大の問題は、そのF-1にはとてつもない経費を必要とすると同時に、勝てなければ企業のイメージダウンは避けられず、勝つためには高度な技術とマネジメント力を必要とするため、余程の覚悟がなければその決断をしてはならないのです。

アルファ・ロメオはブラバムにエンジンを供給する一方で、1977年には自らでシャーシー開発をすることを決定します。このヘンの判断が無謀だったと思うのですが、アルファ・ロメオにしてみれば、
「ゴードン・マーレィ(当時のブラバムの設計者)にあれこれ言われるくらいなら、自分でやってやる…」
との思いだったのでしょう。そして1979年にTipo177としてデビューします。そして同年、それまでのフラット12からV12エンジンへと変更したTipo179を実戦に投入します。
やっと誰にも文句を言われなくなったアルファ・ロメオは、その翌年にはなんとマルボロをメインスポンサーとして獲得することに成功し、ドライバーはパトリック・ドゥパイエを迎えることになりますが、そのドゥパイエをテスト中の事故で失ってしまいます。
そして1981年にTipo179Cが新たにマリオ・アンドレッティとブルーノ・ジャコメリのドライブにより参戦しますが、時代はターボ全盛に移行して行ってしまうのです。
全く懲りないアルファ・ロメオは、この後もターボエンジンを開発しF-1参戦を続けるのですが、これが更に経営環境を悪化させ、殆ど企業としては倒産状態に追いやったことは間違いありません。
まさに…
「遊んどらんと仕事せいっ!」
という状態だったのです。

アルファ・ロメオにとってNA12気筒最後のF-1がこのTipo179Cで、付属するミニチュアモデルはジャコメリがドライブしニュルブルクリンクGPに出場したものです。Marlboroのロゴが版権の関係で使用できないため、現代のF-1のようにバーコードになってしまっているのが泣かせます。

20070219231852.jpg

20070219231904.jpg


クリック↓お願いします!
b_01.gif


スポンサーサイト

コメント

510さん>
どもども、お世話様で~す♪(^―^)
いやぁ~アルファ勢が上位獲得はスゴイですねぇ~(*^▽^*)
オメデトウ\(^-^)/

  • 2007/02/20(火) 01:27:12 |
  • URL |
  • 愛@スパイダー #L1ch7n1I
  • [ 編集]

>愛さん
お久しぶりです。いやぁ・・・ありがとうございます。でも毎日更新って本当にタイヘンですねぇ。アタマが下がります(苦笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/104-f7500681
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。