走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナンとっ!ランキング4位!

20070217151445.jpg


ナニゲに気にしてはいたのですが、今朝見てみるとナンとっ!ランキング4位になっているではありませんか…!!
思えば昨年の11月にこちらに引越して来た当初は、過去のブログネタをとりあえず移して…とせっせと作業していたのですが、読み返してみると日本語がヘンだったり、記述に間違いがあったりでそれを修正したり加筆したりしてアップしているうちに、気がつけば新しい記事を加えて毎日更新という暴挙となってしまいました。

私のアルファ・ロメオとの出会いは、学生時代に後輩が乗っていたGiulia 2000GTVでした。
当時、このテの中古車は底値で、学生でも何とか買える値段ではあったのですが、周囲の仲間はセリカだRX7だスカGだとごくフツーの車好きばかりでした。ご多分にもれず、私自身もそのクチだったワケですが、その中にあってその後輩だけは足代わりにべスパに乗り、わざわざ下宿から遠く離れた屋根つきの駐車場に駐めたこのGiuliaを乗り回していました。
正直、そのときは一体全体ナニがそんなに良いのか分からず、錆で穴が開いて助手席のフロアから道路が見えるだの、天井に指を押し付けるとどんどん指が入っていくだのとからかっていたのですが、一度運転させてもらったときの衝撃は今でも鮮明に覚えています。

多少マフラーが破れていたせいもあるでしょうが、その豪快なエンジン音と、ただ回っているのではなくちゃんとトルクがついてくるエンジンの噴け上がり、そしてロールをしながらもしっとりとノーズからコーナーに入っていく足など、ソレ・タコ・デュアル(ソレックスキャブレター、タコ足、二本出しのマフラーの略)にコイル二巻半カットなどと喜んでいる自分達からすると全く別の世界がそこにはありました。

それ以来、私はアルファ・ロメオというクルマを、単なるロマンチックな名前でちょっと変人が乗るガイシャというカテゴリーから外して、いつか自分が本当に手に入れたいクルマとして憧れるようになりました。
当時関西にいた私は、彼に連れられてオーナーでもないのに、柳原メンテナンスやCafe Veloceに出入りするようになっていました。
しかしその夢もなかなか叶わず、やっと30歳になったときにアルファ75TSを買うことができたのですが、それ以来のアルファ・ロメオとの生活は、単に憧れていた時代以上に、大きな存在となって自分自身を支え続けてくれたと思います。

今はなきCafe Veloceの前にて…、入り口のショーケースに飾られた垂涎のミニチュアモデルと、故人の大垣さんのコンビーフライスの味は今も忘れられません。
20070218000952.jpg

楽しかったことも悲しかったことも、どうしようかと悩んでいたことも、それらの思い出はその時に乗っていたアルファ・ロメオと共に記憶に刻まれています。そして、大切な友人であったり、素晴らしい人たちであったり、何よりヒトと出会うキッカケを与えてくれたことが、私にとってかけがえの無い財産で、それらの宝物のことを思うと、故障やトラブルなどのタイへンだった思い出は瑣末なことに思えます。

そして私のこの拙いブログを、このように多くの皆さんが楽しみに見ていただき、励ましのメールなどを頂けることもまた、アルファ・ロメオと出会った私の財産だなと思います。
見ていただいた皆さんには本当に感謝です。
もちろんその道の大家の方からすると、内容が薄かったり間違った記述もあると思います。頑張って毎日更新…というのもどこまで続くか分かりませんが、どうか引き続き応援をよろしくお願いします。

クリック↓お願いします!
b_01.gif
スポンサーサイト

コメント

凄いですね

ランキング4位おめでとうございます!
共通の趣味を通じての人との出会いは本当に自分の財産になりますね。
アルファ等の輸入車に興味があっても、実際は知識や情報含めなかなか思い切れない人が多いのではないかと思います。
そんな未来のオーナーのバイブル的な存在になりえるブログだと思いますので、あと30年くらいは続けてくださいね(爆)
更新楽しみにしています。

  • 2007/02/18(日) 09:00:59 |
  • URL |
  • 江本 #JalddpaA
  • [ 編集]

>江本さん
ご声援ありがとうございます(笑)。常々思っているんですが、社会に出て長くなると学生時代の友人とはだんだん疎遠になって来ますし、会社関係の友人だとどうしても仕事のハナシになっちゃうんですよね。アルファ・ロメオで繋がる友人は自分と全く異なる経歴、仕事を持ちながら、趣味という1点だけでまるで旧知の友のように打ちとけあえるんです。これって実はスゴイことで、世の中の大半の方はこういった繋がりを持っていないのではと思っています。
30年は恐らくムリだとは思いますが。できる限り頑張りますのでまたコメントをお寄せくださいね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/102-58f0a47f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。