走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再びサーキットへ

20061118113718.jpg


那須サーキットを欲求不満を残したまま走った私は、ショートコースの難しさとアルファ164のサーキットでの扱いにくさに疲れ果ててしまいました。もちろんアルファ164Q4は街乗りでは何の不満もないクルマです。また峠をちょっと攻めるくらいの走行では素晴らしいニュートラルステアを提供してくれるホントに最高のスポーツセダンだと思います。

しかし、サーキットで限界走行をしたときには、思わぬ欠点が表面化してしまいました。それは、限界でアンダーとオーバーが脈絡なく出てくるステアリングとショートコースではどのギアも吹けきってしまうクロースミッション。すぐにフェードするブレーキなど枚挙に暇がない程です。

一方の彼は、放っておくと内装を剥がしてしまいそうな勢いでサーキット走行にハマってしまいました。
そんな折に、悪魔の誘いがやってきました。Sparco Cup第2回走行会の案内です。しかも今度はもてぎのフルコース!! 恐らくめったに走れるチャンスはないでしょう。那須と異なり、もてぎはストレートも長く、コース幅も広く、レストランも美味く(苦笑)、きっとアルファ164Q4の欠点があまり出ないのでは・・・と勝手に想像してしまいました。
おそらく、件の彼のところにも案内が届いているに違いないと思っていると案の定、電話がかかってきました。

「もてぎいいですねぇ~。出るんでしょう。出ますよね。私はもうお金振り込んじゃいましたよ~」

一方主催者からも連絡が来ました。

「出ますよね~。この前参加した何名かが、打倒アルファ164とか言って準備してるみたいですよ~」

やれやれ。もう逃げられません。
私も気を引き締めて、前回の反省から、全くクルマには似合わないのを承知でレーシングハーネスを取り付けることにしました。

前回の那須サーキットでアルファ164Q4の限界時の挙動は何となく分かりました。とにかくタイヤがグリップを失いかけると、センターデフロック機能がない電子制御のヴィスコマチックが前後のトルク配分をせっせと替え、トラクションとニュートラルステアを維持しようとするのですが、その結果ステアリングが安定しなくなりクルマの姿勢を意識的に制御することが難しくなってしまうのです。
アルファ164Q4でサーキットを速く走るためには限界一歩手前を維持しながら、タイヤのトラクションが抜けないように安定走行を心がけるしかないようです。
しかしそんな繊細なドライビングができる技などあるはずもなく、自分のクルマだけでじっくりと追い込んでいくのならまだしも、他車と一緒に走っているとどうしても相手に引きずられてしまい、本来の冷静な走りができなくなってしまうのがシロートの悲しい性なのです。

事前にもてぎのHPで懇切丁寧なコース攻略法を何度も見て、イメージトレーニングをみっちり行って臨んだ走行会当日。前日に降った雨で路面はハーフウエット。決して走行には適した路面ではありませんでしたが、そこはかえって4WDには有利なのでは?とこれまた勝手な希望的観測から勇躍コースインし、いよいよ第1セッションが始まりました。
スポンサーサイト

テーマ:サーキット走行 - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ig510190.blog83.fc2.com/tb.php/10-78539adb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。