fc2ブログ

走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

カフェ・ド・ジュリアに向けて・・・

昨年に引き続き今年も、カフェ・ド・ジュリアにお邪魔させていただく予定でおります。

CDG10.jpg

このイベントはアルファ・ロメオの中でも105系と呼ばれるGiuliaを中心として開催されるイベントで、しかも保安基準に適合し、ナンバーがちゃんとつけられたモデルのみが参加できるというイベントで、参加希望者にとってはハードルが高そうに思えるのですが、毎年の参加希望車は増える一方だそうです。

私の周囲の仲間達もアルファ164を降りた後は新車のアルファ・ロメオではなくどうしても旧いアルファ・ロメオに目が行くようで、青ガエルさんはJunior-Z 1600を愛車にしていますし、ヤル気がないので有名な?R君は115Spider Sr.4に加えて日本に一台のGiulia 2000 GTVを所有するようになりました。

かく言う私自身も、例えアルファ・ロメオであったとしても、どうも新しいクルマには食指が動かず、自分と同じ年のGiuliettaとかを日常のアシに…などと荒唐無稽なことを妄想しています(苦笑)

そんな私たちにとってこのカフェ・ド・ジュリアはこうした旧いクルマを普段使いされているオーナーの方々とその愛車に近づく絶好の機会で、このイベントをきっかけに思い切ってこの「禁断の世界」に飛び込む方も多いのではと思います。
そんな罪作りな(笑)カフェ・ド・ジュリアの開催を記念して?本日は貴重なGiulia 1750GTVのカタログをご紹介しましょう。
このカタログは1971年の北米版ですが、その内容は充実しており、当時の北米マーケットでのアルファ・ロメオのホンキ度?が窺い知れます。
日本におけるアルファ・ロメオの販売戦略はどちらかと言うと感覚的で、「ラテンの熱い血…」だの「モータースポーツの歴史に云々…」といったエキセントリックな表現が先行しがちなのですが、このカタログは実に理詰めで、メカニズムについての詳細な解説や走行性能に関する解説に重点が置かれたものとなっています。
当時の北米のマーケットにおいてGiulia Sprintは小粋なスポーティクーペというより、精緻なメカニズムを持つ高性能なスポーティカーという位置づけだったのでしょう。

1750GTVCata001.jpg

1750GTVCata002.jpg

1750GTVCata003.jpg

1750GTVCata004.jpg

1750GTVCata005.jpg

1750GTVCata006.jpg

1750GTVCata007.jpg

1750GTVCata008.jpg

1750GTVCata009.jpg

1750GTVCata010.jpg

1750GTVCata011.jpg

1750GTVCata012.jpg

1750GTVCata013.jpg

1750GTVCata014.jpg

1750GTVCata015.jpg

1750GTVCata016.jpg

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト



テーマ:AlfaRomeo - ジャンル:車・バイク