fc2ブログ

走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

卑劣な行為

この記事を書くべきかどうか迷ったのですが、未だに解決していない事件なので情報提供のお願いという意味も込めて書くことにしました。
タイトルに書いた卑劣な行為とは「ひき逃げ事件」のことです。
残念なことに新聞記事そのものを私は見ていないので、ネット上で一番詳しいレスポンスの石田記者の記事によると、その事件の内容は・・・

男性がひき逃げされて死亡、目撃者多数もクルマは見ず
13日朝、大阪府東大阪市内の市道で、道路を歩いていたとみられる男性がクルマにひき逃げされて死亡する事故が起きた。警察では死亡ひき逃げ事件として捜査を開始。現場に落ちていた塗膜片から車両の特定を進めている。 大阪府警・河内署によると、事故が起きたのは13日の午前8時20分ごろ。東大阪市菱江2丁目付近の市道で、男性が頭から血を流して倒れているのを通行人が発見、警察に届け出た。 男性は近くの病院に収容されたが、全身強打による外傷性ショックなどが原因で間もなく死亡。現場にクルマのものとみられる塗膜片が落ちていたことや、近くの公園でゲートボールをしていた複数の人が「ドーンという音が響いた後、男の人が宙を飛んでいくところを見た」などと、事故直後の様子を目撃していたことが判明した。ただし、男性をはねた車両そのものは目撃されていないようだ。 現場は片側1車線の直線区間。警察では死亡ひき逃げ事件として捜査を開始している。この道路は通勤時間帯を中心に、近くにある幹線道の抜け道として使うクルマも多いことから、警察では事故が起きた時間帯に聞き込みを行う方針だ。


というものです。事故そのものの目撃者がいないことからも犯行車両を特定するにはかなり難しいであろうことが想像できます。しかし意外なところから犯行車両の車種が割り出されました。
通常は落ちていた塗膜片を分析すれば車種は割り出せるのですが、警察の資料には該当する車種がなく、車種の特定が難航していたそうなのですが、それは近くのコンビニの防犯カメラの映像で、その映像にはアルファ164が写っていたのです。
こんなマイナーな車両ですから、意外に犯人の特定は早いか・・・と思いきや、捜査に当たっている河内署によると関西地区で一時抹消を含め、登録されているアルファ164は何と5000台!もあるとのことで、その車両を一台一台当たるという地道なローラー捜査を余儀なくされています。

ちなみに落ちていた塗膜片は、捜査員によると「メタリックのモスグリーン」とのことです。このモスグリーンという表現は個人の印象ですので何とも言えませんが、「グリーン」であることは確かでしょう。しかも4層コートの塗膜であったことから限りなくオリジナル塗装であろうと思われます。
だとするとかなり対象車両は絞られるのではないでしょうか。

以降の捜査はアルファ164を対象に絞られたようで、中古車を扱っている業者さんにも協力依頼が来ているとのことです。
また、事故の状況からフロントスクリーンが確実に割れているとのことで、そのまま車両を運転し続けることは難しいだろうと思われますので、修理をするのであればこれからスペシャル・ショップに持ち込むであろうことも想像できます。

幸いなことにアルファ164オーナーズクラブの関西地区メンバーにはグリーンのアルファ164オーナーはいませんでしたが、メンバーでなくても悲しいのは、この運転者が単なる生活の道具としてクルマに乗っていたのではなく、クルマを愛して、何らかのコダワリを持ってアルファ164に乗っていたのであろうということなのです。そうでなければアルファ164なんてクルマは持っていられないハズです。
同じクルマを愛するものとして、地球温暖化や騒音以前の問題で最もやってはいけないことが他者を傷つけることで、不幸にしてそれが起こってしまったならば、むしろ最大限の償いをしなければならないと思うのです。

このブログをご覧になっている方の中で、関西地区でグリーンのアルファ164に乗っている方をご存知であれば、是非、直接聞いてみていただけないでしょうか。仮にその場で動揺して立ち去ってしまったにせよ、事件は犯人の逮捕ではなく自首で解決して欲しいのです。
また、知り合いではないけれど見かけた・・・という方は河内警察署(072-965-1234)まで情報をお寄せください。

一日でも早くこの事件が解決することを願って止みません。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト



テーマ:交通事故 - ジャンル:車・バイク