fc2ブログ

走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

ALFA ROMEO Sport Collection 69

今年もF-1が無事に開幕しました。レギュレーションの変更により電子デバイスが禁止された今年のシーズンはよりドライバーの技量が試される波乱の年となりそうですが、残念ながらそこにはアルファ・ロメオはいません。
アルファ・ロメオは1987年を最後にF-1から撤退しましたので、もうすでに20年が経過したことになります。最後はオゼッラにエンジンを供給するという形での参加だったのですが、そのオゼッラもフォンドメタルに吸収されてしまい今は存在しないチームです。1987年と言えば、ホンダがどんどん頭角を現わしてきた時期でもあり、新旧交替の年でもありました。
F-1最後のアルファ・ロメオは全くパッとしない成績でしたが、アルファ・ロメオは近代F-1史に輝かしい成績を残しています。戦争による中断の後、1950年に初エントリーしたアルファ・ロメオはTipo158により初戦のイギリスGPでいきなり1位から4位までを独占するという完全勝利を成し遂げます。
その後もマクラーレン、ブラバムなどの有力チームにエンジンを供給した後に、シャーシーも独自に開発するフルコンストラクターとしてもF-1に参戦し続けたのです。

179C122.jpg

今回ご紹介するTipo179Cに関しては以前一度ご紹介していますので、クルマに関してはそちらを参照していただければと思いますが、歴代のアルファ・ロメオF-1は蒼々たるドライバーによってドライブされています。
その中の一人が今日ご紹介するマリオ・アンドレッティです。

マリオ・アンドレッティと聞いて、CARTで活躍していることを知っていても、F-1と結びつけることができるのは相当古くからのモータースポーツファンではないでしょうか。実は彼はF-1、インディー500、デイトナ500を制覇した唯一のドライバーなのです。
マリオ・アンドレッティは1940年にイタリア領モンタナ・ディストリア(現クロアチア)で生まれ、戦後に家族ともどもアメリカに移住した移民でした。その後アメリカ国籍を取得したために、レーシングヒストリー上はアメリカ人ドライバーとして記録されているのですが、名前のとおり彼の「血」はイタリア人だと言えます。
1964年にアメリカの国内USACレース(現在のCART)に参戦した後、1968年になるとスポットでF-1にも参戦するようになります。その才能はF-1デビュー戦のアメリカGPでいきなりポールポジションを獲得したことにより注目を集めるようになります。
そして1976年にコーリン・チャップマン率いるロータスと契約しF-1にフル参戦するようになると、彼の安定したドライビングと高いマシンセッティング能力により、低迷していたロータスをどんどん上位に押し上げて行くようになりました。そしてついに1978年のシーズンでは年間6勝を挙げ、ワールドチャンピオンのタイトルを獲得するのです。

1981年にアルファ・ロメオと契約した彼でしたが、その成績は振るわず、最高だったのは初戦のアメリカGPの4位に留まりました。
彼のこれまでの戦績からすると、残念ながらこれは彼の問題ではなく、Tipo179Cの信頼性の問題でした。何故ならチームメイトのジャコメリも同様にカナダGPでの4位が最高で、チーム全体での完走率は50%と半分のレースにリタイアしていたのですから、いくら名手と言えどもどうしようもなかったのでしょう。
そしてこのシーズンを機に、アンドレッティはF-1引退を決意するのですが、彼の能力を高く評価していたウイリアムズやフェラーリまでもがスポットでのエントリーを依頼し、その期待に答えた彼は、フェラーリを駆り、イタリアGPでは予選1位、決勝3位と有終の美を飾ってF-1界に別れを告げたのです。
しかし、彼はレースから引退する気なぞは全くなく、アメリカに戻ってCARTに復帰した後も活躍を続け、1984年にはCARTの年間タイトルを獲得したのですから大したものだと思います。

またアンドレッティ一家はレーシングファミリーとして活躍していることで有名です。息子のマイケル・アンドレッティは父親同様にF-1とCART両方に参戦しているドライバーです。最近では親子2代のレーサーも珍しくなくなって来ましたが、アメリカのアンサー家やフォイト家と並び、その全員がトップドライバーとして活躍している例は少なく、アンドレッティ家はその少ない例に数えられています。

付属するミニチュアモデルは以前にご紹介した車番23番のジャコメリ車に対して、22番のアンドレッティがドライブしたものですが、2台並べてみると微妙にマルボロレッドの色が異なっています。具体的には23番の色のほうがオレンジっぽいのですが、これが実車に忠実なのか、はたまたモデル化の際のミスなのかが定かではありません。どなたかマルボロレッドの変遷についてご存知の方がいらっしゃれば是非ご教示ください。

DSC01578.jpg

DSC01579.jpg

DSC01580.jpg

DSC01581.jpg


クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト



テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク