fc2ブログ

走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

Access Awardの製作

やっと手をつけられるようになったAccess Awardの記念品ですが、今回は1位の方と2位の方の両方に差し上げることにしました。
題材は「Open Ferrari」で、買うまいと思いながらつい買ってしまった京商の1/64の中から、1位の方にはTestarossa Spiderと360Modena Spiderの組み合わせで、2位の方には365Daytona Spiderを製作することにしました。

過去の経験から飾り台はやはりアガチス材ということで、ウレタンのマホガニー色仕上げとしました。
しかし、同じだと面白くない…という探究心?から2位の小さい飾り台には新たにタモ材を選んでみました。
タモとはモクセイ科トネリコ属の落葉広葉樹で北海道などに多く分布する木です。美しい柾目の木目が特徴でバットやラケット、スキー板などに用いられる材木なのだそうですが、いざペーパーかけを始めてみると、その美しい木目に沿った細かな空洞が目立っています。おそらくそこにニスが浸透していくために、アガチス材と比較して木目がはっきりと分かる仕上げになるのでしょう。同じ白木の材料でも暖かい地域のアガチス材と寒い地域のタモ材は全く異なる性質を持っていることが分かりました。

写真はウレタンニスを1回塗った状態ですが、その違いが分かっていただけるでしょうか?

DSC01843.jpg

上の写真は小さい飾り台でタモ材です。木目にそって窪みがあります。

DSC01844.jpg

一方こちらはアガチス材です。タモ材に比べて木目が詰まっています。どちらが良いわけではなく、木の「味」ですから、今回はニスを薄めに仕上げることにしました。

DSC01846.jpg

ニスの下塗りを2度行った後に、800番の耐水ペーパーで表面を均した状態です。使い込んだ味が出てはいるのですが、このままではあんまりですのでさらに上塗りを2回繰り返します。

DSC01847.jpg

今までならば、ここでさらに研ぎ出しをして鏡面になるように仕上げるのですが、木目を強調したかったのでニスを薄めにして最終塗りとして飾り台は完成としました。

そしていよいよミニチュアモデルの組み立てです。この京商のミニチュアモデルは簡単なキットになっています。部品構成はこんな感じで、シャーシー、ボディ、内装、シートに前後ホイールというのが全車共通の構成です。

DSC01851.jpg

360Modenaはリアエンジンもちゃんと再現されており、カバーの「Ferrari」の文字もちゃんと書かれています。

DSC01852.jpg

このまま完成させても充分なのですが、それでは面白くないので恒例のディテールアップをします。
360ModenaとTestarossaは排気管の着色とサイドミラーの鏡面を塗装することにしました。用意するのはクロームシルバーのエナメル塗料と面相筆です。

DSC01853.jpg

360Modenaは排気管がボディ側と一体で成型されていますので、面相筆に塗料をつけたら軽く拭きとって、筆の腹(側面)の部分で排気管の外周をなぞるように塗装します

DSC01854.jpg

ミラーの塗装は面相筆の筆先を使って塗るというより、塗料を載せるように落としていくとうまくいきます。失敗してもエナメルシンナーを綿棒につけて拭き取れば何度もやり直せますので、手が慣れるまでトライしてみてください。
実はこの「手が慣れる」というのは重要で、こういった作業はしばらくやっていないと最初は、「こんなにヘタだったっけ・・・?」と情けなるほど出来なくなってしまっています。しかし、何度か繰り返しているとだんだん出来るようになり、しかも安定して来るのです。私も模型などをしばらく作らずにいて、再開するときには、いきなり本命を作らずに、「手慣らし」用の模型を一つチョイチョイと作ってから、本命のキットに取り掛かるようにしています。

DSC01855.jpg

一方のTestarossaの排気管はシャーシー側にモールドされていますので、その先端部のみクロームシルバーで塗装することにします。本来ならば更に排気管にピンバイスで穴開け・・・となるのですが、力尽きてしまいました(泣)

DSC01857.jpg

ミラーの鏡面を塗装して、この2台は出来上がりです。いつものように飾り台に配置して、記念プレートを貼り付けました。

DSC01858.jpg

DSC01859.jpg

実際にディスプレイしてしまえば、あまり目立たないディテールアップですが、やった方には充実感があります(苦笑)

DSC01864.jpg

そしてこちらは365DAYTONA Spiderですが、この1台サイズの飾り台はなかなか可愛らしく気に入ってしまいました。こちらもちゃんとマフラーエンドは着色してあります。

大変永らくお待たせしてしまい、すいませんでした。この記念品をご両名にお送りさせていただきます。発送しましたら別途ご案内をお送りしますので、あと少しお待ちくださいね。

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト



テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク