fc2ブログ

走ってナンボ

アルファ・ロメオを始めとする「ちょっと旧いイタ車」を一生懸命維持する中での天国と地獄をご紹介します。

親友のブログ

笹本隆太郎ブログ

このトシになって「親友」などという言葉を使うのは本当に照れくさいのですが、人生においてそう呼べる人間と出会えることはそうはないと思います。
特に多感な青少年時代に出会わなければ、社会に出てしまえばどんどん人付き合いはその範囲が狭くなってしまい、心で語り合うことができる巡り遭いなどなくなってしまうものです。

彼との出会いはアルファ164オーナーズクラブに入会したときに遡りますから、今から8年ほど前のことになります。
その当時の私は、ヒトと出会うためではなく、単にトラブル情報を得るための入会でしたので、どちらかというとミーティングは面倒くさく、むしろ徒党を組むという行為には否定的でした。
そして、彼は私とは対極的な存在で、気さくにどんなメンバーともハナシをしている彼を見て、その風貌も含めて自分とは相容れない人種だろうと思っていたのです。そういった意味では第一印象は決して良いとは言えませんでした。

その当時のクラブは大別すると二種類のタイプの方がおり、ヲタクっぽい話題や行動には否定的で、アルファ164をどうやってお洒落に乗りこなし、人生を楽しむかをテーマとしている(であろう)グループと、クルマ大好き、アルファ・ロメオ大好きなちょっとヲタクっぽい(であろう)グループでした。もちろん明確に分かれていたワケではありませんでしたが、服装のセンスや持ち物のセンスも含めて見ていると何となく分かってしまうのが不思議でした。
もちろん彼は前者のグループで、私にはどちらかと言うと、とっつき難く、それほど親しくハナシをすることはありませんでした。

私はと言えば、当時勤務していた会社でどんどん責任が増えて行っていた時期とも重なり、ヘンな気負いもあったため、仕事関係でのお付き合いに疲れ果てていました。ですので、何の仕事をしているかを根掘り葉掘り聞かれることもなく、ヘンな売り込みもなく、純粋にクルマのハナシだけで盛り上がれるオーナーズクラブの集まりが楽しくなり始めて来ました。
そして彼とも少しづつハナシをするようになったのですが、そこで初めて彼の仕事のことや私と同い年であることを知るにつれ、クルマのことを離れて様々なハナシをするようになっていました。

その後に私は転職し、彼も人生の転機を迎えたこともあり、いつの間にか人生相談をし合うようになると、さらに距離は縮まって行き、なんでもハナシができる間柄になって行ったのですが、今思えばそこにはアルファ164という共通点が大きな意味を持っていたように思います。
当たり前ですが、彼とは出身も育った環境も学校も職業も全く異なります。そして当然のことながら人生観も異なる中で、唯一といって良い共通点がこのアルファ164だったのです。

何の制約もなく選んだクルマが同じアルファ164であるということは、どんなに他のことが異なっていたとしても、大きな価値観を共有しているという安心感があるのです。それが世間的に見栄の張れるクルマであれば別ですが、アルファ164のような一般的には敬遠されてしまうような車種だと尚更です。私たちのようなクルマ好きにとっては、それほどまでに同じクルマを選ぶということは重要なことだと思います。

今では困ったときや悩んでいるときは、どんなに隠していても彼には見透かされてしまいます。そしてそんなときに彼がくれるアドバイスは、私とは全く違う視点に立ったもので、その通りできるかどうかは別にして、ハッと気付かさせてくれるものがあります。
願わくば、私も彼に対して同じ刺激を与えられていれば良いとは思いますが、こればかりは自信がありません。

そんな彼が、新たにブログを立ち上げました。そして意外に?その独特の文体と表現力に新たな彼を発見し、私自身も楽しみに読ませていただいています。
そこには私のブログのような能書きはなく、彼の人生の機微と価値観がクルマを中心に散りばめられています。
私もこんなブログを書ければ良いのですが、柄ではないので恐らくは無理でしょう(苦笑)


さて、これだけプレッシャーを与えた彼の今後のブログが楽しみです(爆)

クリック↓お願いします!
b_01.gif

スポンサーサイト



テーマ:その他 - ジャンル:車・バイク